ロンドンの歴史や文化を伝える、ロンドン博物館 Museum of London

今回は、ビジネス街にあり場所もわかりにくいけれど、ロンドン好きの方にはとても楽しめるロンドン博物館(ミュージアム・オブ・ロンドン)を紹介します。

まだロンドンが誕生していない紀元前45万年前から、ロンディニウムと呼ばれた時代、中世、ヴィクトリア時代から現代までの歴史や文化、出来事を、遺物、絵画、写真、動画などなど、体験型の仕掛けも交えて、子どもにもわかりやすく展示してあります。

ロンドンリピーターの方でも、まだこちらへ訪れたことのない方は是非足を運んでみてはいかがでしょう。

ミュージアム・オブ・ロンドン

ビジネス街のシティにあり、初めて行くときは少し迷ってしまうかも

ミュージアム・オブ・ロンドン

1800年代後半のロンドンの貧困についての展示も

ヴィクトリア時代

ヴィクトリア時代の通りを再現

ミュージアム・オブ・ロンドン

ヴィクトリア時代のビスケット屋さん

ミュージアム・オブ・ロンドン

1920年代のタクシーと、当時のセルフリッジズのエレベーター(右)

ミュージアム・オブ・ロンドン

1960年代のビートルズやモッズなど若者文化の展示も充実

ミュージアム・オブ・ロンドン

60年代のスウィンギング・ロンドン。BIBAというファッション・ストアがケンジントンにあったそうです

ミュージアム・オブ・ロンドン

60年代のグッズ。1964年にできたBTタワーのパンフレットもあります

ミュージアム・オブ・ロンドン

ミュージアム・ショップも充実

一部しか紹介できませんでしたが、異文化に寛容で、うまく取り入れていく国際都市ロンドンがどのように形成されていったのかがよくわかる内容で、ますますロンドンが好きになります。

資金面などの調整がうまくいけば、2021年にはスミスフィールドに移転する計画もあります。

2017年4月17日までは、1666年のロンドン大火の特別展「Fire! Fire!」(有料)が開催中。

Museum of London
150 London Wall
London EC2Y 5HN
毎日10:00-18:00(12月24〜26日は閉館)
最寄り駅:St. Paul’s、Barbican から徒歩5分
バス:4、8、 25、56、100、172、242、521
入場無料
http://www.museumoflondon.org.uk

 

*ゲンダイ・ゲストハウスのインスタグラムを始めました!ロンドンの旬を画像でお伝えします。ぜひフォローお願いいたします。
https://www.instagram.com/london_gendai_guest_house/


バックナンバー

イギリスのお天気と服装

イギリスは、サマータイムもはじまり日は延びたものの、はっきりしないお天気が続いています。春爛漫の日本からイギリスへの旅行となると服装をどうしようかとお悩みになるのではないでしょうか?

リーズナブルでおいしい!おすすめステーキハウス「Steak & Co」

リーズナブルでおいしい!おすすめステーキ・ハウス「Steak & Co」を紹介します。

2018年 春の割引キャンペーン!全室10%オフ

3月10日〜4月20日まで全室10%OFF!春の割引キャンペーンのお知らせです。ぜひこの機会をご利用ください。

イギリス英語について

多少英語に自信のある日本人の方でも、イギリスに来ると英語が分かりにくいという方が結構いらっしゃいます。

おひとり様OK!教会にある「カフェ・イン・ザ・クリプト」

ひとりでも英語に自信がなくても、気軽に入れるセルフサービスのカフェ・レストランを紹介します。

あけましておめでとうございます。

Happy New Year 2018!
新年あけましておめでとうございます。

メリー・クリスマス from London

今年もゲンダイ・ゲストハウスをご利用いただき、ありがとうございました。どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。

光のフェスティバル「ルミエール・ロンドン Lumiere London」

ロンドンで2018年1月18日(木)〜21日(日)開催される光のフェスティバル「ルミエール・ロンドン」を紹介します。

おすすめイタリアン・レストラン「Da Paolo(ダ・パオロ)」

当ゲストハウスからもほど近いグッジ・ストリートにある、正統派イタリア料理のお店「Da Paolo(ダ・パオロ)」を紹介します。

イギリスのクリスマスの飲み物、マルドワイン

クリスマス・マーケットやパブなどでクリスマスの季節、必ずお目にかかる「マルドワイン(Mulled Wine)」と呼ばれるホットワインをご存じですか?