おすすめミュージカル「Kinky Boots(キンキー・ブーツ)」

遅ればせながら、ミュージカル「キンキーブーツ」を見てきました。

2013年にブロードウエィでミュージカルとして上演され、この作詞・作曲を手掛けたのがあのシンディー・ローパーなんだそうですね。

キンキーブーツ

劇場がたくさん集まるストランドにあるアデルフィ・シアターで上演中

このミュージカルは2005年のイギリス・アメリカ合作の映画を基にしたもので、さらにその映画のストーリーの原点は、1999年BBC2のドキュメンタリー。閉鎖寸前の小さな家族経営の靴工場、W.J. Brooks 社のスティーブ・ペイトマンが個性的な靴のブランドで会社を立て直す話からヒントを得たものなんだそうです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/キンキーブーツ

物語のあらすじは、イングランド中東部の街、ノーサンプトンにある靴の製造工場「プライス&サン社」の跡取り息子のチャーリー・プライスが主人公。チャーリーは父亡き後、経営不振で倒産寸前の靴工場を継ぐことになります。ひょんなことから出会ったキャバレー歌手でドラァグ・クイーンのローラと共に、工場の労働者や婚約者のニコラとも、ぶつかり合いながらも信頼を築き、会社を立て直していく物語です。

最初はどんなミュージカルなのかな、と静かに見始めたのですが、どんどん楽しくなっていくのでいつのまにか身を乗り出していました。このローラ役の男優さんがとても歌も踊りもうまく、とくにスローテンポの「Not my son」という歌のときには「うーん、本当にうまい!」と久々に唸りました。

後で調べたら、このマット・ヘンリー(Matt Henry)さん、イギリスの音楽オーディション番組「The Voice」の勝ち抜き者の一人で、「ライオン・キング」、「ミス・サイゴン」などの出演経験を持つ人でした。どうりでうまいわけですね。

詳しくは、「キンキーブーツ」UKオフィシャル・ウェブサイトでどうぞ
www.kinkybootsthemusical.co.uk/

Kinky Boots

カラフルな衣装も見どころのひとつ

一緒に行ったミュージカル・マニアの友人も「ひさびさに歌唱力の平均レベルが高いのを見た」とコメントしていました。

特に、工場のチャーリーに恋心を抱く女性従業員が歌う「History of Wrong Guys」もとてもコミカル、シンディー・ローパーらしさが出ていて、とても楽める曲でした。

テンポもよく、コミカルで笑いも多く、パワフル、そして衣装はとてもカラフル、とにかく元気が出るミュージカルです。帰り際に観客のあちこちから「よかったわね」「私これ大好き、とっても気に入ったわ!」というような声が聞こえてました。

若者からご年配の方まで、年齢層もかなり幅広く楽しめる、久々に皆さんにオススメできる圧巻のミュージカルでした。「マンマ・ミーア!」のノリが好きな方にも楽しんでいただけると思います。

ミュージカルのチケットは当ゲストハウスの親会社であるゲンダイ・トラベルにて手配できますので、ご興味おありの方は是非お気軽に日本語でお問い合わせください。

ゲンダイ・トラベル
https://www.gendai.co.uk/tours/theatre-tickets.html


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

おすすめカフェ:コベントガーデン近くのカフェ「Farmstand」

当ゲストハウスには、ひとり旅の方も多くいらっしゃいます。
ひとり旅は気楽でいいのですが、レストランなどは一人で入りにくいこともあります。
かといって、あまり味気ないテイクアウェイはちょっと寂しいですよね。
(英国ではテイクアウトのことはテイクアウェイと言います)

今回は、シアターの集まるコベントガーデン・エリアにある一人でも気軽に入れて、しかも美味しい、
ナチュラル系カフェ「Farmstand(ファームスタンド)」を紹介します。
食材も安全なもの、旬のもの、ローカルのものを使い、グルテンフリー、余分な砂糖は加えていないというのが特徴です。

ファームスタンド

コベントガーデンの近くにあります

ファームスタンド

パックになった果物、サラダ、飲み物など

すでにパックになったサラダなどもありますが、カウンターに行けば、自分で選べる温かいフードがあり、
ランチまたはディナーは、メイン1種+サイド2種、またはサイド3種で£7.50。
メインは、チキン、ビーフ、サーモン、ベジタリアン用、
サイドは、キヌア、グリーンピースとアスパラ、ソバと大根のサラダなどなど、野菜も豊富です。

メイン+サイド2種

メインのハリッサ・チキンとサイド2種

ベジタリアン

ベジタリアン用のロースト・オーバジーン(なす)

自由に飲める水

自由に飲める水はスティルとスパークリング

ソーセージと卵のブリュオッシュなど、朝食も美味しそうなので、今度ぜひ行ってみたいと思います。

Farmstand
42 Drury Lane, London WC2B 5AJ
月〜金:7:30〜9:00
土:9:00〜9:00
日:休
http://www.farmstand.co.uk


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

バックナンバー

冬の割引キャンペーン:2019年1月7日〜2月10日、全室10%オフ!

来年2019年1月7日から2月10日まで、全室10%オフのキャンペーンを開催します!是非この機会ご利用くださいませ。

キャッシュレスが進むイギリス

街から銀行がどんどん減少し、キャッシュレスがどんどん進んでいるイギリスの現状をお伝えします。

おすすめ中華レストラン「フェニックス・パレス」

当ゲストハウスからも近く、ベイカー・ストリートにある中華料理のお店「フェニックス・パレス」を紹介します。

イギリスのトイレ事情

日本の素晴らしいトイレの足元にも及びませんが、イギリスでも少しずつ改善してきたトイレ事情について紹介します。

ヨーロッパの格安航空会社、ライアンエアーやイージージェットを利用するときの注意事項

安さが売りのバジェット・エアライン(LCC)、イギリスで多く利用されているイージージェットとライアンエアーについて、注意点をまとめてみました。

リージェンツ・パークの野外劇場

ロンドンの夏の風物詩、リージェンツ・パークの野外劇場がオープンしています。今年は、例年になく暑い日が続き、お天気の心配があまりないので、野外で行われるイベントには最適の年ですね。