インド料理のレストランが並ぶ、ドラモンドストリート

当ゲストハウスから徒歩5分ほどのところに、インド系のレストランが集まった通り「ドラモンド・ストリートDrummond street」があります。イギリスは植民地時代からの影響もあり、インド、パキスタン、バングラディッシュ系のレストランは充実しています。

ちなみにこの通りには、インドの高級菓子店、エスニックな野菜などを売る店もあり、ゴーヤのような野菜、オクラ、大根も買えます。

ロンドン中心でちょっとしたインド・ストリートであるこの通りは、平日の夜でもオフィス帰りのビジネスマンや、観光客、地元の人で賑わっています。

先日、この界隈で人気のレストランのひとつ、「Shah」へ行ってきましたので、ご紹介します。

Shah Tandoori

こじんまりしたお店は外から見ると、白いテーブルクロスがかかって、他のレストランと比べると割と高級そうな装いですが、お値段はとてもお手頃です。

Shar Tandoori 店内

席に案内され、注文を済ませると、まずは付け合せにpapadom(薄皮おせんべいのようなもの)とチャツネが出てきました。これは on the house(無料)です。

今回注文した品は、
Prawn Puri (パンケーキのような衣の中に海老や野菜が入っている)、
Mixed Tandoori Grill(タンドリー焼きのラム、チキン、ソーセージ、野菜等の炭焼き)
Vegetable Biryani(カレーチャーハン?のようなもの。肉入りも別にあり)

どれも美味でした。

インド料理

ドリンク注文は今回水のみでしたが、お好きな方はインドのコブラビール(Cobra Beer)や、ラッシやマンゴラッシ、(Lassi、Mango Lassi)などをトライしてみては如何でしょうか。

多く注文しすぎたので完食できず、Take away用の容器をもらって持ち帰りました。

Shah Tandoori
159 Drummond St, London NW1 2PB
020 7383 5677


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

バックナンバー

おすすめ中華レストラン「フェニックス・パレス」

当ゲストハウスからも近く、ベイカー・ストリートにある中華料理のお店「フェニックス・パレス」を紹介します。

イギリスのトイレ事情

日本の素晴らしいトイレの足元にも及びませんが、イギリスでも少しずつ改善してきたトイレ事情について紹介します。

ヨーロッパの格安航空会社、ライアンエアーやイージージェットを利用するときの注意事項

安さが売りのバジェット・エアライン(LCC)、イギリスで多く利用されているイージージェットとライアンエアーについて、注意点をまとめてみました。

リージェンツ・パークの野外劇場

ロンドンの夏の風物詩、リージェンツ・パークの野外劇場がオープンしています。今年は、例年になく暑い日が続き、お天気の心配があまりないので、野外で行われるイベントには最適の年ですね。

イギリスの病院

海外に来て一番避けたいのは体調を崩し、慣れない土地で病院へ行くことだと思いますが、イギリスでの医療システムを少し紹介します。

ミステリアスなローマ時代の神殿跡、ロンドン・ミトラエウム

金融街シティに新しく出来たブルームバーグ社のビル内にあるギャラリースペースにある、ローマ時代の神殿跡「ロンドン・ミトラエウム」を紹介します。