おすすめフィッシュ&チップス店「メイフェア・チッピー」

先日、オックスフォード・ストリート近くのフィッシュ&チップス店「メイフェア・チッピー(The Mayfair Chippy)」にいってきました。英国では、フィッシュ&チップスのお店のことを親しみを込めて「チッピー」と呼びます。

ボンド・ストリート駅で下車し、マークス&スペンサーのある十字路、南側の通りNorth Audley Streetを下ること5分、左手にあります。通りすぎてしまいそうなほど小さな入り口なので、お気をつけください。

こじんまりとした居心地のよい店内です。

魚は定番の白身魚、コッド、ハドック、プレイスから選び、タルタルソース、レモンが添えてあります。もちろんテーブルの上にはソルト&ペッパー、イギリス人の愛するモルト・ビネガーもありますのでお好みでどうぞ。

ビールの入った衣もカラッと揚がっていて、チップス(フライドポテト)はカリカリのホクホク!ペロリと平らげました。

Mayfair Chippy

カラッと揚がったフィッシュ&チップス

フィッシュ&チップス以外にも、牡蠣やカニ、ムール貝、フィッシュケーキや、シェパーズ・パイなどもあるようなので、冒険したい方は、試してみるのもよいかもしれません。

飲み物は、ビールやワイン、各種ソフトドリンクもありますが、無料のタップ・ウォーター(Tap Water=水道水、無料)だけでもOKです。

買い物の途中や帰りに寄って、ササッとランチや夕食を済ませるのに最適です。フィッシュ&チップスが恋しくなったらこちらのお店を試してみてください。

Mayfair Chippy
14 N Audley St, Mayfair, London W1K 6WE
http://www.mayfairchippy.com

 

  • 1
    Share

ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

バックナンバー

おすすめ中華レストラン「フェニックス・パレス」

当ゲストハウスからも近く、ベイカー・ストリートにある中華料理のお店「フェニックス・パレス」を紹介します。

イギリスのトイレ事情

日本の素晴らしいトイレの足元にも及びませんが、イギリスでも少しずつ改善してきたトイレ事情について紹介します。

ヨーロッパの格安航空会社、ライアンエアーやイージージェットを利用するときの注意事項

安さが売りのバジェット・エアライン(LCC)、イギリスで多く利用されているイージージェットとライアンエアーについて、注意点をまとめてみました。

リージェンツ・パークの野外劇場

ロンドンの夏の風物詩、リージェンツ・パークの野外劇場がオープンしています。今年は、例年になく暑い日が続き、お天気の心配があまりないので、野外で行われるイベントには最適の年ですね。

イギリスの病院

海外に来て一番避けたいのは体調を崩し、慣れない土地で病院へ行くことだと思いますが、イギリスでの医療システムを少し紹介します。

ミステリアスなローマ時代の神殿跡、ロンドン・ミトラエウム

金融街シティに新しく出来たブルームバーグ社のビル内にあるギャラリースペースにある、ローマ時代の神殿跡「ロンドン・ミトラエウム」を紹介します。