ハムステッド・ヒースにあるケンウッド・ハウスに行ってきました

お天気がまずまずだった先週末、久しぶりにハムステット・ヒースにある「ケンウッド・ハウス」へ行ってきました。ハムステッド・ヒースの北部にある真っ白なお屋敷です。いかにも英国貴族のお屋敷といった風情、品格の漂う美しい建物です。「ノッティングヒルの恋人」をはじめとした多くの映画やドラマの撮影地にもなっています。

ケンウッド・ハウス

丘の上のお屋敷

ケンウッド・ハウス

ハムステッド・ヒースにある白亜のお屋敷、ケンウッド・ハウス

なんといっても素晴らしいのは、お屋敷正面から見る景色です。

このお屋敷の歴史は17世紀に遡ります。

まず、初代マンスフィールド伯爵が土地を購入、その後18世紀半ば、伯爵の依頼により、当時、人気建築家であったロバート・アダムスが建築したものだそうです。しかしながら、その後20世紀に導入された相続税のために第6代伯爵が屋敷や敷地の一部を売却することとなり、その際に多くの家具家財が売りにだされ、ケンウッドの敷地も存続の危機にさらされました。

そんな中、1925年にギネスビール社の初代会長であるエドワード・セシル・ギネス(アイビー伯爵)が、屋敷と残されていた敷地を購入しました。多くの絵画コレクションを所持していた伯爵は、そのための屋敷を購入したようでした。彼の死後、ケンウッド・ハウスは国へ寄贈され、現在は歴史的建造物を保護する「イングリッシュ・ヘリテージ(English Heritage)」という機関が管理しています。

芝生に寝転びたい気持ちを我慢しつつ、さっそく館内に入ります。

入場は無料。

入り口は南正面の裏手にあります。中へ入ると、その日はボランティアのガイドさんと思われる人たちがバッチを首から提げて、迎えてくれました。英語ではありますが、質問があれば、いろいろと教えてくれるようです。

こじんまりとしたお屋敷ですが、館内には、レンブラントやフェルメール、コンスタブル、ゲインスバラ、ターナーなどの著名画家の絵画のコレクションがあり、とても見応えがあります。

ケンウッド・ハウス

ケンウッド・ハウスの内部

コンスタブル

英国を代表する画家、ジョン・コンスタブル(1776 – 1837)による風景画

図書室が素晴らしく、天井も素敵です。こんな場所で美しい庭を眺めながら本を読むなんて贅沢ですね。

図書室

図書室

図書室の天井

図書室の天井

小さなギフトショップと建物の隣にはカフェもあります。

カフェ

カフェ

季節のよいときに訪れたら、ちょっと足を伸ばして、広大なハムステット・ヒース内を散歩したり、ハイゲート・ハイストリートを散策したりすることもできます。

ハムステッド・ヒース

ハムステッド・ヒース

晴れた日は、美味しい食べ物を買い込んで、敷物を敷いてピクニックを楽しむのもいいですね。
皆様も機会があれば、是非訪れてみてください。

Kenwood House
Hampstead Lane, Hampstead, NW3 7JR
http://www.english-heritage.org.uk/visit/places/kenwood/

当ゲストハウスからは、バス134でArchway駅まで行き、駅の反対側(Junction Road)のバス停からバス210に乗り換えて約10〜15分、Highgate High Streetをしばらく先へ進んで、「Compton Avenue」で下車、公園の入り口から入って徒歩約5分程度です。
または、地下鉄ノーザン・ライン北方面(Edgeware行き)でGolders Green駅下車、駅前からバス210で行くこともできます。

(バスは、乗車1時間以内の乗り換えであれば、運賃はオイスターカードから1回分しか差し引かれません。詳しくは バスの乗り換えについて)


バックナンバー

イギリスのお天気と服装

イギリスは、サマータイムもはじまり日は延びたものの、はっきりしないお天気が続いています。春爛漫の日本からイギリスへの旅行となると服装をどうしようかとお悩みになるのではないでしょうか?

リーズナブルでおいしい!おすすめステーキハウス「Steak & Co」

リーズナブルでおいしい!おすすめステーキ・ハウス「Steak & Co」を紹介します。

2018年 春の割引キャンペーン!全室10%オフ

3月10日〜4月20日まで全室10%OFF!春の割引キャンペーンのお知らせです。ぜひこの機会をご利用ください。

イギリス英語について

多少英語に自信のある日本人の方でも、イギリスに来ると英語が分かりにくいという方が結構いらっしゃいます。

おひとり様OK!教会にある「カフェ・イン・ザ・クリプト」

ひとりでも英語に自信がなくても、気軽に入れるセルフサービスのカフェ・レストランを紹介します。

あけましておめでとうございます。

Happy New Year 2018!
新年あけましておめでとうございます。

メリー・クリスマス from London

今年もゲンダイ・ゲストハウスをご利用いただき、ありがとうございました。どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。

光のフェスティバル「ルミエール・ロンドン Lumiere London」

ロンドンで2018年1月18日(木)〜21日(日)開催される光のフェスティバル「ルミエール・ロンドン」を紹介します。

おすすめイタリアン・レストラン「Da Paolo(ダ・パオロ)」

当ゲストハウスからもほど近いグッジ・ストリートにある、正統派イタリア料理のお店「Da Paolo(ダ・パオロ)」を紹介します。

イギリスのクリスマスの飲み物、マルドワイン

クリスマス・マーケットやパブなどでクリスマスの季節、必ずお目にかかる「マルドワイン(Mulled Wine)」と呼ばれるホットワインをご存じですか?