イギリスの夏と冷房について

夏にイギリスへお越しになるお客様から、最近よくあるお問い合わせは「冷房はありますか?」というものです。

日本の夏の暑さは厳しく冷房は必需品なので、心配される方も多いのでしょう。

残念ながら当ゲストハウスには冷房はありません。

「え?冷房もないの?!」と驚かれるのかもしれませんが、イギリスでは最近でこそエアコンが少し普及してきましたが、まだまだあるところの方が珍しいと思います。

大手のホテルなどは、冷房も完備されている思いますが、ほとんどの小さなホテル、ゲストハウス、B&Bなどには冷房はありません。

冬の長いイギリスでは冷房よりも暖房の方が大事なのです。

ハイドパーク

ハイドパークのカフェ

イギリスも気温が30度を超えるような夏日もあったりしますが、日本のように数週間、数ヶ月も続くことはなく、長くても2週間ほどと言っても過言ではありませんし、それも滅多にありません。そんな訳でイギリスには冷房が普及しませんでした。

しかし、近年の世界的な気候変動のせいで、イギリスでも夏の気温が上昇してきました。日本ほどの湿度は感じませんが、雲がなく晴れて太陽が燦々と輝いている日にはかなり暑く感じます。

天気予報で晴れとでると、イギリス人はもちろん現地に住む人々は大喜び。庭でバーベキューをしたり、ビアガーデンで1杯やったり、公園に寝そべって肌を焼いたり、海辺に繰り出したり。短い夏を思いっきりエンジョイしています。

テムズ河

テムズ河岸のビーチ(?)でくつろぐ人たちも見かけます

ハイドパーク

ハイドパークの人工池、サーペンタインの遊泳区域

暑い日がしばらく続いて文句を言っているのは、地下鉄で通勤している人たちかもしれません。外が30℃を超えるような日には、地下鉄の中では35〜40℃近くまで気温が上がっていると言われます。

地下鉄の中に現在クーラーが完備しているのは、比較的浅いところを走っているディストリクト、サークル、ハマースミス&シティ、メトロポリタンだけとなっています。他のラインは深いために設置が難しく、エアコンを完備するまでには早くても2030年までかかるとのこと。もうしばらく辛抱が必要のようです。

サークルライン

冷房完備の新しいサークルラインの車両

一方、レストランやカフェなどには冷房が完備しているところも増えてきました。しかし、いくら外のお天気が良くて太陽が出ているからと言っても気温が20度ちょっと位しかないのに、冷房をガンガンきかせているところもあったりするので、これはこれでかなり迷惑です。シアターや映画館もガタガタ震えてしまうくらいに冷やされていることもよくあります。

これから夏にお越しになる皆さま、イギリスの夏は半袖服だけでは寒い日もありますので、必ず上から羽織るものをご持参くださいね。

特にスコットランドや湖水地方など北に行かれる方は、フード付きの防水ジャケットやダウンジャケットなどがあってもよいかもしれません。お天気が悪いと、ロンドンよりさらに寒さが厳しくなります。

 


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

タグ一覧
おみやげお出かけお知らせお金ご挨拶ひとり旅アドバイスアートイギリスの夏イギリスの花イギリスの食べ物イギリス料理イベントイミグレーションイルミネーションイングリッシュ・ヘリデージイースターエアコンエンタメオープン・ハウス・ロンドンカフェガイ・フォークスガーデンキャッシュレスキャンペーンキリスト教ギャラリークリスマスクロスレールグリニッジグルメケンウッド・ハウスゲストハウスコベント・ガーデンコンタクトレスコーニッシュ・パスティサッカーシアターシャーロックショッピングスポーツスーパーセントポール大聖堂セント・パンクラスチョコレートデザインデザートトイレドラマハムステッドハリー・ポッターバスバレンタインデーバーパンケーキパークビスケットビッグベンフィッシュ&チップスフルーツブラッスリーブランチベジタリアンボンド・ストリートポンドマリルボーンマーケットミュージアムミュージカルユーロスターリージェンツ・パークレストランロイヤルファミリーロケ地ワイン世界遺産中東料理中華料理交通入国公園円高冬時間劇場博物館図書館国会議事堂地下鉄夏日夏時間大晦日・新年大気汚染天気安全建築復活祭挨拶散歩散策文学新年旅行日帰り旅行時間切り替え歴史気候王室環境問題病院眺望空港紅葉自然航空券花火花粉症英国の習慣英語薬局街歩き観光観劇邸宅銀行食べ物食事食文化高所
バックナンバー

ゲイフレンドリーな都市、ロンドン

現在のイギリスでは、カフェで働くトランスジェンダーの人、知り合いの同性婚、テレビでも同性カップルはよく見かけますし、LGBTQコミュニティは自然に社会に溶け込んでいます。

オープンハウス・ロンドン 2019

年に一度の人気イベント「オープンハウス・ロンドン」が今年は9月21日(土)、22日(日)に開催されます。ロンドンの歴史的建造物や公共施設、優れたデザイン建築などの内部800件以上が無料で一般公開されます。

イギリスのフルーツのお話 – 追熟と完熟

夏はフルーツのおいしい季節。イギリスでもイチゴ、ラズベリーなどのベリー類のほかに、ネクタリン、桃、アプリコット、プラム、色鮮やかなフルーツがスーパーや八百屋に並びます。

ダンキングとは?イギリス流ビスケットの食べ方

イギリスのティータイム、コーヒーブレイクのお供と言えば、断然ビスケットですが、イギリス流のビスケットの食べ方、「ダンキング Dunking」をご存じですか?

イギリスの夏と冷房について

夏にイギリスへお越しになるお客様から、最近よくあるお問い合わせは「冷房はありますか?」というものです。

イギリスの入国カードの廃止と自動化ゲート「eGate」利用可

イギリスに旅行に来られる方にうれしいニュースです。入国時のランディングカードが廃止、自動化ゲートを利用できることになりました!