英国のフラワーショーと王立園芸協会の庭園ウィスリー

今年は春にしては気温の低い日々が続いておりましたが、ここにきていっきに暖かくなってきました。春と言えばガーデニングのシーズンです。ロンドンのように都会に住んでいるとお庭がないことも当たり前ですが、それでも小さなベランダや屋上等の空きスペースを使用してガーデニングを楽しむ人が多くなっています。

最近の傾向はお花や植物だけではなく、野菜を栽培する事が人気のようで、ガーデンセンターや大きなスーパー等では、野菜の種を沢山売っているのをよく見かけます。

今月24日から28日までロンドン市内で恒例のチェルシー・フラワーショーが開催されます。(一般公開は26日以降)
https://www.rhs.org.uk/shows-events/rhs-chelsea-flower-show

チェルシー・フラワーショー

趣向に合わせたデザインガーデンや、人気の植物、新しい品種、珍しい植物、園芸用品などが所狭しと綺麗に並べられ、毎年多くの園芸家を魅了しています。特にこのチェルシー・フラワーショーは大人気で、チケットも安くない割には直ぐに売り切れてしまうこともある程で、入手しにくい事もしばしばです。

フラワーショーと言えばもう一つ、7月5日〜10日までハンプトンコート・フラワーショーがあります。ハンプトンコートはヘンリー8世の宮殿として有名ですが、ロンドンのウォータールー駅から30分で行ける場所にあります。この敷地にある広大な庭園を使用してのフラワーショーで、チェルシーよりも面積も広いので、もう少し余裕をもってショーを楽しむ事もできますし、チケットも当日でも入手可能です。

ところで上記フラワーショーを運営しているRHS(The Royal Horticultural Society)王立園芸協会には、専属の庭園がイングランドに幾つかあります。

ロンドンから近い所では、ウォーキングという地域に広大なWisley(ウィスリー)という名のガーデンがあります。ロンドンのウォータールー駅からKingston(キングストン)まで行って(電車にもよりますが約40分)、そこから Guildfordギルフォード行きのバスNO. 515で行く事ができます。(バスを使用して行く方には入場料が割引になります。)

ウィスリーは色んなセクションに分かれていて、綺麗に整備された庭の他に温室、森、果樹園まであり、お天気の良い日にはピクニックに最適です。敷地内には植物を売っているプラントセンターや、園芸の本や可愛いお土産を売っている売店までありますので、終日楽しめることでしょう。
wisley

ゲストハウスの庭でも、今、Wisteria(藤)の花がきれいです。

ゲストハウスの藤の花


バックナンバー

おひとり様OK!教会にある「カフェ・イン・ザ・クリプト」

ひとりでも英語に自信がなくても、気軽に入れるセルフサービスのカフェ・レストランを紹介します。

あけましておめでとうございます。

Happy New Year 2018!
新年あけましておめでとうございます。

メリー・クリスマス from London

今年もゲンダイ・ゲストハウスをご利用いただき、ありがとうございました。どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。

光のフェスティバル「ルミエール・ロンドン Lumiere London」

ロンドンで2018年1月18日(木)〜21日(日)開催される光のフェスティバル「ルミエール・ロンドン」を紹介します。

おすすめイタリアン・レストラン「Da Paolo(ダ・パオロ)」

当ゲストハウスからもほど近いグッジ・ストリートにある、正統派イタリア料理のお店「Da Paolo(ダ・パオロ)」を紹介します。

イギリスのクリスマスの飲み物、マルドワイン

クリスマス・マーケットやパブなどでクリスマスの季節、必ずお目にかかる「マルドワイン(Mulled Wine)」と呼ばれるホットワインをご存じですか?

2019年に全線開通予定のエリザベス・ライン(クロスレール)

2009年から始まった、ロンドンに未来の扉を開ける新鉄道「エリザベス・ライン(クロスレール)」のプロジェクトを紹介します。

ロンドンのクリスマス・イルミネーション点灯式

これからの暗いロンドンの秋、冬を明るくしてくれるクリスマスのイルミネーションの点灯式が、毎年あるのをご存知でしょうか?

ロンドン大晦日の花火大会 London New Year’s Eve Fireworks

1年を締めくくる人気イベント、大晦日の花火大会のチケットが販売中です。年末ロンドンで参加予定の方は、お早めにチケットをご購入ください。

イギリスでの買い物とレシートについて

イギリスで物を購入した際に、レシートをもらうと必ず返品ポリシーについて記載があるのをご存知でしょうか?