イギリスでの買い物とレシートについて

イギリスで物を購入した際に、レシートをもらうと必ず返品ポリシーについて記載があるのをご存知でしょうか?「購入後に気が変わったり、不必要になったら何日以内にご持参いただければ、全額返金します」と書いてあります。

レシート

セルフリッジでは、レシートの裏に交換・返品についての注意が書いてあります

お店によってその期間はまちまちですが、買った時の状態を保ったものであれば、通常返品が簡単にできます。そしてその理由を聞かれることもありません。

(DVD、コンピューターのソフトウェアなどで一度開けたもの、生鮮食品、個人用に特注したものなどは例外となります。またセール品も返品不可、交換だけというものもあります。)

オンラインで購入したものも同じで、届いたものを後日実際にお店へ持って行って返すことも、郵便料を払わないで送り返すことも可能です。そのせいで、最近はお洋服をオンラインで購入して、届いた服を家で自分の持っているいろいろなものと組み合わせて試着した後に、気に入らないから返品するという人がかなり多くなってきているようです。

返品があまりに容易なので、結婚式に出るためにだけ買ったアクセサリーを、式で着用後にちゃっかりお店へ返品しに行ったり、1、2度着た服をもういらないからと平気でお店で返品してもらうという信じられない話も聞きます。そしてそういう戻ってきた商品が、また新品と混じってお店の棚に並ぶということもイギリスならではないでしょうか?

上記のようなことから、イギリスで物を購入する場合は、新品かどうかちゃんと確かめることをおすすめします。また返品・交換しに行くという手間は避けたいものですね。

誰でも買い物の際に買おうかどうしようかと悩むことってありますよね?こういう時にはとりあえず購入して、後日気が変わったら、お店へ持って行って返せばいいので、それが利点でしょうか?

ちなみに、こちらでは多くのお店が在庫を店内に抱えていないため、お店に出ている商品がすべてということがしょっちゅう。迷って買わずに、後日行って欲しいものが品切れということもありますからご注意くださいね。

レシート

レシートといっしょに割引券がついてくることもあります


バックナンバー

おひとり様OK!教会にある「カフェ・イン・ザ・クリプト」

ひとりでも英語に自信がなくても、気軽に入れるセルフサービスのカフェ・レストランを紹介します。

あけましておめでとうございます。

Happy New Year 2018!
新年あけましておめでとうございます。

メリー・クリスマス from London

今年もゲンダイ・ゲストハウスをご利用いただき、ありがとうございました。どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。

光のフェスティバル「ルミエール・ロンドン Lumiere London」

ロンドンで2018年1月18日(木)〜21日(日)開催される光のフェスティバル「ルミエール・ロンドン」を紹介します。

おすすめイタリアン・レストラン「Da Paolo(ダ・パオロ)」

当ゲストハウスからもほど近いグッジ・ストリートにある、正統派イタリア料理のお店「Da Paolo(ダ・パオロ)」を紹介します。

イギリスのクリスマスの飲み物、マルドワイン

クリスマス・マーケットやパブなどでクリスマスの季節、必ずお目にかかる「マルドワイン(Mulled Wine)」と呼ばれるホットワインをご存じですか?

2019年に全線開通予定のエリザベス・ライン(クロスレール)

2009年から始まった、ロンドンに未来の扉を開ける新鉄道「エリザベス・ライン(クロスレール)」のプロジェクトを紹介します。

ロンドンのクリスマス・イルミネーション点灯式

これからの暗いロンドンの秋、冬を明るくしてくれるクリスマスのイルミネーションの点灯式が、毎年あるのをご存知でしょうか?

ロンドン大晦日の花火大会 London New Year’s Eve Fireworks

1年を締めくくる人気イベント、大晦日の花火大会のチケットが販売中です。年末ロンドンで参加予定の方は、お早めにチケットをご購入ください。

イギリスでの買い物とレシートについて

イギリスで物を購入した際に、レシートをもらうと必ず返品ポリシーについて記載があるのをご存知でしょうか?