ゲストハウスからのウォーキングコース – プリムローズ・ヒル〜カムデン〜チョークファーム

ゲストハウスから直ぐ側にあるリージェンツパーク内のブロードウォーク、まっすぐと北へ続く道を抜けた北側に、プリムローズ・ヒル(Primrose Hill)と言う地域があります。

その名の通り、実際にヒル(丘)があるのですが、標高78メートルちょっと、この丘を登りきると、晴れた日にはセントラルロンドンの景色が一望できておすすめです。ゲストハウスから歩いて30分程です。

プリムローズ・ヒル

プリムローズ・ヒルからの眺め

プリムローズ・ヒル、夕暮れ時もとても美しく、夏には多く人がピクニックなどを楽しんでいます。

頂上からの景色を堪能して、丘を斜め左手に降りると地元の商店街、リージェントパーク・ロードに出ます。

101匹わんちゃん物語の原作の舞台としても有名なプリムローズヒルは、芸能人、著名人が住んでいる高級住宅街でもあり、リージェントパーク・ロードには小じゃれたお店や素敵なレストラン、カフェなどがありますので、疲れた足を休めるには最適です。

歩き疲れた方はそのまま北へリージェントパーク・ロードを直進して通りを渡ると、地下鉄ノーザンラインのチョークファーム駅に出ますので、そこから地下鉄で移動できます。

まだまだ歩きたい方には、来た道をリージェンツパークの方まで戻ると、アルバート・ロード沿い、橋の手前に運河へ降りる階段がありますので、運河沿いの道を左へ歩いて下さい。歩いて12、3分程でカムデン・マーケットに出られます。

カムデン

この運河は19世紀に石炭や建築の材料などを運ぶために作られたもので、その後鉄道が開通したことで寂れてしまいましたが、今は地元の人の散歩道となっています。

運河沿いの道をひたすらまっすぐ歩くと、賑やかなカムデン・マーケットへ出ます。いろんな国の食べ物が気軽に試せるフードコートや、オシャレな小物などが売っているお店がありますので、楽しんで来てください。

カムデンマーケット

カムデン・ストリート


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

バックナンバー

おすすめ中華レストラン「フェニックス・パレス」

当ゲストハウスからも近く、ベイカー・ストリートにある中華料理のお店「フェニックス・パレス」を紹介します。

イギリスのトイレ事情

日本の素晴らしいトイレの足元にも及びませんが、イギリスでも少しずつ改善してきたトイレ事情について紹介します。

ヨーロッパの格安航空会社、ライアンエアーやイージージェットを利用するときの注意事項

安さが売りのバジェット・エアライン(LCC)、イギリスで多く利用されているイージージェットとライアンエアーについて、注意点をまとめてみました。

リージェンツ・パークの野外劇場

ロンドンの夏の風物詩、リージェンツ・パークの野外劇場がオープンしています。今年は、例年になく暑い日が続き、お天気の心配があまりないので、野外で行われるイベントには最適の年ですね。

イギリスの病院

海外に来て一番避けたいのは体調を崩し、慣れない土地で病院へ行くことだと思いますが、イギリスでの医療システムを少し紹介します。

ミステリアスなローマ時代の神殿跡、ロンドン・ミトラエウム

金融街シティに新しく出来たブルームバーグ社のビル内にあるギャラリースペースにある、ローマ時代の神殿跡「ロンドン・ミトラエウム」を紹介します。