マリルボーンのレストラン「JIKONI」

当ゲストハウスからも近いマリルボーン・エリアに新しく出来たレストラン「JIKONI」を紹介します。

お店に入ってまず目に付くのが、かわいい柄のテーブルクロスやナプキン、たくさんのクッション。センスの良い友だちの家のリビングに来たかのようにくつろげる空間です。

レストラン

友だちの家のリビングのよう

メニューを見ても聞き慣れない単語も多くあったので、お店のとてもフレンドリーなスタッフに説明してもらいました。

まずは前菜。芽キャベツと栗の炒め物にはかつおぶしがのっていて、味付けも醤油で和風な感じでごはんが欲しくなりました(笑)。その他は、ビートルートとシャンクリッシュ(チーズ)のコロッケ、そしてこの店おすすめのうずら卵のスコッチエッグ。

前菜

芽キャベツと栗の炒め物、ビートルートのコロッケ、エビのすり身でくるまれたスコッチエッグ

前菜

かつおぶしと醤油で和風なお味

メインには、豚の頬肉とターニップ(かぶ)のポレンタ、フィッシュ・パイ、付け合わせのグリーンビーンズとカシューナッツの和え物をいただきました。どれも定番の料理にひとひねり加えた楽しい料理。とくにグリーンビーンズの和え物は、箸休め的な役割だけにとどめておくのはもったいないくらいの美味しさでした。

メイン

フィッシュ・パイ、豚の頬肉、グリーンビーンズの和え物

そしてデザートは、イチジクとラベンダーとゴートカードのルラードと、パンナコッタとカリンのジェリー。ルラードは、見た目よりずっと軽くパクパクといけますが、ゴートチーズの風味もあるので苦手な方もいるかもしれません。パンナコッタは、最後を締めくくるのにふさわしい爽やかさでした。

ルラード

ルラード

パンナコッタ

カリンのジェリーとハニーコーンがのったパンナコッタ

まさに、このレストランの女性シェフが語っていらっしゃった「このお店の女性シェフが、「ロンドンの良さを保ちながら、北アフリカやインドをはじめとした、さまざまな地域の食材や味を取り入れた」という料理の数々、堪能しました。

3人でワインや食後のコーヒーなどと合わせて全部で£111.49、ひとり約38ポンド。ロンドンのそこそこのレストランの平均的なお値段です。(サービスチャージ込みなのでチップは必要ありません)

ブランチやランチもあるので、次回はぜひこちらも試したいと思っています。

JIKONI
19-21 Blandford Street
London W1U 3DH
http://www.jikonilondon.com


バックナンバー

おひとり様OK!教会にある「カフェ・イン・ザ・クリプト」

ひとりでも英語に自信がなくても、気軽に入れるセルフサービスのカフェ・レストランを紹介します。

あけましておめでとうございます。

Happy New Year 2018!
新年あけましておめでとうございます。

メリー・クリスマス from London

今年もゲンダイ・ゲストハウスをご利用いただき、ありがとうございました。どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。

光のフェスティバル「ルミエール・ロンドン Lumiere London」

ロンドンで2018年1月18日(木)〜21日(日)開催される光のフェスティバル「ルミエール・ロンドン」を紹介します。

おすすめイタリアン・レストラン「Da Paolo(ダ・パオロ)」

当ゲストハウスからもほど近いグッジ・ストリートにある、正統派イタリア料理のお店「Da Paolo(ダ・パオロ)」を紹介します。

イギリスのクリスマスの飲み物、マルドワイン

クリスマス・マーケットやパブなどでクリスマスの季節、必ずお目にかかる「マルドワイン(Mulled Wine)」と呼ばれるホットワインをご存じですか?

2019年に全線開通予定のエリザベス・ライン(クロスレール)

2009年から始まった、ロンドンに未来の扉を開ける新鉄道「エリザベス・ライン(クロスレール)」のプロジェクトを紹介します。

ロンドンのクリスマス・イルミネーション点灯式

これからの暗いロンドンの秋、冬を明るくしてくれるクリスマスのイルミネーションの点灯式が、毎年あるのをご存知でしょうか?

ロンドン大晦日の花火大会 London New Year’s Eve Fireworks

1年を締めくくる人気イベント、大晦日の花火大会のチケットが販売中です。年末ロンドンで参加予定の方は、お早めにチケットをご購入ください。

イギリスでの買い物とレシートについて

イギリスで物を購入した際に、レシートをもらうと必ず返品ポリシーについて記載があるのをご存知でしょうか?