ミステリアスなローマ時代の神殿跡、ロンドン・ミトラエウム

ロンドンの金融街、シティの辺りは昔々、ローマ人がロンドニウムという街を作ったところで有名です。前にもクロスレールの工事の掘削作業で地中からさまざまなものが出土したことはブログに書きましたが、今回は、金融ニュースを配信するブルームバーグ社ヨーロッパ本拠地の建物の中にある、ローマ時代の神殿跡「London Mithraeum(ロンドン・ミトラエウム)」をご紹介します。

1954年に偶然見つかったこの神殿跡は、そのまま他へ移されていたようですが(ミトラス像の頭部はロンドン博物館へ)、去年、ブルームバーグの新しい社屋の完成と共に、元あった場所へ再移転したのだそうです。

見学は無料ですが、ウェブサイトからチケットを予約(時間制)する必要があります。当日でも充分空きがあるので、ちょっと時間が空いた時に立ち寄ることも可能です。

地下鉄キャノン・ストリート駅から歩いて2、3分のところにある、ブルームバーグのビルは、「ガーキン」やロンドン市庁舎も手がけた有名な英国人建築家ノーマン・フォスター卿によってデザインされ、2017年の秋にオープンしました。

ブルームバーグ

ガラス張りの入り口でチケットをスキャンしてもらった後、スタッフから説明がありタブレットを渡されます。入るとすぐにコンテンポラリー・アートの展示、部屋の一角にあるショーケースには、発掘の際に出てきたローマ時代の出土品が展示されています。それぞれの展示品は、タブレットで詳しい説明を読むこともできます。

コンテンポラリーなアート作品

ローマ時代

ひと通り見終わったらタブレットを返却し、下の階に進みます。階段の左右の黒い大理石の壁に、1941年からローマ時代の終わったAD410年までの地層が分かるように表示されています。現在の位置から7メートルもの深さとなっているそうです。

階下では、信仰された神ミトラスの説明を女優のジョアナ・ラムリーさんのナレーションで聞くことができ、またタッチパネルで検索することもできます。神殿跡に入るまでここでしばらく待ちます。

実はミトラスの事は現在でもあまり多くのことは分かっていなく、謎に包まれたままのようです。ペルシャあたりが起源でローマに来た男性のみが信仰したカルト宗教だとか。イタリアにあるミトラス像は牛の上にまたがり、牛をナイフで突き刺す姿です。まわりには12星座を彷彿させるものや、太陽、月なども施されているため、宇宙全体を表しているとの説もあります。

スタッフの指示を待って、いよいよ神殿跡に入ります。規模は決して大きくはありませんが、かなり暗い中、神殿跡の周りを歩いていると、突然徐々に灯りがつき始め、人の声や祭壇でお祈りをしている音が流れます。気がつくと靄までかかっています。この特殊効果がとても上手くできていて、口では表現できない不思議なセンセーションに襲われた自分がいました。うーん、ミステリアス!

神殿

ミトラス

ローマ時代の遺跡やロンドンの歴史に興味のある方、ミステリアスな体験がしたい方(?)は、ぜひ足を運んでみてください。また、ここから少し歩いてロンドン・ブリッジを渡れば、バラ・マーケットです。その他、セントポール大聖堂やテート・モダンなどもすぐ近くですので、このあたりの観光を予定している方は立ち寄るのもいいかもしれません。

London Mithraeum Bloomberg Space
12 Walbrook London, EC4N 8AA
火 – 土 10:00〜18:00 / 日 12:00〜17:00
第一木曜日10:00〜20:00
休:毎週月曜日、クリスマス、元旦
https://www.londonmithraeum.com


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ロンドン大晦日の花火大会 London New Year’s Eve Fireworks

1年を締めくくる人気イベント、ロンドンの大晦日の花火大会は、年々観覧客が多くなったことなどから安全性確保のためもあり、数年前から有料チケット制になっております。

ロンドンの花火大会チケット

いくつかのブロックはすでに売り切れていますので、年末にお越しになる方はお早めにチケットを公式サイトからご予約くださいませ。

お一人様10ポンドで4枚まで購入可能です。チケットがない方は一定の観覧エリアに立ち入ることができませんので、ご注意ください。

チケットを買った代表の方は、入場する際にパスポートなどの写真付きの証明書の提示が必要となります。コピーをお忘れなくご持参ください。

チケット販売公式サイト
London New Year’s Eve Fireworks Tickets
SUNDAY, 31 DECEMBER 2017
https://www.seetickets.com/content/london-new-years-eve-fireworks

