おすすめイタリアン・レストラン「Da Paolo(ダ・パオロ)」

今回ご紹介するイタリアン・レストラン「Da Paolo(ダ・パオロ)」は、有名シェフや話題のレストランなどが立ち並ぶシャーロット・ストリートから一本入った小道にあります。

クラシックな北イタリア料理を提供するこのお店は、こじんまりとしていて、テーブル間の距離も近いので、ゆったりとお食事をしたい方にはふさわしくないかもしれません。しかし美味しいイタリア料理を味わいたい方にはもってこいの場所です。

Da Paolo

アルコール類は少し高めですが、今回は飲めない友人も一緒だったこともあり、ミネラルウォーター1本とジンジャーエールを頼みました。

キッチン側の黒板に今日のおすすめ料理が書いてあり、まずはそこから2品選ぶことにしました。レストランのおすすめ料理やスペシャル・メニューなどは、日本人には読みにくい手書きや筆記体で書いてあることが多いのですが、このお店はブロック体で読みやすいように書いてあります。

まずはスターターに、パルマハムのブルスケッタとフリットミスト(魚介類の揚げ物)を注文しました。ブルスケッタはトマトとハムの組み合わせが最高!パンの部分が隠れてしまうくらい、小さく切られたトマトと共に、パルマハムが山のように積まれていました。彩りよくサラダもついていました。

フリットミストはエビ、イカ、ホタテを揚げたものがタルタルソースと一緒にサーブされます。イタリアで食べた時と同じくらい美味しかったです。

メインはパンフライド・チキンのガーリック・レモンソース添え、子牛のレバー、マッシュルームのクリームリゾットを注文しました。

Da Paolo

魚介のフリット、ブルスケッタ、フライパンで焼いたチキン、子牛のレバー

Da Paolo

マッシュルームのクリームリゾット

肉、または魚のメイン料理には全て季節の野菜が添えられていて、この時はブロッコリー、人参、ポテトがついてきましたが、どれも茹で過ぎず、美味しくいただけました。

まだ試したことはないのですが、スターター、メイン、デザートの3品でのセット・メニューも手頃な値段で提供しています。(ランチ£24.95、ディナー£29.95)

この日は3人で92ポンドちょっとでしたので、1人31ポンド(サービス込み)を支払いました。

Da Paolo

店内

小さなお店でかなり混み合いますので、予約を入れた方がよいかもしれません。

Da Paolo
3 Charlotte Place
London W1T 1SD
Tel: 020 7580 0021
営業時間:月-土曜12:00-23:30 / 日曜12:00-22:30
最寄駅:グッジ・ストリート駅から徒歩5分
dapaolo.co.uk


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

バックナンバー

イギリスのトイレ事情

日本の素晴らしいトイレの足元にも及びませんが、イギリスでも少しずつ改善してきたトイレ事情について紹介します。

ヨーロッパの格安航空会社、ライアンエアーやイージージェットを利用するときの注意事項

安さが売りのバジェット・エアライン(LCC)、イギリスで多く利用されているイージージェットとライアンエアーについて、注意点をまとめてみました。

リージェンツ・パークの野外劇場

ロンドンの夏の風物詩、リージェンツ・パークの野外劇場がオープンしています。今年は、例年になく暑い日が続き、お天気の心配があまりないので、野外で行われるイベントには最適の年ですね。

イギリスの病院

海外に来て一番避けたいのは体調を崩し、慣れない土地で病院へ行くことだと思いますが、イギリスでの医療システムを少し紹介します。

ミステリアスなローマ時代の神殿跡、ロンドン・ミトラエウム

金融街シティに新しく出来たブルームバーグ社のビル内にあるギャラリースペースにある、ローマ時代の神殿跡「ロンドン・ミトラエウム」を紹介します。

エリザベス女王の公式誕生日をお祝いする「トゥルーピング・ザ・カラー」の楽しみ方

エリザベス女王の公式誕生日を祝う、初夏のイベント「トゥルーピング・ザ・カラー」のオススメの楽しみ方を紹介します!