ロンドン南西部の憩いの場、チジック・ハウス&ガーデンズ Chiswick House & Gardens

チジック・ハウス&ガーデンズはロンドン南西部にある、イングリッシュ・ヘリテージ管理のプロパティのひとつです。

3代目のバーリントン卿(Earl of Burlington)が、ヴェネチアの建築家であるアンドレア・パラディオ(1508-1580)に影響を受けた「ネオ・パラディアン」様式のヴィラ(邸宅と庭園)です。

彼は、「建築家の伯爵」と呼ばれたそうですが、青年期にイタリアへ何度か足を運び、建築の勉強をしたそうです。また音楽もこよなく愛しました。あのヘンデルも彼のところに滞在している期間、2つのオペラを捧げたこともあったそうです。

また、ここの庭園は、ザ・ビートルズが1966年に「Paperback Writer」「Rain」のプロモーション・ビデオを撮影した場所としても知られています。

まずは歩行者用の入り口からガーデンの中に入ります。

Chiswick House

交通の激しい道路から一歩足を踏み入れたとたんに、静寂に包まれた美しいガーデンとなります。

ロンドン市内にありながら、ガーデンは65エーカー、邸宅、イタリアン・ガーデン、メディチ家のものを模倣したヴィーナス像、植物のコンサバトリー(温室)、小さな橋や小川、オベリスク、キッチンガーデン、などを見ることができます。敷地内にはこじんまりしたカフェもあります。

Chiswick House

Chiswick House

カフェ

早速イタリアン・ガーデンへ足を踏み入れます。

Chiswick House

イタリアン・ガーデン

コンサバトリーへ入るとその裏側の小道からつながっているハーブ・ガーデンがあるのですが、日曜日の今日はあいにく閉まっていました。

Chiswick House

コンサバトリー

Chiswick House

温室の素晴らしいデザイン

美しいガーデンの奥へ進むと、カフェ、そしてさらにその奥にハウスがあります。白くどっしりとしたハウスの概観からは良くわかりませんが、内部は八角形となっています。

Chiswick House

Chiswick House

しかしながら、この建物は居住用に作られたものではなかったらしく、たしかに住まいにするにはどこかしら不自由そうです。当時、「住むには狭く、時計を飾るには広すぎる」というコメントもあり用途がはっきりしないそうですが、一説によるとバーリントン卿のヨーロッパ・ツアーの際に収集した絵画が飾られていたことから、アートギャラリー目的ではないか、と考えられているそうです。残念ながら、室内は写真撮影が禁止です。

ハウスを出て左側にさらに進むと小さなカスケイド(滝)、小川と木陰の散歩道が続きます。小川には野鳥の雛がいました。

よく見ると散歩道のあちこちに、ブラックベリーが見られます。ブラックベリーはロンドンでは8月中旬から下旬にかけて旬になり、熟すと黒くなります。熟しているものがありましたので、少し摘み取っていただきました。甘くて美味しいです。

Chiswick House

黒くなったら食べ頃、ブラックベリー

Chiswick House

いかがでしょうか。都会の喧騒を離れて、静かなロンドンを少し楽しみたい方は、是非一度足を運んでみてください。

チジック・ハウス入館には入場料がかかりますが、ガーデンは無料で楽しめます。

また、当ゲストハウスからは、地下鉄駅はTurnham Green駅、オーバーグラウンドの場合はChiswick駅が最寄り駅となります。そこから住宅街を少し歩いたところに入り口があります。

バスの場合は、当ゲストハウスの最寄り駅、Great Portland Street駅前からNo.27のバス1本、「Chiswick Police」のバス停で下車します。そこから徒歩でDuke’s Avenue(住宅街)を下り、Subway(道路下通路)を通って入り口にたどり着きます。

Chiswick House and Gardens
http://chiswickhouseandgardens.org.uk/

ハウス:金~水曜日 4月2日〜 10:00 -18:00 / 10月〜11月10:00-17:00
ガーデン:毎日7:00~夕暮れまで
コンサバトリー:毎日10:00~16:00
カフェ:毎日8:30~ガーデンが閉まる1時間前まで
ハウス入場料:大人£7.20、子供(5-15歳)£4.30、5歳以下は無料
*クリスマス時期などは閉館などもありますので、お出かけの際にはウェブサイトでご確認を
*料金、時間は2017年8月時点での情報です


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

タグ一覧
おみやげお出かけお知らせお金ご挨拶ひとり旅アドバイスアートイギリスの夏イギリスの花イギリスの食べ物イギリス料理イベントイミグレーションイルミネーションイングリッシュ・ヘリデージイースターエアコンエンタメオープン・ハウス・ロンドンカフェガイ・フォークスガーデンキャッシュレスキャンペーンキリスト教ギャラリークリスマスクロスレールグリニッジグルメケンウッド・ハウスゲストハウスコベント・ガーデンコンタクトレスコーニッシュ・パスティサッカーシアターシャーロックショッピングスポーツスーパーセントポール大聖堂セント・パンクラスチョコレートデザインデザートトイレドラマハムステッドハリー・ポッターバスバレンタインデーバーパンケーキパークビスケットビッグベンフィッシュ&チップスフルーツブラッスリーブランチベジタリアンボンド・ストリートポンドマリルボーンマーケットミュージアムミュージカルユーロスターリージェンツ・パークレストランロイヤルファミリーロケ地ワイン世界遺産中東料理中華料理交通入国公園円高冬時間劇場博物館図書館国会議事堂地下鉄夏日夏時間大晦日・新年大気汚染天気安全建築復活祭挨拶散歩散策文学新年旅行日帰り旅行時間切り替え歴史気候王室環境問題病院眺望空港紅葉自然航空券花火花粉症英国の習慣英語薬局街歩き観光観劇邸宅銀行食べ物食事食文化高所
バックナンバー

イギリスで不思議に思うこと

今回は、人によって感じ方は違うかもしれませんが、私自身がイギリスで生活していて不思議に思った習慣について書いてみました。

【注意喚起】ロンドンで出没する偽警官にご用心ください!

最近、当ゲストハウスの周辺で、また偽警察が頻繁に出没しているそうです。英国に来られる方々に注意していただきたいと思い、ブログに書きました。

ゲイフレンドリーな都市、ロンドン

現在のイギリスでは、カフェで働くトランスジェンダーの人、知り合いの同性婚、テレビでも同性カップルはよく見かけますし、LGBTQコミュニティは自然に社会に溶け込んでいます。

オープンハウス・ロンドン 2019

年に一度の人気イベント「オープンハウス・ロンドン」が今年は9月21日(土)、22日(日)に開催されます。ロンドンの歴史的建造物や公共施設、優れたデザイン建築などの内部800件以上が無料で一般公開されます。

イギリスのフルーツのお話 – 追熟と完熟

夏はフルーツのおいしい季節。イギリスでもイチゴ、ラズベリーなどのベリー類のほかに、ネクタリン、桃、アプリコット、プラム、色鮮やかなフルーツがスーパーや八百屋に並びます。

ダンキングとは?イギリス流ビスケットの食べ方

イギリスのティータイム、コーヒーブレイクのお供と言えば、断然ビスケットですが、イギリス流のビスケットの食べ方、「ダンキング Dunking」をご存じですか?