ロンドン南西部の憩いの場、チジック・ハウス&ガーデンズ Chiswick House & Gardens

チジック・ハウス&ガーデンズはロンドン南西部にある、イングリッシュ・ヘリテージ管理のプロパティのひとつです。

3代目のバーリントン卿(Earl of Burlington)が、ヴェネチアの建築家であるアンドレア・パラディオ(1508-1580)に影響を受けた「ネオ・パラディアン」様式のヴィラ(邸宅と庭園)です。

彼は、「建築家の伯爵」と呼ばれたそうですが、青年期にイタリアへ何度か足を運び、建築の勉強をしたそうです。また音楽もこよなく愛しました。あのヘンデルも彼のところに滞在している期間、2つのオペラを捧げたこともあったそうです。

また、ここの庭園は、ザ・ビートルズが1966年に「Paperback Writer」「Rain」のプロモーション・ビデオを撮影した場所としても知られています。

まずは歩行者用の入り口からガーデンの中に入ります。

Chiswick House

交通の激しい道路から一歩足を踏み入れたとたんに、静寂に包まれた美しいガーデンとなります。

ロンドン市内にありながら、ガーデンは65エーカー、邸宅、イタリアン・ガーデン、メディチ家のものを模倣したヴィーナス像、植物のコンサバトリー(温室)、小さな橋や小川、オベリスク、キッチンガーデン、などを見ることができます。敷地内にはこじんまりしたカフェもあります。

Chiswick House

Chiswick House

カフェ

早速イタリアン・ガーデンへ足を踏み入れます。

Chiswick House

イタリアン・ガーデン

コンサバトリーへ入るとその裏側の小道からつながっているハーブ・ガーデンがあるのですが、日曜日の今日はあいにく閉まっていました。

Chiswick House

コンサバトリー

Chiswick House

温室の素晴らしいデザイン

美しいガーデンの奥へ進むと、カフェ、そしてさらにその奥にハウスがあります。白くどっしりとしたハウスの概観からは良くわかりませんが、内部は八角形となっています。

Chiswick House

Chiswick House

しかしながら、この建物は居住用に作られたものではなかったらしく、たしかに住まいにするにはどこかしら不自由そうです。当時、「住むには狭く、時計を飾るには広すぎる」というコメントもあり用途がはっきりしないそうですが、一説によるとバーリントン卿のヨーロッパ・ツアーの際に収集した絵画が飾られていたことから、アートギャラリー目的ではないか、と考えられているそうです。残念ながら、室内は写真撮影が禁止です。

ハウスを出て左側にさらに進むと小さなカスケイド(滝)、小川と木陰の散歩道が続きます。小川には野鳥の雛がいました。

よく見ると散歩道のあちこちに、ブラックベリーが見られます。ブラックベリーはロンドンでは8月中旬から下旬にかけて旬になり、熟すと黒くなります。熟しているものがありましたので、少し摘み取っていただきました。甘くて美味しいです。

Chiswick House

黒くなったら食べ頃、ブラックベリー

Chiswick House

いかがでしょうか。都会の喧騒を離れて、静かなロンドンを少し楽しみたい方は、是非一度足を運んでみてください。

チジック・ハウス入館には入場料がかかりますが、ガーデンは無料で楽しめます。

また、当ゲストハウスからは、地下鉄駅はTurnham Green駅、オーバーグラウンドの場合はChiswick駅が最寄り駅となります。そこから住宅街を少し歩いたところに入り口があります。

バスの場合は、当ゲストハウスの最寄り駅、Great Portland Street駅前からNo.27のバス1本、「Chiswick Police」のバス停で下車します。そこから徒歩でDuke’s Avenue(住宅街)を下り、Subway(道路下通路)を通って入り口にたどり着きます。

