ロンドンのクリスマス・シーズンの楽しみ方

あっという間に11月も半ば。ロンドンはここ数日で一気に気温が下がり、秋の服装から慌てて冬仕度です。旅行のときには、みなさん天気予報、予想気温などチェックされると思いますが、イギリスでは風の強さにもご注意を。風の強い日は、体感温度がぐんと下がり、帽子と手袋が欲しくなります。

先日はついにオックスフォード・ストリートのイルミネーションの点灯式が行われ、街がキラキラと輝きはじめました。デパートなどのショーウィンドウの飾りつけもクリスマスに様変わり、気分はすっかりクリスマスです。寒くて暗いだけではない、年に一度のフェスティブ・シーズンの楽しみをご紹介します。

オックスフォード・ストリート

オックスフォード・ストリートのイルミネーション。今年はNSPCC(児童虐待防止のチャリティ団体)とのコラボ

オックスフォード・ストリート

キラキラときれいです

バレエや演劇もクリスマスっぽい演目があったり、またチャリティ・コンサートなども各地で行われますので、少しおしゃれして出かけるのもクリスマス気分を盛り上げてくれます。

また、テムズ川沿いのサウスバンクのクリスマス・マーケットや、自然史博物館、サマセット・ハウス、ロンドン塔など観光名所でのスケート、ハイド・パークのウィンター・ワンダーランド(移動遊園地、アトラクション)など、家族で楽しめるアクティビティもたくさん。

サマセット・ハウス

サマセット・ハウスにはスケートリンクのほか、フォートナム&メイソンのポップアップ・ショップもオープン(写真は2016年のもの)

日本円が強い今、冬のロンドン、クリスマスのロンドンも是非楽しんでください!
ロンドンのクリスマスの様子は、またこのブログや、インスタグラムでもご紹介していきます。

ロンドンのクリスマスイベント情報
http://www.timeout.com/london/christmas

ロンドンのスケート場
http://www.news-digest.co.uk/news/listing/events/9712-ice-skating-rinks-in-london.html


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

バックナンバー

リージェンツ・パークの野外劇場

ロンドンの夏の風物詩、リージェンツ・パークの野外劇場がオープンしています。今年は、例年になく暑い日が続き、お天気の心配があまりないので、野外で行われるイベントには最適の年ですね。

イギリスの病院

海外に来て一番避けたいのは体調を崩し、慣れない土地で病院へ行くことだと思いますが、イギリスでの医療システムを少し紹介します。

ミステリアスなローマ時代の神殿跡、ロンドン・ミトラエウム

金融街シティに新しく出来たブルームバーグ社のビル内にあるギャラリースペースにある、ローマ時代の神殿跡「ロンドン・ミトラエウム」を紹介します。

エリザベス女王の公式誕生日をお祝いする「トゥルーピング・ザ・カラー」の楽しみ方

エリザベス女王の公式誕生日を祝う、初夏のイベント「トゥルーピング・ザ・カラー」のオススメの楽しみ方を紹介します!

ビュッフェ形式のベジタリアン・レストラン「Tibits」

旅行中、野菜が不足していると感じたり、ひとりでサクッと食べたいな、というときにぴったりなビュッフェ形式のベジタリアン・レストラン、ティビッツを紹介

イギリスのお天気と服装

イギリスは、サマータイムもはじまり日は延びたものの、はっきりしないお天気が続いています。春爛漫の日本からイギリスへの旅行となると服装をどうしようかとお悩みになるのではないでしょうか?