なお、この花火のためにテムズ川岸周辺では交通が規制されます。ウェストミンスター、エンバンクメント、チャリング・クロス駅も封鎖され利用できなくなりますので、歩きやすい靴でお出かけください。

花火が終わり、年が明けると、隣にいる人と手を繋いで蛍の光を合唱します。英語で歌えるよう歌詞を覚えておくと、気分も盛り上がるかもしれませんね。

会場はかなり混み合いますので、スリや落とし物などにはくれぐれもお気をつけくださいね。


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

日帰りで楽しめる、中世の館「ハットフィールド・ハウス」

ロンドン市内から電車で約1時間弱、日帰り旅行にぴったりの「ハットフィールド・ハウス(Hatfield House)」をご紹介します。

ハットフィールド・ハウスは、イングランドの歴史的・文化的建物や施設を保護する団体、イングリッシュ・ヘリテージ(English Heritage)の管理下にあります。

15世紀後半にビショップ(位の高い聖職者)のために建てられたカントリー・ハウスで、その後、テューダー朝第2代のイングランド王ヘンリー8世により王室のものとなり、メアリー1世やエリザベス1世などがこの館で育ちました。そして、17世紀には貴族で政治家だったロバート・セシルがこの地を手に入れて、以後はセシル家所有となっています。

ハットフィールド・ハウス(Hatfield House)

現在、敷地内には主館と、ビショップ館がありますが、ビショップ館がもともとの建物で、イーリー大聖堂の聖職者たちの住居として建てられ、その後ヘンリー8世が別宅として使用していました。その後、この建物は一部壊されて改築されたそうです。(このビショップ館の厩や門は現在、カフェレストランとして使用されています)また主館の方は1607-1612年にロバートセシルによって新たな3階建のカントリーハウスが建てられました。この建物はジェームス1世様式建物としてはイングランドで5本の指に入る貴重なものだそうです。

最寄り駅のハットフィールド駅を出ると入り口門はすぐ目の前です。入場券を購入し、敷地内の地図がありますので、ここで入手します。

ハットフィールド公園はハウスの敷地と庭園を含めて約7500㎡、公園内にウォーキング・ルートもありますが、かなり広いので、徒歩でまわるのはちょっと無理かもしれません。とりあえずハウスへ向かいます。

お天気が良い日で、途中ジョギングをする人や、ピクニックをしている家族を沢山みかけました。

主館へ入ると、ガイドさんが迎えてくれました。質問すると詳しく説明してくれるガイドさんが各所にいらっしゃいます。

ハットフィールド・ハウス

メインの館

エリザベス1世の1枚の絵画を見つけました。エリザベス1世が虹を手にしている有名な肖像画「虹の肖像(The Rainbow Portrait)」です。この絵にはいろんな意味が込められているそうです。

エリザベス1世

左)『虹の肖像』虹を手にしたエリザベス1世の肖像画(The Rainbow Porait, c. 1600–02, attrib. Marcus Gheeraerts the Younger)右)The Ermine Portrait, William Segar, 1585. Elizabeth as Pax.

ガイドさんにこの意味を聞いてみたところ、 虹は創世記に平和の象徴、神と人間の契約の証とされ、ひとつには彼女が国家に平和をもたらす、また、もうひとつの意味は、ラテン語に「太陽無くして虹は無し(non sine sole iris)」という言葉があり、「太陽=エリザベス女王」であり、この虹がくっきり描かれていないのは、そのためではないかと言われているそうです。

さらに面白いのは、エリザベス女王の服の腕の部分の刺繍が蛇の姿が描かれていたり、ドレスの模様に目や耳が描かれていたりと、キリスト教的な象徴が散りばめられています。

蛇や目と耳は女王の叡智、賢明さを示しているのだそうです。

「この絵が描かれた時のエリザベスは何歳だったと思いますか?」とガイドさんに聞かれ、エリザベス1世は年を取っても若くシワのない肖像画に仕上げさせる話は有名でしたが、検討もつきませんでした。答えばなんと67歳!だったそうです。

館内には、図書室、チャペル、ドローイングルーム、ダイニングルーム、ベッドルーム、鎧などが並ぶ回廊、召使たちが食事を作るキッチンなど、こじんまりとはしていますが、見ごたえがあります。

