イギリスのお天気と服装

イギリスはサマータイムもはじまり、日は延びたものの、はっきりしないお天気が続いています。春爛漫の日本からイギリスへの旅行となると服装をどうしようかとお悩みになるのではないでしょうか?

日本と同じように、イギリスにも四季はあるのですが、衣替えという習慣はありません。そもそもイギリスのお天気は1日の中でもめまぐるしく変わることが多いのす。

イギリスのお天気を表す「Four seasons in a day」とはよく言ったもので、朝は太陽が出ていて良いお天気だと思っていたら、突然黒い雲で空は覆われて、ヒョウが降ってきたり、雷雨になったり。またしばらくくすると、太陽が雲の隙間から顔をのぞかせて、大きな虹がかかる事もしばしばあります。気温もお天気によって1日のうちでも上下しますし、風の強い日には最高気温が高めであっても、体感温度が低くとても寒く感じます。

テムズ川とロンドンアイ

みるみるうちに黒雲が!

このような事情から、イギリスに住んでいると長袖の服は1年中必要ですし、夏であっても寒ければセーターや厚手のジャケットを着ることもあります。衣替えの必要がないというか、衣替え自体が無駄なのです。季節に関係なく、人によって服装はマチマチで、年がら年中同じ革ジャンの人もいれば、寒い冬でもスニーカーソックスで足首がむき出しの人がいたり、基本的に誰が何を着ていようが気にしません。

4月に入ると観光シーズンの到来となりますが、まだまだ気温の低い日は続きます。私たち日本人にとってはまだまだ半袖を着て歩ける季節にはなりませんので、皆さま、必ず長袖服とジャケットはご持参くださいね。首に巻くものなどもあってもいいかもしれません。

参考までに、今日は最高気温14℃、服装はキャミソール+長袖Tシャツ+薄手のセーター+ウールの普通丈コート+デニムのボトムスでした。昼間はマフラーはなくても大丈夫でしたが、夜にはあった方がよさそうです。

今週末、3月30日(金)がグッド・フライデー、4月1日(日)イースター、4月2日(月)イースター・マンデーとなり、イギリスは4連休となります。ロンドン中心部や観光地のお店や観光スポットの多くは営業していますが、個人のお店などは閉まるところもありますので、ご注意ください。(イースターとは?イースターにちなんだ食べ物

ということでお天気の話は尽きませんが、最後にイギリスのお天気をチェックするのに便利なサイトを紹介します。

BBCのお天気
1日の天気、2週間先までの予報、降水確率、体感温度、降水確率、日の出日の入り時刻を教えてくれます。
https://www.bbc.co.uk/weather

Dark Sky Weather
雨雲の動き、あと何分で雨が降る、あと何分で雨が止むなど教えてくれるので、街歩きのときにはアプリ(有料)も便利です。
https://darksky.net/forecast/51.4786,-0.158/si24/en

 


バックナンバー

イギリスのお天気と服装

イギリスは、サマータイムもはじまり日は延びたものの、はっきりしないお天気が続いています。春爛漫の日本からイギリスへの旅行となると服装をどうしようかとお悩みになるのではないでしょうか?

リーズナブルでおいしい!おすすめステーキハウス「Steak & Co」

リーズナブルでおいしい!おすすめステーキ・ハウス「Steak & Co」を紹介します。

2018年 春の割引キャンペーン!全室10%オフ

3月10日〜4月20日まで全室10%OFF!春の割引キャンペーンのお知らせです。ぜひこの機会をご利用ください。

イギリス英語について

多少英語に自信のある日本人の方でも、イギリスに来ると英語が分かりにくいという方が結構いらっしゃいます。

おひとり様OK!教会にある「カフェ・イン・ザ・クリプト」

ひとりでも英語に自信がなくても、気軽に入れるセルフサービスのカフェ・レストランを紹介します。

あけましておめでとうございます。

Happy New Year 2018!
新年あけましておめでとうございます。

メリー・クリスマス from London

今年もゲンダイ・ゲストハウスをご利用いただき、ありがとうございました。どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。

光のフェスティバル「ルミエール・ロンドン Lumiere London」

ロンドンで2018年1月18日(木)〜21日(日)開催される光のフェスティバル「ルミエール・ロンドン」を紹介します。

おすすめイタリアン・レストラン「Da Paolo(ダ・パオロ)」

当ゲストハウスからもほど近いグッジ・ストリートにある、正統派イタリア料理のお店「Da Paolo(ダ・パオロ)」を紹介します。

イギリスのクリスマスの飲み物、マルドワイン

クリスマス・マーケットやパブなどでクリスマスの季節、必ずお目にかかる「マルドワイン(Mulled Wine)」と呼ばれるホットワインをご存じですか?