イギリスのトイレ事情

日本はトイレにおいては世界一と言ってもよいほどの先進国で、外出先でも、駅の中のトイレ、公衆トイレなど、清潔でウォシュレットもついていたりで、あまり困ることはないと思います。が、イギリスではなかなかそう簡単には行きませんので、トイレ事情と快適に過ごすコツを紹介します。

ロンドンでは大きな鉄道の駅以外は、地下鉄の駅にはほとんどトイレが設置されていません。鉄道駅のトイレはヴィクトリア駅など無料になったところもありますが、まだまだ有料のところも多いようです。(大体10〜50ペンスくらい)

ヴィクトリア駅のトイレ

ヴィクトリア駅のトイレは無料

突然行きたくなった時には。カフェやパブ、ファストフードのお店に入るしかありませんが、お店のお客さん以外のトイレ利用は禁止しているところも多く、外に「Customer Only(お客様専用)」と書かれています。また、ロック付きでスタッフからパスコードを聞くシステムになっているお店もあります。

ロンドンの街中であればデパート、博物館、ギャラリーなど観光名所のトイレは無料です。大手ホテルのロビーやラウンジ付近、その他、ショッピング・モールにも必ずトイレはあります。ただ混み合うところもありありますので、トイレを見つけたら、それほど急を要さなくても行ける時に行っておくように心がけておくとよいでしょう。(日本でも同じだと思いますが、デパートは下の階より上の方が空いていることが多いですね)

トイレが近くて心配な方には「Great British Toilet Map」という便利なウェブサイトがありますので、ブックマークしてご利用ください。

Great British Toilet Map
http://greatbritishpublictoiletmap.rca.ac.uk

またスマホのアプリもいろいろありますので、使いやすそうなものを入れておいてもいいですね。

Flush Toilet Finder Map
https://itunes.apple.com/us/app/flush-toilet-finder-map/id955254528?mt=8

Toilet Finder
https://itunes.apple.com/us/app/toilet-finder/id311896604?mt=8

ロンドン交通局のトイレ・マップ(トイレ、おむつ替え施設、車いすで入れるトイレなど)
http://content.tfl.gov.uk/toilets-map.pdf

ロンドンはまだしも、地方へ行くと状況はますます悪くなりますから気をつけましょう。

イギリスの自治体で管理されている公衆トイレは、2010年から2018年の間に13%も減少して、673箇所が閉鎖されたとのことです。自治体では公衆トイレを設置する事は法的に義務付けされていないため、コスト削減をされると、まずトイレ閉鎖に至るようです。(参照:https://www.bbc.co.uk/news/uk-45009337

公衆トイレ

ピムリコにある有料の公衆トイレ(50ペンス)

しかし最近は、イギリスもトイレ事情が少しずつ改善してきたように思います。男性用に比べると女性用のトイレはいつも混み合うことから、ユニセックスなトイレを設置するところも出てきました。セキュリティー上の問題もあることから疑問を投げかける声も聞かれますが、男女公平に列に並ぶので効率よく利用できます。

オール・ジェンダー・トイレ

テート・モダンの「ALL-GENDER TOILET」

トイレットペーパーは大体設置されていますが、運悪く切れていたりすることもありますので、念のためにポケットティッシュは持ち歩いた方が賢明です。

また最近では、少し高級なお店にいくと、日本製のウォシュレットが設置されたトイレに出会うこともあります。日本のウォシュレットが海外で活躍しているのを見ると、なんだか少し嬉しいですね。

美術館や博物館などのトイレは、それぞれ個性のあるデザインでおもしろいですよ。

ロイヤル・アカデミー

ピカデリーにあるロイヤル・アカデミーの新しいトイレ

バービカンのトイレ

バービカン・アート・センターのトイレ

そして重要なことですが、トイレにはトイレットペーパー以外のものは流さないでください。ウォシュレットに慣れた日本人にはトイレットペーパーでは物足りなく、ワイプをご使用になる方もいらっしゃるかもしれませんが、下水が詰まる原因となります。トイレ用のワイプ、生理用品、紙オムツ、化粧落としワイプなどは、分解できないプラスチックを含んでいるため、最終的に下水で流された油などと一緒になって「Fatberg」と呼ばれる巨大な塊なり、下水を詰まらせて大きな問題となりました。(この「Fatberg」はミュージアム・オブ・ロンドンにも展示されていますので、足を運ぶ機会があったらご覧ください)

 


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

バックナンバー

おすすめ中華レストラン「フェニックス・パレス」

当ゲストハウスからも近く、ベイカー・ストリートにある中華料理のお店「フェニックス・パレス」を紹介します。

イギリスのトイレ事情

日本の素晴らしいトイレの足元にも及びませんが、イギリスでも少しずつ改善してきたトイレ事情について紹介します。

ヨーロッパの格安航空会社、ライアンエアーやイージージェットを利用するときの注意事項

安さが売りのバジェット・エアライン(LCC)、イギリスで多く利用されているイージージェットとライアンエアーについて、注意点をまとめてみました。

リージェンツ・パークの野外劇場

ロンドンの夏の風物詩、リージェンツ・パークの野外劇場がオープンしています。今年は、例年になく暑い日が続き、お天気の心配があまりないので、野外で行われるイベントには最適の年ですね。

イギリスの病院

海外に来て一番避けたいのは体調を崩し、慣れない土地で病院へ行くことだと思いますが、イギリスでの医療システムを少し紹介します。

ミステリアスなローマ時代の神殿跡、ロンドン・ミトラエウム

金融街シティに新しく出来たブルームバーグ社のビル内にあるギャラリースペースにある、ローマ時代の神殿跡「ロンドン・ミトラエウム」を紹介します。