Chiswick House and Gardens
http://chiswickhouseandgardens.org.uk/

ハウス:金~水曜日 4月2日〜 10:00 -18:00 / 10月〜11月10:00-17:00
ガーデン:毎日7:00~夕暮れまで
コンサバトリー:毎日10:00~16:00
カフェ:毎日8:30~ガーデンが閉まる1時間前まで
ハウス入場料:大人£7.20、子供(5-15歳)£4.30、5歳以下は無料
*クリスマス時期などは閉館などもありますので、お出かけの際にはウェブサイトでご確認を
*料金、時間は2017年8月時点での情報です


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

リージェンツ・パークのバラ園「クイーン・メアリーズ・ガーデン」Queen Mary’s Gardens

今回は、ロンドンのバラ園でも一番有名なリージェンツ・パーク内にある、クイーン・メアリー・ガーデン(Queen Mary’s Gardens)を紹介します。当ゲストハウスからも歩いて約10分。朝夕の散歩にもぴったりです。

ジョージ5世の妻、メアリーにちなんだこの公園は、1932年に一般公開され、バラ園は1934年に完成しました。以来、毎年6月はじめには、おおよそ12,000もの色とりどりのバラが開花し、多くの訪問者を楽しませてくれます。

6月下旬のある晴れた日、散歩がてら訪れていましたが、それは素晴らしい景色で、うっとりするバラ香りに包まれて、まるで楽園!

バラ園

広い敷地にたくさんのバラ

バラ園

黄色のバラ

たくさんの品種のバラがあり、おもしろい名前や著名人の名前がついているので、時間があればひとつひとつ確認してみてください。

Ingrid Bergman

こちらの深紅のバラはイングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman)

Keep Smiling

この黄色いバラはキープ・スマイリング(Keep Smiling)

バラに囲まれたベンチで、甘い香りに包まれながら、読書したり、手紙を書いたり、おしゃべりしたり、それぞれの楽しみ方でゆっくり過ごすのもいいですね。

バラに囲まれたベンチ

バラに囲まれたベンチ

公園内に、軽食のあるカフェもありますので疲れたら、そちらで一息ついて鳥の声を聞きながら休むのも素敵です。

カフェ

ケーキの種類もたくさん

当ゲストハウスからの行き方ですが、玄関をでて通りの右手斜め先、一番近い入り口、Chester Terranceを横切り、公園内入り口からChester Roadをまっすぐ進むとクイーン・メアリーズ・ガーデンの入り口に突き当たります。グーグルマップを参考にしてください。


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

おすすめのガーデン&公園、フラム・パレス(Fulham Palace)へ行ってきました

ロンドン市内で気軽に足を運べるおすすめの場所のひとつ、フラム・パレスを紹介します。

このフラム・パレスはロンドンの西部、パットニー・ブリッジ(Putney Bridge)に近いテムズ川沿いに位置しています。サッカーの元日本代表の稲本潤一選手も在籍したフラムFCの本拠地「クレイヴン・コテージ」のすぐ近くです。

フラム・パレス

「パレス」といっても宮殿のような建物ではなく、中世の時代からロンドンの歴代のビショップ(司教)の所有地だったもので、おもに彼らの夏の別荘として使用され、現在は歴史的建築物の保護リストに指定されています。中にはちょっとした博物館もあるようです。

見どころはなんといっても敷地内にある「ウォールド・ガーデン(The Walled Garden)」。その名の通り、壁で囲まれていて、小さな門をくぐると、美しい庭が広がっています。

ガーデンの入り口

ガーデンの入り口

先週末は、ちょうど名物の藤の花が満開でした。庭を横切るように全長約40mもある圧巻の藤は、ヴィクトリア時代からあるそうです。薄紫の繊細な花びらが幾重にも連なって、それはそれは見事でした。

有名な藤

藤の花

なかなか素晴らしいもので、何代ものビショップの中の数名は非常に庭づくりに熱を入れていたそうです。外国からイギリスでは当時珍しかった植物や花を持ち込んだり、女王への献上品となる果物を栽培したりして、次第に規模が大きくなっていったようです。

