ロンドン地下鉄の便利なマップ

週末の24時間運行が実施され話題になったロンドン地下鉄。最近ずいぶんマシになって、急な運行停止や行き先変更は少なくなったものの、週末に整備や改装などで閉まっている駅や路線もあります。

ロンドン地下鉄

ロンドン地下鉄のマーク。年代によっていろんなデザインがあります。

ロンドン交通局も「歩いた方が早いし確実」と銘打ってウォーキング用の地図を出しています。自分たちで地下鉄は信頼できないと言っているような?気もしますが(笑)、便利そうなので紹介します。

こちらのマップは同じ線の地下鉄駅の間を歩いたときにかかる時間(分)が表示されています。

例えば、当ゲストハウスの最寄り駅「グレート・ポートランド・ストリート」から「ベイカー・ストリート」までは、徒歩約13分、「オックスフォード・サーカス」から「ピカデリー・サーカス」までは、徒歩約12分。

Walking times between stations on the same line
http://content.tfl.gov.uk/walking-tube-map.pdf

グーグルマップなどで検索すれば、徒歩での時間などもすぐにわかると思いますが、地図でロンドン全体として一目でわかるので、計画が立てやすいのではないでしょうか?

地下鉄の車内

新しい車両は、荷物置き場も広くベビーカーや車いすも安心。行き先が表示されます。

そしてこちらはロンドン中心部の主要駅間の徒歩の時間と歩数を表にしたものです。

Central London journeys that could be quicker to walk
http://content.tfl.gov.uk/walking-tube-map-journey-times.pdf

地下鉄に乗り換えがあると結構時間がかかってしまうので、歩いた方が早い場合があります。
例えば、イースト・ロンドンのトレンディ・エリア「ショーディッチ・ハイ・ストリート」には地下鉄駅はなくオーバーグラウンド駅になってしまい少々わかりにくいのですが、「リバプール・ストリート」からだと歩いて約12分。当ゲストハウスから行かれる場合にも、サークル、ハマースミス&シティ、メトロポリタンなどで、「リバプール・ストリート」+徒歩の方がおすすめです。(またはバス205番1本でも行けます)


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

バックナンバー

リージェンツ・パークの野外劇場

ロンドンの夏の風物詩、リージェンツ・パークの野外劇場がオープンしています。今年は、例年になく暑い日が続き、お天気の心配があまりないので、野外で行われるイベントには最適の年ですね。

イギリスの病院

海外に来て一番避けたいのは体調を崩し、慣れない土地で病院へ行くことだと思いますが、イギリスでの医療システムを少し紹介します。

ミステリアスなローマ時代の神殿跡、ロンドン・ミトラエウム

金融街シティに新しく出来たブルームバーグ社のビル内にあるギャラリースペースにある、ローマ時代の神殿跡「ロンドン・ミトラエウム」を紹介します。

エリザベス女王の公式誕生日をお祝いする「トゥルーピング・ザ・カラー」の楽しみ方

エリザベス女王の公式誕生日を祝う、初夏のイベント「トゥルーピング・ザ・カラー」のオススメの楽しみ方を紹介します!

ビュッフェ形式のベジタリアン・レストラン「Tibits」

旅行中、野菜が不足していると感じたり、ひとりでサクッと食べたいな、というときにぴったりなビュッフェ形式のベジタリアン・レストラン、ティビッツを紹介

イギリスのお天気と服装

イギリスは、サマータイムもはじまり日は延びたものの、はっきりしないお天気が続いています。春爛漫の日本からイギリスへの旅行となると服装をどうしようかとお悩みになるのではないでしょうか?