ジェーン・オースティンの新10ポンド札

ここのところ頻繁にお札やコインの変わるイギリスですが、9月14日には新しい10ポンド札がお目見えしますのでご紹介します。

新しい10ポンド札は15%ほど小さくなり、5ポンド札と同じ素材のポリマーというプラスティック製で、しわになりにくく、破れにくく耐久性があるそうです。

実は5ポンド札が出たときに、原料の一部に動物性油脂を含んでいるため、動物愛護やヴィーガン(菜食主義)の人々が抗議して、署名運動まで起こりました。とてもイギリスらしい話ですね。イングランド銀行側は今後は、動物油脂の入っていない原料でお札を作ることを検討中だそうですが、実現可能かどうかはまだ発表されておりません。

新10ポンド札の裏の絵はチャールズ・ダーウィンから、「高慢と偏見」(Pride and Prejudice、「自負と偏見」という訳もあります)でも有名な英国の作家ジェーン・オースティンに変わります。点字も施され、羽ペンの絵柄がお札の向きで紫からオレンジ色に変わったり、ホログラムの王冠が3Dになっていて、マルチカラーになったりと偽造しにくいように最新の技術を用いたたくさんの工夫が凝らされています。また透かしのところにあるオースティンの眠るウィンチェスター大聖堂の絵は正面がゴールド、裏側はシルバーになっているようです。

オースティンの肖像画は彼女のお姉さんが描いたスケッチを元に後に甥が絵描きに描かせたもので、背景にはお兄さんの住んでいたお屋敷のゴッドマーシャム・パークが描かれていますが、このお屋敷にオースティンはよく遊びに行って、そこで幾つかの小説のインスピレーションを得たとのことです。

Jane Austine

ジェーン・オースティンの肖像画

チャールズ・ダーウィンが描かれた古い10ポンド紙幣は、2018年春頃に市場から徐々に姿を消していきます(正確な日にちは、3ヶ月前には発表になるそうです)。皆様、なるべく古い方のお札は使い切ってご帰国くださいませ。

チャールズ・ダーウィンの旧10ポンド札

ダーウィンが描かれた旧10ポンド紙幣は使い切ってご帰国ください

ちなみに20ポンド札は2020年にポリマーに変わる予定です。

参考リンク「没後200周年・新10ポンド札の顔になったジェーン・オースティン」
http://www.news-digest.co.uk/news/features/16579-jane-austen-200th-anniversary.html


新しい1ポンド・コインは12角形!

新しい1ポンド硬貨の流通が3月28日からはじまりました。これまでの1ポンド硬貨に取って変わります。

新しい1ポンド・コイ

新しい1ポンド・コインの表。英国では「Heads(ヘッズ)」と呼ばれます

新しい1ポンド硬貨の大きさは古い物に比べてやや大きめのようですが、薄く軽くなっているとのこと。形は円形から12角形へ、色は2ポンド硬貨のように金と銀の2色が使われています。

また、ホログラムで見る角度によって「£」のマークだったり、数字の「1」だったりと凝ったデザインになっています。古い1ポンド硬貨のうち40枚に1枚の割合で偽造コインだったらしく、今回はそれを防ぐためにも最新の技術を使った隠された仕掛けがあるそうです。

表の女王陛下は、少しお年を召した横顔に変わりました。裏にはイングランドのバラ(Rose)、ウェールズのリーク(Leek)、スコットランドのアザミ(Thistle)、北アイルランドのシャムロック(Shamrock)の模様細工が描かれています。このステキなデザイン、実は一般公募で6千人の中から選ばれた15歳の男子学生、デヴィッド・ピアースさんの作品。

新しい1ポンド・コイン

こちらは裏面「Tales」と呼ばれます

今回、1ポンド硬貨の刷新により、チケット販売機などの自動販売機などの対応が遅れていて、いろいろな面で支障がでてきそうです。

古い1ポンド・コイン

こちらは古い1ポンドコイン。10月15日までに使い切りましょう

すでに新旧の2種類が出回っている5ポンド紙幣とは違い、古い1ポンド硬貨は、2017年10月15日以降は使用できなくなり、銀行での交換もできなくなりますので、渡英されたら古い1ポンド硬貨はなるべく残さず使い切ってご帰国ください。

また去年からの新5ポンド紙幣の導入により、紙の旧5ポンド紙幣は2017年5月5日に流通から消える予定ですので、それまでにお使いください。(これ以降でも使えるお店はあるかもしれませんが、使えない場合はイングランド銀行などで交換できます)詳細は下記のウェブサイトでご確認ください。

(この新1ポンド・コイン、まだ当ゲストハウスでも見ていませんので、入手でき次第画像を入れますね)

参考ウェブサイト
● 王立造幣局 The Royal Mint
http://www.royalmint.com/
● BBC New £1 coin: What do you need to know about the end of the round pound?
http://www.bbc.co.uk/news/uk-39278501
● イングランド銀行 Bank of England
旧5ポンド紙幣について
http://www.bankofengland.co.uk/banknotes/Pages/default.aspx
http://www.bankofengland.co.uk/banknotes/Documents/£5woltsEnglish.pdf


バックナンバー

おひとり様OK!教会にある「カフェ・イン・ザ・クリプト」

ひとりでも英語に自信がなくても、気軽に入れるセルフサービスのカフェ・レストランを紹介します。

あけましておめでとうございます。

Happy New Year 2018!
新年あけましておめでとうございます。

メリー・クリスマス from London

今年もゲンダイ・ゲストハウスをご利用いただき、ありがとうございました。どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。

光のフェスティバル「ルミエール・ロンドン Lumiere London」

ロンドンで2018年1月18日(木)〜21日(日)開催される光のフェスティバル「ルミエール・ロンドン」を紹介します。

おすすめイタリアン・レストラン「Da Paolo(ダ・パオロ)」

当ゲストハウスからもほど近いグッジ・ストリートにある、正統派イタリア料理のお店「Da Paolo(ダ・パオロ)」を紹介します。

イギリスのクリスマスの飲み物、マルドワイン

クリスマス・マーケットやパブなどでクリスマスの季節、必ずお目にかかる「マルドワイン(Mulled Wine)」と呼ばれるホットワインをご存じですか?

2019年に全線開通予定のエリザベス・ライン(クロスレール)

2009年から始まった、ロンドンに未来の扉を開ける新鉄道「エリザベス・ライン(クロスレール)」のプロジェクトを紹介します。

ロンドンのクリスマス・イルミネーション点灯式

これからの暗いロンドンの秋、冬を明るくしてくれるクリスマスのイルミネーションの点灯式が、毎年あるのをご存知でしょうか?

ロンドン大晦日の花火大会 London New Year’s Eve Fireworks

1年を締めくくる人気イベント、大晦日の花火大会のチケットが販売中です。年末ロンドンで参加予定の方は、お早めにチケットをご購入ください。

イギリスでの買い物とレシートについて

イギリスで物を購入した際に、レシートをもらうと必ず返品ポリシーについて記載があるのをご存知でしょうか?