ハットフィールド・ハウス

左)The Marble Hall 右)The Long Gallery

ハットフィールド・ハウス

重厚な雰囲気の図書室と絵画がたくさん飾られたドローイング・ルーム

ハットフィールド・ハウス

チャペルとキッチン

手紙

エリザベス1世の手紙

旧館のかつての厩が現在、モダンで明るく開放的な広々したカフェやギフトショップ、お手洗いなどになっています。

かつての厩

かつての厩は、カフェやショップなどになっています

敷地内のお庭も見事です。季節によって、チューリップ、水仙、カモミール、ハーブガーデン、バラなどが楽しめます。

庭

きれいに手入れされた庭

ハットフィールド・ハウス

噴水もあります

日差しを避けながら庭の周りを歩ける緑のトンネルのようなわき道もありました。その傍らにはエリザベス1世と家来たちの彫刻もあります。

緑のトンネル

緑のトンネル

ハットフィールド・ハウス

エリザベス1世と家臣たちの彫刻

イギリスの歴史に思いをはせながら、館内と庭を見学しながら、ゆったりした時間を過ごすことができるおすすめの日帰り旅行です。

ハットフィールド・ハウスへの行き方ですが、当ゲストハウスからも近いキングスクロス駅から、最寄駅のハットフィールド駅まで電車で約40分、駅の目の前、と大変便利です。(週末は特に電車の運行状況を確認してからお出かけください)

ハットフィールド駅

ハットフィールド駅

施設や季節によって開館日・時間が違いますので、お出かけ前にウェブサイトでご確認ください。

ハットフィールド・ハウス
Hatfield House

Opening Times & Prices

電車の時間はナショナル・レイルのサイトでチェック
http://www.nationalrail.co.uk/


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

グリニッジ散策 – 歴史ある河港都市

ロンドンの南東部に位置し中心部からは少し離れているので、ちょっとした遠足気分になるグリニッジ。18世紀に貿易港として繁栄した歴史ある河港都市で、ユネスコ世界遺産にも登録されています。その名残で今でも街のいたるところに船や水、そして7つの海を制するのに必要だった天文学に関するモチーフを見ることが出来ます。

興味深い史跡、ミュージアム、マーケットもあり、観光も買い物も充実した1日を過ごせること間違いなし!数え切れないたくさんの見所がありますので、おもな観光スポットを紹介していきます。

カティ・サーク号 Cutty Sark
http://www.rmg.co.uk/cutty-sark

駅を出て、広場に行くと目に入るのがまずはこちらの帆船、19世紀に中国からイギリスまで紅茶を運んだカティ・サーク号。焼失などのいろいろな歴史を辿って、現在は内部が博物館(有料)とショップになっています。紅茶やカティ・サークに関するおみやげがいっぱい。

カティーサーク号

ティークリッパー「カティーサーク」

トワイニングの紅茶

カティー・サーク号がデザインされたトワイニングの紅茶

国立海洋博物館 National Maritime Museum
http://www.rmg.co.uk/national-maritime-museum

船に関する展示がたくさん。おもしろい船首のコレクションや、2階の「Great Map」は床いっぱいに巨大な世界地図が描かれており、自由に駆け回る子どもたちや、学校の課外授業の生徒グループも見かけます。入場無料。

National Maritime Museum

国立海洋博物館(National Maritime Museum)

Figure Head

船首のフィギュアヘッドいろいろ

また、この博物館には、1822-24年に英国人画家ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーによって描かれた 「トラファルガーの戦い」 を飾った特別室もあります。

こちらのミュージアム・ショップも充実。

旧王立海軍学校 Old Royal Naval College
https://www.ornc.org

セントポール大聖堂を手がけたクリストファー・レンの建築デザイン。2つのドームが特徴的です。テムズ川の向こう岸にはビジネス街カナリーウォーフの高層ビルが見えます。

旧王立海軍学校

クリストファー・レンがデザインしたツインドームが特徴的

写真向かって左が、「ペインティッド・ホール(The Painted Hall)」、右が礼拝堂(Chapel)になっています。

礼拝堂

ネオ・クラシカルな装飾が美しい礼拝堂

かつて食堂やバンケットルームとして使われた豪華な天井画と壁画が有名な、ペインティッド・ホールは、現在修復中ですが、作業用の足場に登って天井画を間近に見る天井ツアー(有料)も開催されていますので、もしチャンスがあれば参加してみてください。他ではなかなか出来ない体験です。 https://www.ornc.org/history-of-the-painted-hall

