イースター(復活祭)にちなんだ食べ物

3月も中旬を過ぎ、いよいよイギリスも春到来の気配を感じます。
公園にはクロッカスや水仙の花が咲き、春風も吹いて、小鳥たちも忙しそうです。

来月、4月には大人も子供たちも待ちに待ったイースター・ホリデーがやってきます。

ロンドンの街中でも、あちらこちらでイースターの象徴であるウサギ、卵、ヒヨコ、羊、スイセンをモチーフとした商品、デコレーションを見かけます。色も春らしく、黄色、ピンク、黄緑、水色が多く、気分も晴れやかになります。

イースターのディスプレイ

大手スーパーのマークス&スペンサー

イースターのうさぎ

イースター・バニー

イースターは、ご存じのようにキリスト教の行事。毎年日にちが変わります。

今年の祝日は
4月14日(金)グッド・フライデー
4月16日(日)イースター
4月17日(月)イースター・マンデー

週末をつなげて4連休です。(地方のお店などはイースターの日曜日は休業するところもあるので、ご注意くださいね)

今回はイギリスのイースターの代表的な食べ物をご紹介します。

ホット・クロス・バン Hot Cross Bun

ホットクロスバン

イースターが近づくと、カフェなどにもホット・クロス・バンが並びます

イースターと言えばこれ!十字のついたスパイスとレーズン入りのパン、今はイースターでなくとも購入できますが、イギリスではイースターの際にはこのパンを食べる習慣があります。しっとりしていてほんのり甘く、スパイスが効いた味を楽しめるパンです。最近では、チョコレート・チップの入ったもの、セレブシェフとのコラボものなど、バラエティも豊富になっています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%B3

シムネル・ケーキ Simnel Cake

シムネルケーキ

フォートナム&メイソンのシムネル・ケーキ

イギリスやアイルランドなどではこのケーキを食べます。アーモンド、あるいはマジパンの2層になったフルーツ入りのケーキで、この「simnel」という言葉の由来は不明のようですが、一説には最高質の小麦粉、という意味のラテン語から来ているのでは、ということだそう。ケーキのトップにはマジパンなどのボールを装飾するのですが、そのボールの数は11個、キリスト教の使徒から1名(ユダ)をはずした11名分、ということだそうです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A0%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD

自分で作ってみたい!という意欲的な方は、一般の人々がケーキやパン作りの腕前を競い合うBBCの人気番組「ザ・グレート・ ブリティッシュ・ベイク・オフ」(GBBO)のメアリー・ベリーさんのレシピをどうぞ。
http://www.bbc.co.uk/food/recipes/mary_berrys_simnel_cake_84841

イースター・ラム Easter Lamb

ラムのロースト

コベント・ガーデンにあるレストラン「Union Jacks」のロースト・ラム

イースターにラム肉を食べるのは、キリスト=神にとっての子羊、という象徴だということです。
ローストラムにはミントソースがつきもの。柔らかくて美味しいです。

イースター・エッグ Easter Egg

キリストの死と復活を象徴する卵。卵の形をしたチョコレートはあちこちでみかけます。また、庭に隠したイースター・エッグを探す子供たちのためのアクティビティ「エッグハント」は、最近日本でも知られるようになっていますね。

Booja Booja

英国ノーフォークのブランド「Booja Booja」のイースター・エッグ

Easter Eggs

フォートナム&メイソンのイースター・エッグ

このイースター、同じクリスチャンの国々でもその土地によって伝統や儀式は異なるようですね。
ご興味あれば、調べてみてください。

復活祭(イースター)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A9%E6%B4%BB%E7%A5%AD

セレブ・シェフのイースター料理レシピに挑戦!
http://www.news-digest.co.uk/news/features/4790-celebrity-chef-recipes.html


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

イギリスのバレンタイン・デー

いよいよ2月14日はバレンタインデー。

イギリスでは、日本と少し違っていて夫婦やカップルがお互いの愛情を確認する日でもあり、また男女関係なく、好きな人に告白するチャンスでもあります。

カードを贈りあったり、バラの花束(この時期はバラの値段が倍以上になります)、シャンパン、チョコレート、ちょっとしたジュエリーや小物などの贈り物をしたり、レストランにディナーへ出かけたり、普段料理をしない男性が自宅で特別なディナーを用意したり、あるいはロマンチック小旅行へ出かけたり、といった具合です。どちらかといえば、男性が女性にしてあげる感じが多いでしょうか。

チョコレートを贈る習慣は、19世紀にイギリスではじまったと言われています。

ヴァレンタインのチョコレート

リバティのチョコレート売り場。ロココ、プレスタット、シャルボネルのチョコレートが一番人気

また、カードを送る習慣もヴィクトリア時代の頃からのもので、当時はレースをあしらったカードや、リボンがかけられたものなど、今よりもずっと凝ったカードだったようです。

今では街にたくさんのカード屋さんがあり、気に入ったものをさっと買ってしまえます。ユーモアに溢れたものから、可愛いもの、ハートが山のようについたものなど、ありとあらゆるカードがところ狭しと並んでいます。

