リージェンツ・パークのバラ園「クイーン・メアリーズ・ガーデン」Queen Mary’s Gardens

今回は、ロンドンのバラ園でも一番有名なリージェンツ・パーク内にある、クイーン・メアリー・ガーデン(Queen Mary’s Gardens)を紹介します。当ゲストハウスからも歩いて約10分。朝夕の散歩にもぴったりです。

ジョージ5世の妻、メアリーにちなんだこの公園は、1932年に一般公開され、バラ園は1934年に完成しました。以来、毎年6月はじめには、おおよそ12,000もの色とりどりのバラが開花し、多くの訪問者を楽しませてくれます。

6月下旬のある晴れた日、散歩がてら訪れていましたが、それは素晴らしい景色で、うっとりするバラ香りに包まれて、まるで楽園!

バラ園

広い敷地にたくさんのバラ

バラ園

黄色のバラ

たくさんの品種のバラがあり、おもしろい名前や著名人の名前がついているので、時間があればひとつひとつ確認してみてください。

Ingrid Bergman

こちらの深紅のバラはイングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman)

Keep Smiling

この黄色いバラはキープ・スマイリング(Keep Smiling)

バラに囲まれたベンチで、甘い香りに包まれながら、読書したり、手紙を書いたり、おしゃべりしたり、それぞれの楽しみ方でゆっくり過ごすのもいいですね。

バラに囲まれたベンチ

バラに囲まれたベンチ

公園内に、軽食のあるカフェもありますので疲れたら、そちらで一息ついて鳥の声を聞きながら休むのも素敵です。

カフェ

ケーキの種類もたくさん

当ゲストハウスからの行き方ですが、玄関をでて通りの右手斜め先、一番近い入り口、Chester Terranceを横切り、公園内入り口からChester Roadをまっすぐ進むとクイーン・メアリーズ・ガーデンの入り口に突き当たります。グーグルマップを参考にしてください。


バックナンバー

ロンドン地下鉄駅の注意喚起

現在、ロンドンの地下鉄駅に張り出されている注意喚起です。不審物を見かけたら、持ち主がいるかどうか確認し、持ち主がいないようであれば、スタッフや警察にすぐに連絡しましょう。

秋の割引キャンペーン!全室10%OFF

観光客の少なくなったこの時期に、イギリスの秋を体験しにお越しになりませんか?観光、観劇、サッカー観戦にも良いシーズンですよ。当ゲストハウスでは、秋の割引キャンペーン実施中です。

ジェーン・オースティンの新10ポンド札

ここのところ頻繁にお札やコインの変わるイギリスですが、9月14日には新しい10ポンド札がお目見えしますので、ご紹介します。

ロンドン南西部の憩いの場、チジック・ハウス&ガーデンズ Chiswick House & Gardens

市民の静かな憩いの場、ロンドン南西部にあるチジック・ハウス&ガーデンズを紹介

安全なイギリス旅行のために

英国は比較的治安が良いとはいえ、スリ、ひったくり、詐欺などは、残念ながら珍しい話ではありません。楽しい旅行のために、被害事例、注意事項をまとめました。

日帰りで楽しめる、中世の館「ハットフィールド・ハウス」

ロンドンから日帰りで行ける、イングランドの歴史が詰まった中世の館「ハットフィールド・ハウス」を紹介します。

おすすめフィッシュ&チップス店「メイフェア・チッピー」

買い物帰りに気軽に立ち寄れるオックスフォード・ストリート近くのフィッシュ&チップス店「メイフェア・チッピー」をご紹介します。

ロンドン、夏のイベント

夏のロンドンは夜9時、10時くらいまで明るいので、各地で有料、無料を問わず、たくさんのイベントが開催されます。

ヴァージニア・ウォーターへ行ってきました

ハリー・ポッター映画の撮影にも使われた美しい湖「ヴァージニア・ウォーター」をご紹介します。

リージェンツ・パークのバラ園「クイーン・メアリーズ・ガーデン」Queen Mary’s Gardens

今年もゲストハウス近くのリージェンツ・パーク内にあるバラ園が見頃です。日の長いこの季節、お散歩はいかがですか?