おすすめイタリアン・レストラン「Da Paolo(ダ・パオロ)」

今回ご紹介するイタリアン・レストラン「Da Paolo(ダ・パオロ)」は、有名シェフや話題のレストランなどが立ち並ぶシャーロット・ストリートから一本入った小道にあります。

クラシックな北イタリア料理を提供するこのお店は、こじんまりとしていて、テーブル間の距離も近いので、ゆったりとお食事をしたい方にはふさわしくないかもしれません。しかし美味しいイタリア料理を味わいたい方にはもってこいの場所です。

Da Paolo

アルコール類は少し高めですが、今回は飲めない友人も一緒だったこともあり、ミネラルウォーター1本とジンジャーエールを頼みました。

キッチン側の黒板に今日のおすすめ料理が書いてあり、まずはそこから2品選ぶことにしました。レストランのおすすめ料理やスペシャル・メニューなどは、日本人には読みにくい手書きや筆記体で書いてあることが多いのですが、このお店はブロック体で読みやすいように書いてあります。

まずはスターターに、パルマハムのブルスケッタとフリットミスト(魚介類の揚げ物)を注文しました。ブルスケッタはトマトとハムの組み合わせが最高!パンの部分が隠れてしまうくらい、小さく切られたトマトと共に、パルマハムが山のように積まれていました。彩りよくサラダもついていました。

フリットミストはエビ、イカ、ホタテを揚げたものがタルタルソースと一緒にサーブされます。イタリアで食べた時と同じくらい美味しかったです。

メインはパンフライド・チキンのガーリック・レモンソース添え、子牛のレバー、マッシュルームのクリームリゾットを注文しました。

Da Paolo

魚介のフリット、ブルスケッタ、フライパンで焼いたチキン、子牛のレバー

Da Paolo

マッシュルームのクリームリゾット

肉、または魚のメイン料理には全て季節の野菜が添えられていて、この時はブロッコリー、人参、ポテトがついてきましたが、どれも茹で過ぎず、美味しくいただけました。

まだ試したことはないのですが、スターター、メイン、デザートの3品でのセット・メニューも手頃な値段で提供しています。(ランチ£24.95、ディナー£29.95)

この日は3人で92ポンドちょっとでしたので、1人31ポンド(サービス込み)を支払いました。

Da Paolo

店内

小さなお店でかなり混み合いますので、予約を入れた方がよいかもしれません。

Da Paolo
3 Charlotte Place
London W1T 1SD
Tel: 020 7580 0021
営業時間:月-土曜12:00-23:30 / 日曜12:00-22:30
最寄駅:グッジ・ストリート駅から徒歩5分
dapaolo.co.uk


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

タグ一覧
おみやげお出かけお知らせお金ご挨拶ひとり旅アドバイスアートイギリスの夏イギリスの花イギリスの食べ物イギリス料理イベントイミグレーションイルミネーションイングリッシュ・ヘリデージイースターエアコンエンタメオープン・ハウス・ロンドンカフェガイ・フォークスガーデンキャッシュレスキャンペーンキリスト教ギャラリークリスマスクロスレールグリニッジグルメケンウッド・ハウスゲストハウスコベント・ガーデンコンタクトレスコーニッシュ・パスティサッカーシアターシャーロックショッピングスポーツスーパーセントポール大聖堂セント・パンクラスチョコレートデザインデザートトイレドラマハムステッドハリー・ポッターバスバレンタインデーバーパンケーキパークビスケットビッグベンフィッシュ&チップスフルーツブラッスリーブランチベジタリアンボンド・ストリートポンドマリルボーンマーケットミュージアムミュージカルユーロスターリージェンツ・パークレストランロイヤルファミリーロケ地ワイン世界遺産中東料理中華料理交通入国公園円高冬時間劇場博物館図書館国会議事堂地下鉄夏日夏時間大晦日・新年大気汚染天気安全建築復活祭挨拶散歩散策文学新年旅行日帰り旅行時間切り替え歴史気候王室環境問題病院眺望空港紅葉自然航空券花火花粉症英国の習慣英語薬局街歩き観光観劇邸宅銀行食べ物食事食文化高所
バックナンバー

イギリスで不思議に思うこと

今回は、人によって感じ方は違うかもしれませんが、私自身がイギリスで生活していて不思議に思った習慣について書いてみました。

【注意喚起】ロンドンで出没する偽警官にご用心ください!

最近、当ゲストハウスの周辺で、また偽警察が頻繁に出没しているそうです。英国に来られる方々に注意していただきたいと思い、ブログに書きました。

ゲイフレンドリーな都市、ロンドン

現在のイギリスでは、カフェで働くトランスジェンダーの人、知り合いの同性婚、テレビでも同性カップルはよく見かけますし、LGBTQコミュニティは自然に社会に溶け込んでいます。

オープンハウス・ロンドン 2019

年に一度の人気イベント「オープンハウス・ロンドン」が今年は9月21日(土)、22日(日)に開催されます。ロンドンの歴史的建造物や公共施設、優れたデザイン建築などの内部800件以上が無料で一般公開されます。

イギリスのフルーツのお話 – 追熟と完熟

夏はフルーツのおいしい季節。イギリスでもイチゴ、ラズベリーなどのベリー類のほかに、ネクタリン、桃、アプリコット、プラム、色鮮やかなフルーツがスーパーや八百屋に並びます。

ダンキングとは?イギリス流ビスケットの食べ方

イギリスのティータイム、コーヒーブレイクのお供と言えば、断然ビスケットですが、イギリス流のビスケットの食べ方、「ダンキング Dunking」をご存じですか?