The Painted Hall

天井ツアー

クイーンズ・ハウス Queen’s House
http://www.rmg.co.uk/queens-house

国立海洋博物館のお隣にあるのが、修復後、昨年リニューアル・オープンしたクイーンズ・ハウス。1638年に完成したクイーンズ・ハウスは、おもに王家の別荘として使われていました。

Queen's House

クイーンズ・ハウスは国立海洋博物館のとなり

王や女王の肖像画の他、天文時計や航海に使われた食器類など展示物もたくさん。「チューリップ階段(Tulip Stairs)」と呼ばれるらせん階段がとても美しいです。入場無料。

チューリップ階段

チューリップ階段と名付けられていますが、実際はフランスから嫁いだヘンリエッタ・マリアのためのフランス王家の花であるユリの花ではないかと言われています

グリニッジ・マーケット Greenwich Market
http://www.greenwichmarketlondon.com

毎日朝10時〜午後5時までオープン。世界各国のストリートフード、スイーツ、アクセサリー、クラフト、雑貨などが軒を連ねます。

Greenwich Market

グリニッジ・マーケット

ラーメンバーガー

ラーメン・バーガー!

グリニッジ天文台 Royal Observatory
http://www.rmg.co.uk/royal-observatory

1675年にイングランド国王チャールズ2世が設立した王立天文台。実際には観測などは行われず、史跡、博物館として使われています。経度ゼロのグリニッジ子午線をまたいで記念写真を撮るの人々で賑わっています。

グリニッジ天文台

グリニッジ天文台

24時間時計

世界標準時を表示する24時間時計

グリニッジ・パーク
https://www.royalparks.org.uk/parks/greenwich-park

お天気のよい日には、ピクニックを楽しむ人々で賑わいます。丘の上には、カフェやテニスコート、八重桜の並木、その奥には、ローズ・ガーデンの美しいアートギャラリー「レンジャーズ・ハウス(Ranger’s House)」があります。

グリニッジの丘から

グリニッジの丘からの眺め

桜並木

八重桜の並木

パブやティールームなど食べ物関連

有名なパイ&マッシュのお店「Goddards」
ウナギのパイなどロンドン庶民の昔ながらの料理が楽しめます。
22 King William Walk Greenwich, London SE10 9HU
http://www.goddardsatgreenwich.co.uk

pie & mash

1890年創業の老舗のパイ&マッシュのお店

テムズ川岸のパブ「Trafalgar Tavern」
http://www.trafalgartavern.co.uk
Park Row  London SE10 9NW

疲れた足を休め、テムズ川を眺めながら一杯やるのもいいですね。フィッシュ&チップス、バンガーズ&マッシュなどのパブ飯もあります。

パブ「トラファルガー」

テムズ川岸のパブ「トラファルガー」

パブ

テムズ川を眺めながら一杯。ローストものやフィッシュ&チップスなど食事も出来ます

クリームティーでひと休み「Peter de Wit’s Café」
21 Greenwich Church St, London SE10 9BJ
http://www.peterdewitscafe.co.uk

お茶の時間

スコーンとキャロットケーキ

スタバ

グリニッジのスタバには、船のハンドル「舵輪」が飾られています

グリニッジの水

グリニッジのラベルのついたミネラルウォーター。ただし中身はデヴォンの水だそうです


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

おすすめのガーデン&公園、フラム・パレス(Fulham Palace)へ行ってきました

ロンドン市内で気軽に足を運べるおすすめの場所のひとつ、フラム・パレスを紹介します。

このフラム・パレスはロンドンの西部、パットニー・ブリッジ(Putney Bridge)に近いテムズ川沿いに位置しています。サッカーの元日本代表の稲本潤一選手も在籍したフラムFCの本拠地「クレイヴン・コテージ」のすぐ近くです。

フラム・パレス

「パレス」といっても宮殿のような建物ではなく、中世の時代からロンドンの歴代のビショップ(司教)の所有地だったもので、おもに彼らの夏の別荘として使用され、現在は歴史的建築物の保護リストに指定されています。中にはちょっとした博物館もあるようです。

見どころはなんといっても敷地内にある「ウォールド・ガーデン(The Walled Garden)」。その名の通り、壁で囲まれていて、小さな門をくぐると、美しい庭が広がっています。

