マリルボーンのレストラン「JIKONI」

当ゲストハウスからも近いマリルボーン・エリアに新しく出来たレストラン「JIKONI」を紹介します。

お店に入ってまず目に付くのが、かわいい柄のテーブルクロスやナプキン、たくさんのクッション。センスの良い友だちの家のリビングに来たかのようにくつろげる空間です。

レストラン

友だちの家のリビングのよう

メニューを見ても聞き慣れない単語も多くあったので、お店のとてもフレンドリーなスタッフに説明してもらいました。

まずは前菜。芽キャベツと栗の炒め物にはかつおぶしがのっていて、味付けも醤油で和風な感じでごはんが欲しくなりました(笑)。その他は、ビートルートとシャンクリッシュ(チーズ)のコロッケ、そしてこの店おすすめのうずら卵のスコッチエッグ。

前菜

芽キャベツと栗の炒め物、ビートルートのコロッケ、エビのすり身でくるまれたスコッチエッグ

前菜

かつおぶしと醤油で和風なお味

メインには、豚の頬肉とターニップ(かぶ)のポレンタ、フィッシュ・パイ、付け合わせのグリーンビーンズとカシューナッツの和え物をいただきました。どれも定番の料理にひとひねり加えた楽しい料理。とくにグリーンビーンズの和え物は、箸休め的な役割だけにとどめておくのはもったいないくらいの美味しさでした。

メイン

フィッシュ・パイ、豚の頬肉、グリーンビーンズの和え物

そしてデザートは、イチジクとラベンダーとゴートカードのルラードと、パンナコッタとカリンのジェリー。ルラードは、見た目よりずっと軽くパクパクといけますが、ゴートチーズの風味もあるので苦手な方もいるかもしれません。パンナコッタは、最後を締めくくるのにふさわしい爽やかさでした。

ルラード

ルラード

パンナコッタ

カリンのジェリーとハニーコーンがのったパンナコッタ

まさに、このレストランの女性シェフが語っていらっしゃった「このお店の女性シェフが、「ロンドンの良さを保ちながら、北アフリカやインドをはじめとした、さまざまな地域の食材や味を取り入れた」という料理の数々、堪能しました。

3人でワインや食後のコーヒーなどと合わせて全部で£111.49、ひとり約38ポンド。ロンドンのそこそこのレストランの平均的なお値段です。(サービスチャージ込みなのでチップは必要ありません)

ブランチやランチもあるので、次回はぜひこちらも試したいと思っています。

JIKONI
19-21 Blandford Street
London W1U 3DH
http://www.jikonilondon.com


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

タグ一覧
おみやげお出かけお知らせお金ご挨拶ひとり旅アドバイスアートイギリスの夏イギリスの花イギリスの食べ物イギリス料理イベントイミグレーションイルミネーションイングリッシュ・ヘリデージイースターエアコンエンタメオープン・ハウス・ロンドンカフェガイ・フォークスガーデンキャッシュレスキャンペーンキリスト教ギャラリークリスマスクロスレールグリニッジグルメケンウッド・ハウスゲストハウスコベント・ガーデンコンタクトレスコーニッシュ・パスティサッカーシアターシャーロックショッピングスポーツスーパーセントポール大聖堂セント・パンクラスチョコレートデザインデザートトイレドラマハムステッドハリー・ポッターバスバレンタインデーバーパンケーキパークビスケットビッグベンフィッシュ&チップスフルーツブラッスリーブランチベジタリアンボンド・ストリートポンドマリルボーンマーケットミュージアムミュージカルユーロスターリージェンツ・パークレストランロイヤルファミリーロケ地ワイン世界遺産中東料理中華料理交通入国公園円高冬時間劇場博物館図書館国会議事堂地下鉄夏日夏時間大晦日・新年大気汚染天気安全建築復活祭挨拶散歩散策文学新年旅行日帰り旅行時間切り替え歴史気候王室環境問題病院眺望空港紅葉自然航空券花火花粉症英国の習慣英語薬局街歩き観光観劇邸宅銀行食べ物食事食文化高所
バックナンバー

イギリスで不思議に思うこと

今回は、人によって感じ方は違うかもしれませんが、私自身がイギリスで生活していて不思議に思った習慣について書いてみました。

【注意喚起】ロンドンで出没する偽警官にご用心ください!

最近、当ゲストハウスの周辺で、また偽警察が頻繁に出没しているそうです。英国に来られる方々に注意していただきたいと思い、ブログに書きました。

ゲイフレンドリーな都市、ロンドン

現在のイギリスでは、カフェで働くトランスジェンダーの人、知り合いの同性婚、テレビでも同性カップルはよく見かけますし、LGBTQコミュニティは自然に社会に溶け込んでいます。

オープンハウス・ロンドン 2019

年に一度の人気イベント「オープンハウス・ロンドン」が今年は9月21日(土)、22日(日)に開催されます。ロンドンの歴史的建造物や公共施設、優れたデザイン建築などの内部800件以上が無料で一般公開されます。

イギリスのフルーツのお話 – 追熟と完熟

夏はフルーツのおいしい季節。イギリスでもイチゴ、ラズベリーなどのベリー類のほかに、ネクタリン、桃、アプリコット、プラム、色鮮やかなフルーツがスーパーや八百屋に並びます。

ダンキングとは?イギリス流ビスケットの食べ方

イギリスのティータイム、コーヒーブレイクのお供と言えば、断然ビスケットですが、イギリス流のビスケットの食べ方、「ダンキング Dunking」をご存じですか?