移転・リニューアルしたデザイン・ミュージアム

東ロンドンのテムズ川沿いにあったデザイン・ミュージアムが、2016年11月24日にロンドン西部のハイストリート・ケンジントンに移転し、リニューアル・オープンしました。英国のデザイン界を先導してきたサー・テレンス・コンランの多額の寄付により、より広い場所への移転が可能になったそうです。

1960年代の建築デザインの代表的な例として評価されていた旧コモンウェルス・インスティテュートの建物を、最先端の技術とミニマリズム建築で知られるジョン・ポーソンのデザインで改装。常設展は無料で楽しめるようになっています。

デザインミュージアム

ハイストリート・ケンジントンから歩いて約8分

デザイン・ミュージアム

エントランスは、ケンジントン・ハイ・ストリートの通りから少し奥まったところにあります

デザイン・ミュージアム

広々とした空間

デザイン・ミュージアム

さすがデザインに特化した博物館、展示方法もかっこいい

デザイン・ミュージアム

デザインの歴史

Issey Miyake

イッセイミヤケのデザイン

デザイン・ミュージアム

デザインのトレンドの変遷やデザインの地域差などに関する展示

シューズデザイン

靴の出来る課程

ロゴ

ロゴのデザインを展示したエリアにあるデコレーション

カメラ

いろいろなカメラ

デザイン・ミュージアムのショップ

デザイン本も充実

ソニーの商品やイッセイミヤケの服をはじめ、日本のデザインもたくさんあります。

職人の手作りプロダクトからハイテク商品まで、どの展示品もそのデザインが美しく見えるよう計算されたディスプレイで、さすがデザイン・ミュージアムだなと感心しきりでした。また触ったり、備え付けの端末で見たり、インタラクティブな展示もたくさんあり、子どもも大人も楽しめるミュージアムです。

大きなM&Sやホールフーズなどもあるショッピング・エリアでもあるので、お買い物のついでによるのもいいですね。

Design Museum
224-238 Kensington High Street, London W8 6NQ
10:00-18:00
最寄り駅:ハイストリート・ケンジントン(ディストリクト、サークル)
http://designmuseum.org

 

新デザイン・ミュージアムに関する5つの豆知識
http://www.news-digest.co.uk/news/london/spot/15790-about-new-design-museum-5-bits-of-knowledge.html

 


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

バックナンバー

ロンドンの大気汚染対策、超低排出ゾーン「ULEZ」

ロンドンで2019年4月8日から新しく実施される低排出エリア、ウルトラ・ロウ・エミッション・ゾーン「ULEZ」を紹介します。

コーニッシュ・パスティ – 気軽に試せるイギリスの食べ物

今回はスーパーなどで簡単に買えるイギリスらしい食べ物「コーニッシュ・パスティ」を紹介します。ご滞在の短い観光客の方にもおすすめです。

冬の割引キャンペーン:2019年1月7日〜2月10日、全室10%オフ!

来年2019年1月7日から2月10日まで、全室10%オフのキャンペーンを開催します!是非この機会ご利用くださいませ。

キャッシュレスが進むイギリス

街から銀行がどんどん減少し、キャッシュレスがどんどん進んでいるイギリスの現状をお伝えします。

おすすめ中華レストラン「フェニックス・パレス」

当ゲストハウスからも近く、ベイカー・ストリートにある中華料理のお店「フェニックス・パレス」を紹介します。

イギリスのトイレ事情

日本の素晴らしいトイレの足元にも及びませんが、イギリスでも少しずつ改善してきたトイレ事情について紹介します。