リンゴの花

リンゴなど果物の木や、野菜なども植えられています

温室

温室もあります

1973年に最後のビショップが退去して以来、「フラム・パレス・トラスト」という団体により管理・運営されています。このトラストは政府の補助を受けておらず、寄付金(個人、企業等)、プライベート用のイベント会場として貸代、カフェ、ショップ等の売り上げで収入を賄っているそうです。私が訪れた先週末も、個人の結婚披露宴の会場として使用されていたようで、大勢の人たちが出入りしていました。

藤の花

中にはカフェがあります

私の他にも本格的なカメラで写真を撮る人を見かけました。植木や果樹、苗木の世話をするガーデナーたちが忙しく働いていらっしゃいました。また別の季節に違う種類の花々や植物を楽しみにくるのもいいでしょう。

ゆっくり庭を満喫した後は、館内のドローイングルーム・カフェで美しい庭を窓から眺めながらティー・タイムを楽しむことができます。壁には、このハウスの歴史を感じさせる写真や絵画が飾ってありました。

またフラム・パレスに隣接したビショップス・パーク(Bishop’s Park)は、テムズ川沿いのステキな散歩道です。道沿いには大きな木々が沢山並んで木のアーチになっていて、ジョギングや犬の散歩をする人たちいます。対岸はパットニー・エンバンクメント。

テムズ川

テムズ川

散歩道

フラム・パレスの入り口のすぐ近くにある「The Palace Gardener」というガーデン・センターものそいてみました。ありとあらゆる種類の人気の花、木、苗木、種、土、用具はもちろん、ピクニック用品や可愛らしい置物や小物までそろっていて、見ているだけでも楽しくなります。ちょっとした軽食もいただける、明るく開放的なカフェもあるので、こちらでひと休みするのもよさそうです。

ガーデンセンター

見るだけでも楽しい!

The Palace Garden

ガーデンセンターのカフェ

明るく開放的なカフェもあります

日の長いイギリスの初夏、人混みを避けて少し足をのばせば、ここフラム・パレスとビショップス・パークでゆったりとした時間を過ごせると思います。

機会があればぜひどうぞ!

最寄りの地下鉄駅、Putney Bridge(ディストリクト・ライン)からは徒歩約10分。
バスは74、220、430がすぐ近くまで行きます。外を眺めながらゆっくりバスの旅もいいものです。

Fulham Palace
http://www.fulhampalace.org

The Palace Gardener
http://www.palacegardener.com


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

イギリス観光のベストシーズン到来!ゲストハウスの庭を紹介

サマータイムに変わって、イギリスにも本格的な春がやってきました
特に今年は雨が少なく、桜などの開花も去年より数週間早い印象です。

当ゲストハウスの庭の八重桜がまさに今、満開!真っ青な空の色に映えます。

ゲストハウスの八重桜

当ゲストハウスの庭の八重桜

そして藤の花も今咲きはじめました。ロンドンの住宅地で、玄関にも藤の花がきれいに咲いているお宅をよく見かけます。

藤の花

クレマチスも咲きはじめました。

クレマチス

クレマチス

そして、こんなかわいいお客様も遊びにきます。

英国人で最も愛されている鳥「ロビン」。日本語ではヨーロッパコマドリと呼ぶようです。きれいな声で高らかにさえずり、とても癒やされます。

ロビン

これからイギリス観光もベストシーズン。公園や、ナショナルトラスト施設の庭、住宅地にもいろんな花が咲いて、日も長く、イギリスをたっぷり満喫できると思います。

夏の空室状況など、お問い合わせもたくさん入ってきておりますので、ご旅行の予定が決まりましたら、どうぞお早めにご予約くださいませ。

● 空き状況のご確認はフォームから
https://gendai-group.co.uk/gendai-guesthouse-enquiry.html

●よくある質問
https://www.gendai-guesthouse.co.uk/faq.html

●ご予約
https://www.gendai-guesthouse.co.uk/book.html

ゲンダイ・ゲストハウスのInstagramでは旬のロンドン情報を更新中です。どうぞフォローしてくださいね!
https://www.instagram.com/london_gendai_guest_house/


