エリザベス女王の90歳のお誕生日

エリザベス女王は今年90歳になられました。とてもおめでたいことですね。
さて、皆さまご存知かもしれませんが、女王は誕生日祝いを年2回行います。
女王の本当の誕生日は4月21日ですが、毎年、気候の良い6月の土曜日に「公式誕生日」を祝います。

リージェント・ストリート

リージェント・ストリートもユニオン・ジャックでお祝い

今週は下記のような行事が予定されています。

6月10日(金)Service of Thanksgiving at St Paul’s Cathedral
セント・ポール大聖堂で感謝の礼拝

6月11日(土)Trooping the Colour 女王の公式誕生日祝いの式典
カラフルな装いの音楽隊や、200頭近くの馬にのった衛兵などで軍隊パレードの式典が行われます。ホワイトホール、ホースガーズ・パレードで行われ、BBCでも朝10時から放映されます。

女王はバッキンガム宮殿周辺を豪華な馬車で周った後、午後1時にはバルコニーで英空軍による祝賀飛行(フライパスト)をご覧になるとのこと。ロイヤルファミリー・ファンでしたら、実際に足を運んでみたら雰囲気を味わうことができるかもしれません。(大変な混雑が予想されますので、スリ等にはご注意を!)

ホースガーズ・パレード

ホースガーズ・パレードでは、すでにトゥルーピング・ザ・カラーの準備中

6月12日(日)The Patron’s Lunch チャリティー・ランチ
バッキンガム宮殿前の大通りザ・マルに1万人が招待され、大規模なストリート・パーティーが開催される予定。なんと女王やフィリップ殿下と昼食を共にできるということで、2,000人分のチケットが一般参加者向けに£150で販売されました。(収益はチャリティーに寄付される予定)果たしてラッキーにもそのチケットを手に入れられたのはどんな人たちでしょうね。

ザ・マル

ランチ付きストリート・パーティーが行われるザ・マル。通りの奥にバッキンガム宮殿があります。

実際にこの場所に足を運べない人たちも、ロンドン市内の王立公園などに設置された大型スクリーンを通じてストリート・パーティーの模様を見ることができます。

当日はイギリス国内、それぞれの地域のストリートで女王の誕生日を祝う、小さなパーティーが開催されることでしょう。こんなときには英国の国民がいかにロイヤルファミリーが好きか分かりますね。

今、街中にも女王のお誕生日を祝う特別なデコレーションや記念商品が並び、国旗のユニオン・フラッグを嫌というほどあらゆるところで見られます。

エマ・ブリッジウォーター

マリルボーンにあるエマ・ブリッジウォーター

フォートナム&メイソン

エリザベス女王の在位期間最長記録をお祝いしたフォートナム&メイソンスペシャル・ブレンド

記念品にご興味ある方は、ロイヤル・コレクション・ショップもあります。
http://www.royalcollectionshop.co.uk/gifts/the-queen-s-90th-birthday.html


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

タグ一覧
おみやげお出かけお知らせお金ご挨拶ひとり旅アドバイスアートイギリスの夏イギリスの花イギリスの食べ物イギリス料理イベントイミグレーションイルミネーションイングリッシュ・ヘリデージイースターエアコンエンタメオープン・ハウス・ロンドンカフェガイ・フォークスガーデンキャッシュレスキャンペーンキリスト教ギャラリークリスマスクロスレールグリニッジグルメケンウッド・ハウスゲストハウスコベント・ガーデンコンタクトレスコーニッシュ・パスティサッカーシアターシャーロックショッピングスポーツスーパーセントポール大聖堂セント・パンクラスチョコレートデザインデザートトイレドラマハムステッドハリー・ポッターバスバレンタインデーバーパンケーキパークビスケットビッグベンフィッシュ&チップスフルーツブラッスリーブランチベジタリアンボンド・ストリートポンドマリルボーンマーケットミュージアムミュージカルユーロスターリージェンツ・パークレストランロイヤルファミリーロケ地ワイン世界遺産中東料理中華料理交通入国公園円高冬時間劇場博物館図書館国会議事堂地下鉄夏日夏時間大晦日・新年大気汚染天気安全建築復活祭挨拶散歩散策文学新年旅行日帰り旅行時間切り替え歴史気候王室環境問題病院眺望空港紅葉自然航空券花火花粉症英国の習慣英語薬局街歩き観光観劇邸宅銀行食べ物食事食文化高所
バックナンバー

イギリスで不思議に思うこと

今回は、人によって感じ方は違うかもしれませんが、私自身がイギリスで生活していて不思議に思った習慣について書いてみました。

【注意喚起】ロンドンで出没する偽警官にご用心ください!

最近、当ゲストハウスの周辺で、また偽警察が頻繁に出没しているそうです。英国に来られる方々に注意していただきたいと思い、ブログに書きました。

ゲイフレンドリーな都市、ロンドン

現在のイギリスでは、カフェで働くトランスジェンダーの人、知り合いの同性婚、テレビでも同性カップルはよく見かけますし、LGBTQコミュニティは自然に社会に溶け込んでいます。

オープンハウス・ロンドン 2019

年に一度の人気イベント「オープンハウス・ロンドン」が今年は9月21日(土)、22日(日)に開催されます。ロンドンの歴史的建造物や公共施設、優れたデザイン建築などの内部800件以上が無料で一般公開されます。

イギリスのフルーツのお話 – 追熟と完熟

夏はフルーツのおいしい季節。イギリスでもイチゴ、ラズベリーなどのベリー類のほかに、ネクタリン、桃、アプリコット、プラム、色鮮やかなフルーツがスーパーや八百屋に並びます。

ダンキングとは?イギリス流ビスケットの食べ方

イギリスのティータイム、コーヒーブレイクのお供と言えば、断然ビスケットですが、イギリス流のビスケットの食べ方、「ダンキング Dunking」をご存じですか?