2019年に全線開通予定のエリザベス・ライン(クロスレール)

オックスフォード・ストリート沿いのボンド・ストリート駅と、トッテナム・コート・ロード駅周辺に行くと、「Crossrail」と書かれた看板のある工事現場に出くわします。

2009年に開始したヨーロッパで最大規模のプロジェクト、ハイスピードの電車路線—クロスレールは今の段階ではすでに85%は完成していると言われています。

クロスレール工事中

オックスフォード・ストリート沿いの工事現場

クロスレール工事中

「エリザベス・ライン」のカラーは紫

西はバークシャーのレディングから、東はエセックスのシェンフィールドまで、途中にヒースロー空港からとアビーウッドからの支線を含む工事は着々と進んでいるようです。新路線はエリサベス女王からお名前を頂戴して、エリザベス・ライン(Elizabeth Line)と命名されました。

すでにリバプール・ストリート駅からシェンフィールドまでの路線は今年(2017年)の6月に開通し、これからも徐々に区間毎に開通予定です。

2018年5月:パディントンからヒースロー空港 (開通に伴いヒースロー・コネクトのサービスは廃止、エクスプレスの方は存続予定)
2018年12月:パディントンからアビーウッド
2019年5月:パディントンからシェンフィールド
2019年12月:全路線開通

ロンドン市内の主要駅はパディントン、ボンド・ストリート、トッテナム・コート・ロード、ファリンドン、リバプール・ストリートとなります。開通するとパディントンからリバプール・ストリート駅までは10分(現在は23分)、パディントンからボンド・ストリートまでは3分(現在は15分)という速さです。

全長200メートルの最新型の車両の導入、乗車定員1500人、Wi-Fi、エアコン完備、そして全ての駅はバリアフリーになるとのことですから、大きな荷物を持った旅行者にはありがたいですね。

なお、この工事で新しく出来たトンネルは全長42キロになったとのことですが、トンネル掘削作業中に、ロンドンの何層にも重なった長い歴史も同時に掘り起こされました。マンモスの顎骨、火打ち石、5500万年の琥珀、チューダー時代のボウル、ローマ時代のメダル、食器、そしてペストで亡くなった人々の共同墓地、一直線に並べられた30あまりの不可思議な頭蓋骨、マーマレードのジャー、などなど。

骸骨

骸骨

マーマレードのジャー

食品工場跡から発掘されたマーマレードのジャー

考古学上重要なものが出て来た時には、毎回工事がストップして、工事現場から遺跡発掘現場へ変わっていました。出土品のほとんどは、ロンドン博物館の資料室に移されたようで、その一部は特別展示されています。

ロンドンに未来の扉を開けるプロジェクトで、長い眠りから掘り起こされた過去の遺産たち。いつまでも続く工事現場の鬱陶しさも、そんな過去の産物に想いを馳せるとちょっとロマンを感じます。

Crossrail
http://www.crossrail.co.uk

クロスレール(エリザベスライン)建設現場からの奇妙な出土品
http://www.news-digest.co.uk/news/listing/events/16013-the-archaeology-of-crossrail.html

ロンドンの東西を結ぶクロスレイルとは
http://www.news-digest.co.uk/news/news/in-depth/5887-crossrail.html

クロスレールのプロジェクト紹介

クロスレールのプロジェクト紹介


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

タグ一覧
おみやげお出かけお知らせお金ご挨拶ひとり旅アドバイスアートイギリスの夏イギリスの花イギリスの食べ物イギリス料理イベントイミグレーションイルミネーションイングリッシュ・ヘリデージイースターエアコンエンタメカフェガイ・フォークスガーデンキャッシュレスキャンペーンキリスト教ギャラリークリスマスクロスレールグリニッジグルメケンウッド・ハウスゲストハウスコベント・ガーデンコンタクトレスコーニッシュ・パスティサッカーシアターシャーロックショッピングスポーツスーパーセントポール大聖堂セント・パンクラスチョコレートデザインデザートトイレドラマハムステッドハリー・ポッターバスバレンタインデーバーパンケーキパークビスケットビッグベンフィッシュ&チップスブラッスリーブランチベジタリアンボンド・ストリートポンドマリルボーンマーケットミュージアムミュージカルユーロスターリージェンツ・パークレストランロイヤルファミリーロケ地ワイン世界遺産中東料理中華料理交通入国公園円高冬時間劇場博物館図書館国会議事堂地下鉄夏日夏時間大晦日・新年大気汚染天気安全建築復活祭挨拶散歩散策文学新年旅行日帰り旅行時間切り替え歴史気候王室環境問題病院眺望空港紅葉自然航空券花火花粉症英国の習慣英語薬局街歩き観光観劇邸宅銀行食べ物食事食文化高所
バックナンバー

ダンキングとは?イギリス流ビスケットの食べ方

イギリスのティータイム、コーヒーブレイクのお供と言えば、断然ビスケットですが、イギリス流のビスケットの食べ方をご存じですか?

イギリスの夏と冷房について

夏にイギリスへお越しになるお客様から、最近よくあるお問い合わせは「冷房はありますか?」というものです。

イギリスの入国カードの廃止と自動化ゲート「eGate」利用可

イギリスに旅行に来られる方にうれしいニュースです。入国時のランディングカードが廃止、自動化ゲートを利用できることになりました!

改修工事中の国会議事堂とビッグベン

ロンドンといえばビックベン、国会議事堂の風景を思い浮かべる方も多いと思いますが、その象徴的な建物で一部改修工事がはじまっています。

イギリスのイースターあれこれ

いよいよイースター。クリスマスの次に大切な宗教イベントです。今年は少し遅めで、4月19日(金)〜22日(月)と4連休になります。

イギリスの花粉症

イギリスでも花粉症があるのですか?とお客様によく聞かれます。残念ながら、こちらにも「hay fever(ヘイフィーバー)」という名でしっかり存在します。