おすすめミュージカル「Kinky Boots(キンキー・ブーツ)」

遅ればせながら、ミュージカル「キンキーブーツ」を見てきました。

2013年にブロードウエィでミュージカルとして上演され、この作詞・作曲を手掛けたのがあのシンディー・ローパーなんだそうですね。

キンキーブーツ

劇場がたくさん集まるストランドにあるアデルフィ・シアターで上演中

このミュージカルは2005年のイギリス・アメリカ合作の映画を基にしたもので、さらにその映画のストーリーの原点は、1999年BBC2のドキュメンタリー。閉鎖寸前の小さな家族経営の靴工場、W.J. Brooks 社のスティーブ・ペイトマンが個性的な靴のブランドで会社を立て直す話からヒントを得たものなんだそうです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/キンキーブーツ

物語のあらすじは、イングランド中東部の街、ノーサンプトンにある靴の製造工場「プライス&サン社」の跡取り息子のチャーリー・プライスが主人公。チャーリーは父亡き後、経営不振で倒産寸前の靴工場を継ぐことになります。ひょんなことから出会ったキャバレー歌手でドラァグ・クイーンのローラと共に、工場の労働者や婚約者のニコラとも、ぶつかり合いながらも信頼を築き、会社を立て直していく物語です。

最初はどんなミュージカルなのかな、と静かに見始めたのですが、どんどん楽しくなっていくのでいつのまにか身を乗り出していました。このローラ役の男優さんがとても歌も踊りもうまく、とくにスローテンポの「Not my son」という歌のときには「うーん、本当にうまい!」と久々に唸りました。

後で調べたら、このマット・ヘンリー(Matt Henry)さん、イギリスの音楽オーディション番組「The Voice」の勝ち抜き者の一人で、「ライオン・キング」、「ミス・サイゴン」などの出演経験を持つ人でした。どうりでうまいわけですね。

詳しくは、「キンキーブーツ」UKオフィシャル・ウェブサイトでどうぞ
www.kinkybootsthemusical.co.uk/

Kinky Boots

カラフルな衣装も見どころのひとつ

一緒に行ったミュージカル・マニアの友人も「ひさびさに歌唱力の平均レベルが高いのを見た」とコメントしていました。

特に、工場のチャーリーに恋心を抱く女性従業員が歌う「History of Wrong Guys」もとてもコミカル、シンディー・ローパーらしさが出ていて、とても楽める曲でした。

テンポもよく、コミカルで笑いも多く、パワフル、そして衣装はとてもカラフル、とにかく元気が出るミュージカルです。帰り際に観客のあちこちから「よかったわね」「私これ大好き、とっても気に入ったわ!」というような声が聞こえてました。

若者からご年配の方まで、年齢層もかなり幅広く楽しめる、久々に皆さんにオススメできる圧巻のミュージカルでした。「マンマ・ミーア!」のノリが好きな方にも楽しんでいただけると思います。

ミュージカルのチケットは当ゲストハウスの親会社であるゲンダイ・トラベルにて手配できますので、ご興味おありの方は是非お気軽に日本語でお問い合わせください。

ゲンダイ・トラベル
https://www.gendai.co.uk/tours/theatre-tickets.html


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

おすすめカフェ:コベントガーデン近くのカフェ「Farmstand」

当ゲストハウスには、ひとり旅の方も多くいらっしゃいます。
ひとり旅は気楽でいいのですが、レストランなどは一人で入りにくいこともあります。
かといって、あまり味気ないテイクアウェイはちょっと寂しいですよね。
(英国ではテイクアウトのことはテイクアウェイと言います)

今回は、シアターの集まるコベントガーデン・エリアにある一人でも気軽に入れて、しかも美味しい、
ナチュラル系カフェ「Farmstand(ファームスタンド)」を紹介します。
食材も安全なもの、旬のもの、ローカルのものを使い、グルテンフリー、余分な砂糖は加えていないというのが特徴です。

ファームスタンド

コベントガーデンの近くにあります

ファームスタンド

パックになった果物、サラダ、飲み物など

すでにパックになったサラダなどもありますが、カウンターに行けば、自分で選べる温かいフードがあり、
ランチまたはディナーは、メイン1種+サイド2種、またはサイド3種で£7.50。
メインは、チキン、ビーフ、サーモン、ベジタリアン用、
サイドは、キヌア、グリーンピースとアスパラ、ソバと大根のサラダなどなど、野菜も豊富です。

メイン+サイド2種

メインのハリッサ・チキンとサイド2種

ベジタリアン

ベジタリアン用のロースト・オーバジーン(なす)

自由に飲める水

自由に飲める水はスティルとスパークリング

ソーセージと卵のブリュオッシュなど、朝食も美味しそうなので、今度ぜひ行ってみたいと思います。

Farmstand
42 Drury Lane, London WC2B 5AJ
月〜金:7:30〜9:00
土:9:00〜9:00
日:休
http://www.farmstand.co.uk


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

タグ一覧
おみやげお出かけお知らせお金ご挨拶ひとり旅アドバイスアートイギリスの花イギリスの食べ物イギリス料理イベントイミグレーションイルミネーションイングリッシュ・ヘリデージイースターエンタメカフェガイ・フォークスガーデンキャッシュレスキャンペーンキリスト教ギャラリークリスマスクロスレールグリニッジグルメケンウッド・ハウスゲストハウスコベント・ガーデンコンタクトレスコーニッシュ・パスティサッカーシアターシャーロックショッピングスポーツスーパーセントポール大聖堂セント・パンクラスチョコレートデザインデザートトイレドラマハムステッドハリー・ポッターバスバレンタインデーバーパンケーキパークビッグベンフィッシュ&チップスブラッスリーブランチベジタリアンボンド・ストリートポンドマリルボーンマーケットミュージアムミュージカルユーロスターリージェンツ・パークレストランロイヤルファミリーロケ地ワイン世界遺産中東料理中華料理交通入国公園円高冬時間劇場博物館図書館国会議事堂地下鉄夏日夏時間大晦日・新年大気汚染天気安全建築復活祭挨拶散歩散策文学新年旅行日帰り旅行時間切り替え歴史気候王室環境問題病院眺望空港紅葉自然航空券花火花粉症英国の習慣英語薬局街歩き観光観劇邸宅銀行食べ物食事食文化高所
バックナンバー

イギリスの入国カードの廃止と自動化ゲート「eGate」利用可

イギリスに旅行に来られる方にうれしいニュースです。入国時のランディングカードが廃止、自動化ゲートを利用できることになりました!

改修工事中の国会議事堂とビッグベン

ロンドンといえばビックベン、国会議事堂の風景を思い浮かべる方も多いと思いますが、その象徴的な建物で一部改修工事がはじまっています。

イギリスのイースターあれこれ

いよいよイースター。クリスマスの次に大切な宗教イベントです。今年は少し遅めで、4月19日(金)〜22日(月)と4連休になります。

イギリスの花粉症

イギリスでも花粉症があるのですか?とお客様によく聞かれます。残念ながら、こちらにも「hay fever(ヘイフィーバー)」という名でしっかり存在します。

トライフル – スーパーで買えるイギリスのデザート

皆さま、「トライフル」というイギリスのデザートをご存知でしょうか?フルーツゼリーとカスタードなどを重ねただけのシンプルなデザートですが、これが意外に美味しいのです。

ロンドンの大気汚染対策、超低排出ゾーン「ULEZ」

ロンドンで2019年4月8日から新しく実施される低排出エリア、ウルトラ・ロウ・エミッション・ゾーン「ULEZ」を紹介します。