イギリス英語について

多少英語に自信のある日本人の方でも、イギリスに来ると英語が分かりにくいという方が結構いらっしゃいます。

以前、ゲストハウスへご宿泊されたお客様で、日本では日頃から仕事でも英語を使用しているのに、イギリスへ来たら英語がちっとも耳に入ってこないと嘆いていらっしゃる方がいらっしゃいました。

しかし、それ程落胆したり、自信をなくす必要は全くないのです。

何故ならば、イギリス英語はかなり奥が深く、スタンダードとは言い難いからです。

まず、私達日本人が日本で習う英語はアメリカ英語です。発音、スペリング、単語もちがうものがたくさんあります。ですので、日本人はあまりイギリス英語には慣れていないので、余程イギリスに精通している方でない限り、イギリス英語の発音はとても聞きにくく感じるものです。

English

発音が聞きにくいのにはまだ理由があります。

イギリスはご存知のように階級社会です。階級によって喋る英語もすごく違ってきます。「Queen’s English」と言うくらいで、上流階級の人たちが喋る英語が聞きやすいかと思いがちでしょうが、決してそうでもなく、女王をはじめ、王室のメンバーが喋っている言葉はなんだかモゴモゴした感じで、あまり耳にすんなり入って来ません。

労働者階級になるとスラングなどが多く、これまた???です。
そして、それにプラス、地方のアクセントと方言で、ますますイギリス英語は複雑難解です。

どこの国にも方言は存在しますが、アクセントにも地方独特のものがあります。スコットランド、アイルランドもそうですし、東ロンドンはコックニー(Cockney)、イングランドの北ニューキャッスルはジョーディー(Geordie)、リバプールはスカウス(Scouse)と呼び名がついているくらい独特のアクセントで、あまり分かりにくいとテレビ番組で字幕が出ることもあったりします。

まだイギリスへお越しになったことのない方は、イギリスは白人社会だと思いがちでしょうが、実はロンドンを始め、地方都市にも結構な割合で、移民の人たちが多く住み着いております。そういう移民の人達の英語も皆お国訛りの英語ですから、私達には聞きにくいと思います。

上記の階級、地方差などをなくしたスタンダードな英語のアクセントは俗にRP(Received Pronunciation)と呼ばれ、BBCで聞く英語ですが、実際にはこのRPで喋っている人は2%しかいないとのことですから、道理ですんなりと英語が耳に入ってこないわけですね。

しかし、ご心配なく。英語が多少わかっても、全く分からなくても、ロンドンは観光客にはとても優しい街ですから、みんな辛抱強く聞いてくれますし、助けてもくれますので。

ただ、せっかくロンドンに来たのだから、イギリスならではの英語をしっかり勉強したいという方には、ゲストハウスと同じ系列で、ゲストハウスからもさほど遠くない、ブルームズベリー・インターナショナルという英語学校をおすすめします。ぜひご検討ください。テレビやラジオから流れてくる英語がすっと聴き取れるようになりますよ。

Bloomsbury International
6-7 Southampton Place London WC1A 2DB
https://www.bloomsbury-international.com/ja/


バックナンバー

ミステリアスなローマ時代の神殿跡、ロンドン・ミトラエウム

金融街シティに新しく出来たブルームバーグ社のビル内にあるギャラリースペースにある、ローマ時代の神殿跡「ロンドン・ミトラエウム」を紹介します。

エリザベス女王の公式誕生日をお祝いする「トゥルーピング・ザ・カラー」の楽しみ方

エリザベス女王の公式誕生日を祝う、初夏のイベント「トゥルーピング・ザ・カラー」のオススメの楽しみ方を紹介します!

ビュッフェ形式のベジタリアン・レストラン「Tibits」

旅行中、野菜が不足していると感じたり、ひとりでサクッと食べたいな、というときにぴったりなビュッフェ形式のベジタリアン・レストラン、ティビッツを紹介

イギリスのお天気と服装

イギリスは、サマータイムもはじまり日は延びたものの、はっきりしないお天気が続いています。春爛漫の日本からイギリスへの旅行となると服装をどうしようかとお悩みになるのではないでしょうか?

リーズナブルでおいしい!おすすめステーキハウス「Steak & Co」

リーズナブルでおいしい!おすすめステーキ・ハウス「Steak & Co」を紹介します。

2018年 春の割引キャンペーン!全室10%オフ

3月10日〜4月20日まで全室10%OFF!春の割引キャンペーンのお知らせです。ぜひこの機会をご利用ください。

イギリス英語について

多少英語に自信のある日本人の方でも、イギリスに来ると英語が分かりにくいという方が結構いらっしゃいます。

おひとり様OK!教会にある「カフェ・イン・ザ・クリプト」

ひとりでも英語に自信がなくても、気軽に入れるセルフサービスのカフェ・レストランを紹介します。

あけましておめでとうございます。

Happy New Year 2018!
新年あけましておめでとうございます。

メリー・クリスマス from London

今年もゲンダイ・ゲストハウスをご利用いただき、ありがとうございました。どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。