こちらではバレンタインのカードにはあえて名前を書かず、

「Be my Valentine」
「From your Valentine」
「From your secret admirer」

などど書くのが通例です。

夫婦など明らかに相手がわかる場合もありますが、あえて名前を書かず「誰からだろう??」とあれこれ思い悩ませ、ドキドキワクワクさせるところがステキです。

今、ロンドンの街中にはバレンタイン色でいっぱいです。
ちなみにバレンタインデーの夜に、予約なしにレストランで食事をしようとするのは、無謀ですのでご注意くださいね!(どこも満席です)

ロンドンもチョコレート・ブームが続いているようで、新しいブランドも多くいろんなチョコレートショップがありますので覗いてみるのも楽しいですね。

● ロココ・チョコレート
かわいいパッケージと多種多様のフレイバーで大人気。チョコレートのスクールもあります。マリルボーン、コベントガーデン、チェルシーなどの店舗のほか、リバティやセルフリッジズなどのデパートでも購入可。
Rococo Chocolates
https://www.rococochocolates.com

Rococo Chocolates

ロココチョコレート

● プレスタット
カラフルな箱でひときわ目立つ、エリザベス女王の御用達の名店です。
Prestat
http://www.prestat.co.uk

● チョキウォキドゥーダ
カーナビー・ストリートにあるファンキーなチョコレート屋さん。2階はカフェになっています。
Choccywoccydoodah London Shop
https://www.choccywoccydoodah.com

● ポール・A・ヤング
イギリスを代表するショコラティエ、ポール・A・ヤング氏のチョコレート。ソーホー、エンジェル、バンクにお店があります。
Paul A Young Fine Chocolates
http://www.paulayoung.co.uk

● ホテル・チョコラ
豊富な種類で人気のチョコレート。ロンドン市内にたくさんの支店がありデパートでも購入可。
Hotel Chocolat
https://www.hotelchocolat.com/uk

● シャルボネル・エ・ウォーカー
ピンクのシャンパン・トリュフが看板商品の王室御用達ショコラティエ。ピーター・ラビットや不思議の国のアリスをモチーフにしたチョコもあるので、おみやげにぴったり。
Charbonnel et Walker
http://www.charbonnel.co.uk

その他、セルフリッジズやリバティのチョコレート売り場には、店舗を持たないショコラティエのチョコレートなど、ブランドが豊富にそろっているので、おみやげなどを買うには便利かもしれません。

参考:ロンドンのおすすめチョコレート屋さん
http://www.news-digest.co.uk/news/gourmet/themed-restaurants/9948-london-chocolate-shops.html

 

★春の割引キャンペーンも実施中です!


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

タグ一覧
おみやげお出かけお知らせお金ご挨拶ひとり旅アドバイスアートイギリスの花イギリスの食べ物イギリス料理イベントイミグレーションイルミネーションイングリッシュ・ヘリデージイースターエンタメカフェガイ・フォークスガーデンキャッシュレスキャンペーンキリスト教ギャラリークリスマスクロスレールグリニッジグルメケンウッド・ハウスゲストハウスコベント・ガーデンコンタクトレスコーニッシュ・パスティサッカーシアターシャーロックショッピングスポーツスーパーセントポール大聖堂セント・パンクラスチョコレートデザインデザートトイレドラマハムステッドハリー・ポッターバスバレンタインデーバーパンケーキパークビッグベンフィッシュ&チップスブラッスリーブランチベジタリアンボンド・ストリートポンドマリルボーンマーケットミュージアムミュージカルユーロスターリージェンツ・パークレストランロイヤルファミリーロケ地ワイン世界遺産中東料理中華料理交通入国公園円高冬時間劇場博物館図書館国会議事堂地下鉄夏日夏時間大晦日・新年大気汚染天気安全建築復活祭挨拶散歩散策文学新年旅行日帰り旅行時間切り替え歴史気候王室環境問題病院眺望空港紅葉自然航空券花火花粉症英国の習慣英語薬局街歩き観光観劇邸宅銀行食べ物食事食文化高所
バックナンバー

イギリスの入国カードの廃止と自動化ゲート「eGate」利用可

イギリスに旅行に来られる方にうれしいニュースです。入国時のランディングカードが廃止、自動化ゲートを利用できることになりました!

改修工事中の国会議事堂とビッグベン

ロンドンといえばビックベン、国会議事堂の風景を思い浮かべる方も多いと思いますが、その象徴的な建物で一部改修工事がはじまっています。

イギリスのイースターあれこれ

いよいよイースター。クリスマスの次に大切な宗教イベントです。今年は少し遅めで、4月19日(金)〜22日(月)と4連休になります。

イギリスの花粉症

イギリスでも花粉症があるのですか?とお客様によく聞かれます。残念ながら、こちらにも「hay fever(ヘイフィーバー)」という名でしっかり存在します。

トライフル – スーパーで買えるイギリスのデザート

皆さま、「トライフル」というイギリスのデザートをご存知でしょうか?フルーツゼリーとカスタードなどを重ねただけのシンプルなデザートですが、これが意外に美味しいのです。

ロンドンの大気汚染対策、超低排出ゾーン「ULEZ」

ロンドンで2019年4月8日から新しく実施される低排出エリア、ウルトラ・ロウ・エミッション・ゾーン「ULEZ」を紹介します。