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

英国のフラワーショーと王立園芸協会の庭園ウィスリー

今年は春にしては気温の低い日々が続いておりましたが、ここにきていっきに暖かくなってきました。春と言えばガーデニングのシーズンです。ロンドンのように都会に住んでいるとお庭がないことも当たり前ですが、それでも小さなベランダや屋上等の空きスペースを使用してガーデニングを楽しむ人が多くなっています。

最近の傾向はお花や植物だけではなく、野菜を栽培する事が人気のようで、ガーデンセンターや大きなスーパー等では、野菜の種を沢山売っているのをよく見かけます。

今月24日から28日までロンドン市内で恒例のチェルシー・フラワーショーが開催されます。(一般公開は26日以降)
https://www.rhs.org.uk/shows-events/rhs-chelsea-flower-show

チェルシー・フラワーショー

趣向に合わせたデザインガーデンや、人気の植物、新しい品種、珍しい植物、園芸用品などが所狭しと綺麗に並べられ、毎年多くの園芸家を魅了しています。特にこのチェルシー・フラワーショーは大人気で、チケットも安くない割には直ぐに売り切れてしまうこともある程で、入手しにくい事もしばしばです。

フラワーショーと言えばもう一つ、7月5日〜10日までハンプトンコート・フラワーショーがあります。ハンプトンコートはヘンリー8世の宮殿として有名ですが、ロンドンのウォータールー駅から30分で行ける場所にあります。この敷地にある広大な庭園を使用してのフラワーショーで、チェルシーよりも面積も広いので、もう少し余裕をもってショーを楽しむ事もできますし、チケットも当日でも入手可能です。

ところで上記フラワーショーを運営しているRHS(The Royal Horticultural Society)王立園芸協会には、専属の庭園がイングランドに幾つかあります。

ロンドンから近い所では、ウォーキングという地域に広大なWisley(ウィスリー)という名のガーデンがあります。ロンドンのウォータールー駅からKingston(キングストン)まで行って(電車にもよりますが約40分)、そこから Guildfordギルフォード行きのバスNO. 515で行く事ができます。(バスを使用して行く方には入場料が割引になります。)

ウィスリーは色んなセクションに分かれていて、綺麗に整備された庭の他に温室、森、果樹園まであり、お天気の良い日にはピクニックに最適です。敷地内には植物を売っているプラントセンターや、園芸の本や可愛いお土産を売っている売店までありますので、終日楽しめることでしょう。
wisley

ゲストハウスの庭でも、今、Wisteria(藤)の花がきれいです。

ゲストハウスの藤の花


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

バックナンバー

リージェンツ・パークの野外劇場

ロンドンの夏の風物詩、リージェンツ・パークの野外劇場がオープンしています。今年は、例年になく暑い日が続き、お天気の心配があまりないので、野外で行われるイベントには最適の年ですね。

イギリスの病院

海外に来て一番避けたいのは体調を崩し、慣れない土地で病院へ行くことだと思いますが、イギリスでの医療システムを少し紹介します。

ミステリアスなローマ時代の神殿跡、ロンドン・ミトラエウム

金融街シティに新しく出来たブルームバーグ社のビル内にあるギャラリースペースにある、ローマ時代の神殿跡「ロンドン・ミトラエウム」を紹介します。

エリザベス女王の公式誕生日をお祝いする「トゥルーピング・ザ・カラー」の楽しみ方

エリザベス女王の公式誕生日を祝う、初夏のイベント「トゥルーピング・ザ・カラー」のオススメの楽しみ方を紹介します!

ビュッフェ形式のベジタリアン・レストラン「Tibits」

旅行中、野菜が不足していると感じたり、ひとりでサクッと食べたいな、というときにぴったりなビュッフェ形式のベジタリアン・レストラン、ティビッツを紹介

イギリスのお天気と服装

イギリスは、サマータイムもはじまり日は延びたものの、はっきりしないお天気が続いています。春爛漫の日本からイギリスへの旅行となると服装をどうしようかとお悩みになるのではないでしょうか?