おすすめカフェ:キングス・クロスの「CARAVAN」

キングス・クロスといえば、10数年前はあまり治安の良くないエリアでしたが、今は再開発され、隣のセント・パンクラスがユーロスターの発着駅となったこともあってか、大きく変わっています。

キングス・クロス駅とセント・パンクラス駅との間の道を進んでいくと、運河沿いに「グラナリー・スクエア(Granary Square)」という広場があり、ロンドン芸術大学のセントラル・セント・マーティンズ校、レストラン、バー、カフェなどが集まり、賑わいを見せています。

グラナリー・スクエア

運河にはナローボートも

そのエリアの一角にあるカフェ・レストランがこの「CARAVAN」。
時間的にはかなり早い夕食時前の時間に行ってきました。

CArAVAN

CARAVAN 店内

倉庫のような内装で天井も高く、混んでいてもあまり窮屈な感じはしません

メニューを見ると、tofu、buckwheat、kale、miso、edamame、buffalo mozzarella、samphire、daikon など、ヘルシー志向のキーワードになる食材の名前があちこちに見られますが、実際の料理が出てくるまでは、ちょっと想像しきれないところも逆に興味をそそられます。店員さんに聞けば親切に教えてくれます。

前菜は、ひと皿を二人でシェア。チョリソとスイートポテトのコロッケ、サフラン・アイオリ添えをオーダーしました。やさしい甘みのスイートポテトに、スパイシーなチョリソソーセージがアクセントになって、美味しかったです。

コロッケ

サクッと揚がっています

メインのひとつは、ピザ。サラミ、トマト、フェネル、ディルの超シンプルなピザ。オリーブオイルもモッツアレラ・チーズもほどほどで、とてもあっさりして重くないビザです。

ピザ

けっこうな大きさですが、ペロリと…

もうひとつのメインは、キノアとポテトのケーキ、コジェット(ズッキーニ)、マヌーリ・チーズ、サルサソース添え。こちらもわりとあっさりした味付けですが、それぞれの野菜のちがった味と歯ごたえで、満足感は十分にありました。

キノアとポテトのケーキ

ヘルシーなベジタリアン・メニュー

そしてお楽しみのデザート!ザクロのパブロヴァにココナツクリーム、ソレル・シャーベットとキーウィのコンポート添え。ソレルというハーブの一種のシャーベットは、甘さ控えめでサラダっぽい味でした。

デザート

ザクロのピンクとシャーベットのグリーンで見た目も鮮やか!

ふたつめは、ローズ・ウォーターのミルクプリン、グアバ・シャーベット、ピスタチオのプラリネ。

ミルクプリン

ほんのりと香るローズが印象的なデザート

食後のコーヒーもこのお店がロースターということもあり、エスプレッソを注文しましたが、かなり本格的。ジュース、前菜、メイン、デザート、コーヒーと、お腹いっぱいに食べてひとり約34ポンドでした。

余談ですが、トイレが今どきのUNISEX(ジェンダー・ニュートラル)で、男女とも同じ入り口で、ただドアだけがそれぞれ「M」「F」と書いてあり、別れているような形になってました。

平日は朝早くから開店しているようですので、運河沿いを散歩したり、近くの大英図書館やハウス・オブ・イラストレーションといったミュージアムにいったついでに、朝食やブランチに来るのもいいかもしれません。

CARAVAN
1 Granary Squar, London N1C 4AA
http://www.caravanrestaurants.co.uk


バックナンバー

イギリスのお天気と服装

イギリスは、サマータイムもはじまり日は延びたものの、はっきりしないお天気が続いています。春爛漫の日本からイギリスへの旅行となると服装をどうしようかとお悩みになるのではないでしょうか?

リーズナブルでおいしい!おすすめステーキハウス「Steak & Co」

リーズナブルでおいしい!おすすめステーキ・ハウス「Steak & Co」を紹介します。

2018年 春の割引キャンペーン!全室10%オフ

3月10日〜4月20日まで全室10%OFF!春の割引キャンペーンのお知らせです。ぜひこの機会をご利用ください。

イギリス英語について

多少英語に自信のある日本人の方でも、イギリスに来ると英語が分かりにくいという方が結構いらっしゃいます。

おひとり様OK!教会にある「カフェ・イン・ザ・クリプト」

ひとりでも英語に自信がなくても、気軽に入れるセルフサービスのカフェ・レストランを紹介します。

あけましておめでとうございます。

Happy New Year 2018!
新年あけましておめでとうございます。

メリー・クリスマス from London

今年もゲンダイ・ゲストハウスをご利用いただき、ありがとうございました。どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。

光のフェスティバル「ルミエール・ロンドン Lumiere London」

ロンドンで2018年1月18日(木)〜21日(日)開催される光のフェスティバル「ルミエール・ロンドン」を紹介します。

おすすめイタリアン・レストラン「Da Paolo(ダ・パオロ)」

当ゲストハウスからもほど近いグッジ・ストリートにある、正統派イタリア料理のお店「Da Paolo(ダ・パオロ)」を紹介します。

イギリスのクリスマスの飲み物、マルドワイン

クリスマス・マーケットやパブなどでクリスマスの季節、必ずお目にかかる「マルドワイン(Mulled Wine)」と呼ばれるホットワインをご存じですか?