「シャーロック(SHERLOCK)」ロケ地めぐり

日本でも大人気のBBCドラマ「シャーロック(Sherlock)」。ベネディクト・カンバーバッチやマーティン・フリーマンが演じるユニークなキャラはもちろん、皮肉の効いたイギリス的ユーモア、カッコイイ映像、意表を突く展開は一度観たらその魅力の虜になります。ちなみに先日ウィンブルドンで優勝したアンディ・マリーも大ファンだそうで、決勝戦にはカンバーバッチも応援に駆けつけていました。

ロンドンの中心部に位置する当ゲストハウスからも、ちょっとした「シャーロックのロケ地めぐり」が気軽にできるのでご紹介したいと思います。

 

1. Speedy’s Cafe
187 North Gower Street London NW1 2NJ

言わずと知れた、シャーロックとジョンのフラット、221Bベイカー・ストリートがあるという設定になっている実際にあるカフェ。当ゲストハウスからは徒歩8〜10分くらい、庶民が出入りするようなどこにでもあるカフェです。ここにミセス・ハドソンが一時出入りしていたことになってましたよね。彼女、いい味だしていました。シャーロックのおかげでこのお店にも観光客も増えたらしく、オリジナル・グッズも売っています。221Bのドアですが、実際この通りには存在せず、撮影の時だけドアを綺麗にして221Bの表札をつけたようです。

スピーディーズ

シャーロック・ファンにはおなじみのスピーティーズ

 

2. Russell Square

記念すべきシーズン1のエピソード1、「A Study in Pink(邦題:ピンク色の研究)」の冒頭、ジョンが古い友人に公園で再会、ジョンが住む場所を探していることを知り、その友人はシャーロックを紹介するに至るのですが、ジョンがその友人と再会したのがこの公園という設定になっていました。この公園の最寄り駅はラッセル・スクエア駅で、周りはロンドン大学の施設が多く大英博物館も近く、小さなカフェもあります。

ラッセル・スクエア

ラッセル・スクエアにある公園。周りにはロンドン大学の施設がたくさんあり、大英博物館も近く

 

3. The Landmark(正面玄関)
222 Marylebone Road London NW1 6JQ

シーズン4でジョンが意を決してメアリにプロポーズするホテルとして使われていました。残念ながら 撮影に使われたホテルの中は別な場所だそう。このホテルはベイカー・ストリート駅のすぐ近く、マリルポーン駅の向かいに位置しています。余談ですが、天井が吹き抜けになった明るく開放的で豪華な空間「Winter Garden」でいただく、アフタヌーン・ティーもおすすめです。「Spa & Afternoon Tea Package」なら、マッサージ、エステ、スパ&ヘルスクラブの利用と、アフタヌーン・ティーがセットになったプランがあります。決して安くはないのですが、自分へのご褒美として、あるいは記念日などに、ラグジュアリーな気分を満喫できます。(要予約)もちろん、アフタヌーン・ティーだけでもOK。
http://www.landmarklondon.co.uk/en/special/spa_and_afternoon_tea

Landmark Hotel 1

マリルボーン駅の向かいにあるランドマーク(正面玄関はマリルボーン・ロードに面しています)

 

4. St Bartholomew’s Hospital
West Smithfield London EC1A 7BE

シャーロックとジョンが初めて出会ったセント・バーソロミューズ・ホスピタル、通称「バーツ」。シリーズを通して重要な場所です。シーズン2の最終話で、シャーロックとモリアーティが対決したのもこのビルの屋上、そしてシャーロックが飛び降りたのもこの場所、またシャーロックにずっと思いを寄せ続けたモリーの勤務先もこの病院です。ヨーロッパで最も古い病院だそうで、建築学的にも貴重な建造物とのこと。ここは何を隠そう、幽霊が出る建物としても有名だとか。ロンドン博物館からもすぐ近く歴史ある地域です。またおいしいレストランの並ぶクラーケンウェルのエリアもすぐ近くですので散歩にもぴったり。最寄り駅はセント・ポール、バービカン、ファリンドンで、どこからも約徒歩10分以内です。

バーツ・ホスピタル

歴史あるセント・バーソロミュー病院

 

5. New Scotland Yard
New Scotland Yard, 8-10 Broadway, London SW1H 0BG

ここはいわゆるメトロポリタン・ポリス、ロンドン警視庁。あの人の良いレストラード警部(日本語版ではレストレード)がいるとされているところです。外観だけドラマで使われてました。場所はセント・ジェームズ・パーク駅を出てすぐ。

New Scotland Yard

この有名な看板が目印


バックナンバー

おすすめイタリアン・レストラン「Da Paolo(ダ・パオロ)」

当ゲストハウスからもほど近いグッジ・ストリートにある、正統派イタリア料理のお店「Da Paolo(ダ・パオロ)」を紹介します。

イギリスのクリスマスの飲み物、マルドワイン

クリスマス・マーケットやパブなどでクリスマスの季節、必ずお目にかかる「マルドワイン(Mulled Wine)」と呼ばれるホットワインをご存じですか?

2019年に全線開通予定のエリザベス・ライン(クロスレール)

2009年から始まった、ロンドンに未来の扉を開ける新鉄道「エリザベス・ライン(クロスレール)」のプロジェクトを紹介します。

ロンドンのクリスマス・イルミネーション点灯式

これからの暗いロンドンの秋、冬を明るくしてくれるクリスマスのイルミネーションの点灯式が、毎年あるのをご存知でしょうか?

ロンドン大晦日の花火大会 London New Year’s Eve Fireworks

1年を締めくくる人気イベント、大晦日の花火大会のチケットが販売中です。年末ロンドンで参加予定の方は、お早めにチケットをご購入ください。

イギリスでの買い物とレシートについて

イギリスで物を購入した際に、レシートをもらうと必ず返品ポリシーについて記載があるのをご存知でしょうか?

ロンドン地下鉄駅の注意喚起

現在、ロンドンの地下鉄駅に張り出されている注意喚起です。不審物を見かけたら、持ち主がいるかどうか確認し、持ち主がいないようであれば、スタッフや警察にすぐに連絡しましょう。

秋の割引キャンペーン!全室10%OFF

観光客の少なくなったこの時期に、イギリスの秋を体験しにお越しになりませんか?観光、観劇、サッカー観戦にも良いシーズンですよ。当ゲストハウスでは、秋の割引キャンペーン実施中です。

ジェーン・オースティンの新10ポンド札

ここのところ頻繁にお札やコインの変わるイギリスですが、9月14日には新しい10ポンド札がお目見えしますので、ご紹介します。

ロンドン南西部の憩いの場、チジック・ハウス&ガーデンズ Chiswick House & Gardens

市民の静かな憩いの場、ロンドン南西部にあるチジック・ハウス&ガーデンズを紹介