ガーデンの入り口

ガーデンの入り口

先週末は、ちょうど名物の藤の花が満開でした。庭を横切るように全長約40mもある圧巻の藤は、ヴィクトリア時代からあるそうです。薄紫の繊細な花びらが幾重にも連なって、それはそれは見事でした。

有名な藤

藤の花

なかなか素晴らしいもので、何代ものビショップの中の数名は非常に庭づくりに熱を入れていたそうです。外国からイギリスでは当時珍しかった植物や花を持ち込んだり、女王への献上品となる果物を栽培したりして、次第に規模が大きくなっていったようです。

リンゴの花

リンゴなど果物の木や、野菜なども植えられています

温室

温室もあります

1973年に最後のビショップが退去して以来、「フラム・パレス・トラスト」という団体により管理・運営されています。このトラストは政府の補助を受けておらず、寄付金(個人、企業等)、プライベート用のイベント会場として貸代、カフェ、ショップ等の売り上げで収入を賄っているそうです。私が訪れた先週末も、個人の結婚披露宴の会場として使用されていたようで、大勢の人たちが出入りしていました。

藤の花

中にはカフェがあります

私の他にも本格的なカメラで写真を撮る人を見かけました。植木や果樹、苗木の世話をするガーデナーたちが忙しく働いていらっしゃいました。また別の季節に違う種類の花々や植物を楽しみにくるのもいいでしょう。

ゆっくり庭を満喫した後は、館内のドローイングルーム・カフェで美しい庭を窓から眺めながらティー・タイムを楽しむことができます。壁には、このハウスの歴史を感じさせる写真や絵画が飾ってありました。

またフラム・パレスに隣接したビショップス・パーク(Bishop’s Park)は、テムズ川沿いのステキな散歩道です。道沿いには大きな木々が沢山並んで木のアーチになっていて、ジョギングや犬の散歩をする人たちいます。対岸はパットニー・エンバンクメント。

テムズ川

テムズ川

散歩道

フラム・パレスの入り口のすぐ近くにある「The Palace Gardener」というガーデン・センターものそいてみました。ありとあらゆる種類の人気の花、木、苗木、種、土、用具はもちろん、ピクニック用品や可愛らしい置物や小物までそろっていて、見ているだけでも楽しくなります。ちょっとした軽食もいただける、明るく開放的なカフェもあるので、こちらでひと休みするのもよさそうです。

ガーデンセンター

見るだけでも楽しい!

The Palace Garden

ガーデンセンターのカフェ

明るく開放的なカフェもあります

日の長いイギリスの初夏、人混みを避けて少し足をのばせば、ここフラム・パレスとビショップス・パークでゆったりとした時間を過ごせると思います。

機会があればぜひどうぞ!

最寄りの地下鉄駅、Putney Bridge(ディストリクト・ライン)からは徒歩約10分。
バスは74、220、430がすぐ近くまで行きます。外を眺めながらゆっくりバスの旅もいいものです。

Fulham Palace
http://www.fulhampalace.org

The Palace Gardener
http://www.palacegardener.com


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

バックナンバー

冬の割引キャンペーン:2019年1月7日〜2月10日、全室10%オフ!

来年2019年1月7日から2月10日まで、全室10%オフのキャンペーンを開催します!是非この機会ご利用くださいませ。

キャッシュレスが進むイギリス

街から銀行がどんどん減少し、キャッシュレスがどんどん進んでいるイギリスの現状をお伝えします。

おすすめ中華レストラン「フェニックス・パレス」

当ゲストハウスからも近く、ベイカー・ストリートにある中華料理のお店「フェニックス・パレス」を紹介します。

イギリスのトイレ事情

日本の素晴らしいトイレの足元にも及びませんが、イギリスでも少しずつ改善してきたトイレ事情について紹介します。

ヨーロッパの格安航空会社、ライアンエアーやイージージェットを利用するときの注意事項

安さが売りのバジェット・エアライン(LCC)、イギリスで多く利用されているイージージェットとライアンエアーについて、注意点をまとめてみました。

リージェンツ・パークの野外劇場

ロンドンの夏の風物詩、リージェンツ・パークの野外劇場がオープンしています。今年は、例年になく暑い日が続き、お天気の心配があまりないので、野外で行われるイベントには最適の年ですね。