イギリスで不思議に思うこと

今回は、人によって感じ方は違うかもしれませんが、私自身が不思議に思ったイギリスの習慣について書いてみました。

精神的ショックで吐き気

イギリスのテレビ番組を見ていて、どうしても理解できない状況がたまに出てきます。そのひとつが精神的にショックな出来事が起こると、嘔吐を催し、トイレに駆け込んでゲーゲーというシーンです。気持ち悪いものを見てそうなるのは分かるのですが、あくまでも精神的ショックを受けたときの反応の話です。

昔なら女性が失神して、シェリー酒を気付け薬として飲ませるという場面などがありました。それも理解できなくもないですが、現代では失神の代わりに気持ち悪くなったりするのが一般的なんでしょうか?これは女性に限った話ではなく、男性でも同じ状況でトイレへ駆け込みます。ドラマだけの作り話かと思っていると、ドキュメンタリー番組などでも同じようなシーンを見たことがあるので、イギリス人にはこれは当然の反応のようです。

熱が出たら冷凍グリーンピース?

最近でこそ、薬局でもいろんなものが売られるようになりましたが、便利なものが日本のように手に入らないのがイギリス。熱冷ましの代わりに、どこの家庭でも大体冷凍庫に入っているグリーンピースの袋が登場します。その袋をそのまま患部に当てて、熱を冷ますのです。

昔、ハウスシェアをしている時に、イギリス人のフラットメイトが足を捻挫しグリーンピースの袋を足に当てて冷やしているのを見て、仰天しました。気になるのはその後のグリーンピースの行方でしょうか?これは人によってさまざまですが、そのまま半解凍されてしまった状態のグリーンピースをまた冷凍庫へ戻す人と、その日の夜の夕飯に使う人といるようです。日本ではいくら袋に入っていても、食べ物を直接体に当てて冷やすなんて考えられませんよね……。

冷凍グリーンピース

夜のお出かけはお着替えで

夜に出かける場合、昼間着ていたものではなく、お出かけ用の服に着替えるというのもイギリスならではかもしれません。たとえお出かけ先がパーティーでなくても、たかが近所のパブであっても、女性は肌の露出の多めにしたり。スパンコールなど光りものを取り入れたり、ハイヒールに履き替えたり、気合いを入れておめかしして出かけます。

私が渡英して間もない頃、気の合うハウスメイトたちに今夜飲みに行こうと誘われ、時間になって集合すると、みんな昼間の服装からガラリと変わって煌びやかに着飾っていることが何度もありました。昼間と同じ格好をしているのは私だけ?なぜ??しかし考えてみると、昔は舞踏会や観劇など、女性はみんな胸の開いたドレスを着て夜を楽しんでいたことを思うと、時代は変わっても同じような感覚なのでしょうか?

しかし冬の寒い時期に、いくら暖房の効いているお店であってもイギリス人のように薄着にはなれませんよね。見ているだけで寒くなります(笑)


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

タグ一覧
おみやげお出かけお知らせお金ご挨拶ひとり旅アドバイスアートイギリスの夏イギリスの花イギリスの食べ物イギリス料理イベントイミグレーションイルミネーションイングリッシュ・ヘリデージイースターエアコンエンタメオープン・ハウス・ロンドンカフェガイ・フォークスガーデンキャッシュレスキャンペーンキリスト教ギャラリークリスマスクロスレールグリニッジグルメケンウッド・ハウスゲストハウスコベント・ガーデンコンタクトレスコーニッシュ・パスティサッカーシアターシャーロックショッピングスポーツスーパーセントポール大聖堂セント・パンクラスチョコレートデザインデザートトイレドラマハムステッドハリー・ポッターバスバレンタインデーバーパンケーキパークビスケットビッグベンフィッシュ&チップスフルーツブラッスリーブランチベジタリアンボンド・ストリートポンドマリルボーンマーケットミュージアムミュージカルユーロスターリージェンツ・パークレストランロイヤルファミリーロケ地ワイン世界遺産中東料理中華料理交通入国公園円高冬時間劇場博物館図書館国会議事堂地下鉄夏日夏時間大晦日・新年大気汚染天気安全建築復活祭挨拶散歩散策文学新年旅行日帰り旅行時間切り替え歴史気候王室環境問題病院眺望空港紅葉自然航空券花火花粉症英国の習慣英語薬局街歩き観光観劇邸宅銀行食べ物食事食文化高所
バックナンバー

イギリスで不思議に思うこと

今回は、人によって感じ方は違うかもしれませんが、私自身がイギリスで生活していて不思議に思った習慣について書いてみました。

【注意喚起】ロンドンで出没する偽警官にご用心ください!

最近、当ゲストハウスの周辺で、また偽警察が頻繁に出没しているそうです。英国に来られる方々に注意していただきたいと思い、ブログに書きました。

ゲイフレンドリーな都市、ロンドン

現在のイギリスでは、カフェで働くトランスジェンダーの人、知り合いの同性婚、テレビでも同性カップルはよく見かけますし、LGBTQコミュニティは自然に社会に溶け込んでいます。

オープンハウス・ロンドン 2019

年に一度の人気イベント「オープンハウス・ロンドン」が今年は9月21日(土)、22日(日)に開催されます。ロンドンの歴史的建造物や公共施設、優れたデザイン建築などの内部800件以上が無料で一般公開されます。

イギリスのフルーツのお話 – 追熟と完熟

夏はフルーツのおいしい季節。イギリスでもイチゴ、ラズベリーなどのベリー類のほかに、ネクタリン、桃、アプリコット、プラム、色鮮やかなフルーツがスーパーや八百屋に並びます。

ダンキングとは?イギリス流ビスケットの食べ方

イギリスのティータイム、コーヒーブレイクのお供と言えば、断然ビスケットですが、イギリス流のビスケットの食べ方、「ダンキング Dunking」をご存じですか?