イギリスのバレンタイン・デー

いよいよ2月14日はバレンタインデー。

イギリスでは、日本と少し違っていて夫婦やカップルがお互いの愛情を確認する日でもあり、また男女関係なく、好きな人に告白するチャンスでもあります。

カードを贈りあったり、バラの花束(この時期はバラの値段が倍以上になります)、シャンパン、チョコレート、ちょっとしたジュエリーや小物などの贈り物をしたり、レストランにディナーへ出かけたり、普段料理をしない男性が自宅で特別なディナーを用意したり、あるいはロマンチック小旅行へ出かけたり、といった具合です。どちらかといえば、男性が女性にしてあげる感じが多いでしょうか。

チョコレートを贈る習慣は、19世紀にイギリスではじまったと言われています。

ヴァレンタインのチョコレート

リバティのチョコレート売り場。ロココ、プレスタット、シャルボネルのチョコレートが一番人気

また、カードを送る習慣もヴィクトリア時代の頃からのもので、当時はレースをあしらったカードや、リボンがかけられたものなど、今よりもずっと凝ったカードだったようです。

今では街にたくさんのカード屋さんがあり、気に入ったものをさっと買ってしまえます。ユーモアに溢れたものから、可愛いもの、ハートが山のようについたものなど、ありとあらゆるカードがところ狭しと並んでいます。

こちらではバレンタインのカードにはあえて名前を書かず、

「Be my Valentine」
「From your Valentine」
「From your secret admirer」

などど書くのが通例です。

夫婦など明らかに相手がわかる場合もありますが、あえて名前を書かず「誰からだろう??」とあれこれ思い悩ませ、ドキドキワクワクさせるところがステキです。

今、ロンドンの街中にはバレンタイン色でいっぱいです。
ちなみにバレンタインデーの夜に、予約なしにレストランで食事をしようとするのは、無謀ですのでご注意くださいね!(どこも満席です)

ロンドンもチョコレート・ブームが続いているようで、新しいブランドも多くいろんなチョコレートショップがありますので覗いてみるのも楽しいですね。

● ロココ・チョコレート
かわいいパッケージと多種多様のフレイバーで大人気。チョコレートのスクールもあります。マリルボーン、コベントガーデン、チェルシーなどの店舗のほか、リバティやセルフリッジズなどのデパートでも購入可。
Rococo Chocolates
https://www.rococochocolates.com

Rococo Chocolates

ロココチョコレート

● プレスタット
カラフルな箱でひときわ目立つ、エリザベス女王の御用達の名店です。
Prestat
http://www.prestat.co.uk

● チョキウォキドゥーダ
カーナビー・ストリートにあるファンキーなチョコレート屋さん。2階はカフェになっています。
Choccywoccydoodah London Shop
https://www.choccywoccydoodah.com

● ポール・A・ヤング
イギリスを代表するショコラティエ、ポール・A・ヤング氏のチョコレート。ソーホー、エンジェル、バンクにお店があります。
Paul A Young Fine Chocolates
http://www.paulayoung.co.uk

● ホテル・チョコラ
豊富な種類で人気のチョコレート。ロンドン市内にたくさんの支店がありデパートでも購入可。
Hotel Chocolat
https://www.hotelchocolat.com/uk

● シャルボネル・エ・ウォーカー
ピンクのシャンパン・トリュフが看板商品の王室御用達ショコラティエ。ピーター・ラビットや不思議の国のアリスをモチーフにしたチョコもあるので、おみやげにぴったり。
Charbonnel et Walker
http://www.charbonnel.co.uk

その他、セルフリッジズやリバティのチョコレート売り場には、店舗を持たないショコラティエのチョコレートなど、ブランドが豊富にそろっているので、おみやげなどを買うには便利かもしれません。

参考:ロンドンのおすすめチョコレート屋さん
http://www.news-digest.co.uk/news/gourmet/themed-restaurants/9948-london-chocolate-shops.html

 

★春の割引キャンペーンも実施中です!


バックナンバー

イギリスのお天気と服装

イギリスは、サマータイムもはじまり日は延びたものの、はっきりしないお天気が続いています。春爛漫の日本からイギリスへの旅行となると服装をどうしようかとお悩みになるのではないでしょうか?

リーズナブルでおいしい!おすすめステーキハウス「Steak & Co」

リーズナブルでおいしい!おすすめステーキ・ハウス「Steak & Co」を紹介します。

2018年 春の割引キャンペーン!全室10%オフ

3月10日〜4月20日まで全室10%OFF!春の割引キャンペーンのお知らせです。ぜひこの機会をご利用ください。

イギリス英語について

多少英語に自信のある日本人の方でも、イギリスに来ると英語が分かりにくいという方が結構いらっしゃいます。

おひとり様OK!教会にある「カフェ・イン・ザ・クリプト」

ひとりでも英語に自信がなくても、気軽に入れるセルフサービスのカフェ・レストランを紹介します。

あけましておめでとうございます。

Happy New Year 2018!
新年あけましておめでとうございます。

メリー・クリスマス from London

今年もゲンダイ・ゲストハウスをご利用いただき、ありがとうございました。どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。

光のフェスティバル「ルミエール・ロンドン Lumiere London」

ロンドンで2018年1月18日(木)〜21日(日)開催される光のフェスティバル「ルミエール・ロンドン」を紹介します。

おすすめイタリアン・レストラン「Da Paolo(ダ・パオロ)」

当ゲストハウスからもほど近いグッジ・ストリートにある、正統派イタリア料理のお店「Da Paolo(ダ・パオロ)」を紹介します。

イギリスのクリスマスの飲み物、マルドワイン

クリスマス・マーケットやパブなどでクリスマスの季節、必ずお目にかかる「マルドワイン(Mulled Wine)」と呼ばれるホットワインをご存じですか?