ハムステッド・ヒースにあるケンウッド・ハウスに行ってきました

お天気がまずまずだった先週末、久しぶりにハムステット・ヒースにある「ケンウッド・ハウス」へ行ってきました。ハムステッド・ヒースの北部にある真っ白なお屋敷です。いかにも英国貴族のお屋敷といった風情、品格の漂う美しい建物です。「ノッティングヒルの恋人」をはじめとした多くの映画やドラマの撮影地にもなっています。

ケンウッド・ハウス

丘の上のお屋敷

ケンウッド・ハウス

ハムステッド・ヒースにある白亜のお屋敷、ケンウッド・ハウス

なんといっても素晴らしいのは、お屋敷正面から見る景色です。

このお屋敷の歴史は17世紀に遡ります。

まず、初代マンスフィールド伯爵が土地を購入、その後18世紀半ば、伯爵の依頼により、当時、人気建築家であったロバート・アダムスが建築したものだそうです。しかしながら、その後20世紀に導入された相続税のために第6代伯爵が屋敷や敷地の一部を売却することとなり、その際に多くの家具家財が売りにだされ、ケンウッドの敷地も存続の危機にさらされました。

そんな中、1925年にギネスビール社の初代会長であるエドワード・セシル・ギネス(アイビー伯爵)が、屋敷と残されていた敷地を購入しました。多くの絵画コレクションを所持していた伯爵は、そのための屋敷を購入したようでした。彼の死後、ケンウッド・ハウスは国へ寄贈され、現在は歴史的建造物を保護する「イングリッシュ・ヘリテージ(English Heritage)」という機関が管理しています。

芝生に寝転びたい気持ちを我慢しつつ、さっそく館内に入ります。

入場は無料。

入り口は南正面の裏手にあります。中へ入ると、その日はボランティアのガイドさんと思われる人たちがバッチを首から提げて、迎えてくれました。英語ではありますが、質問があれば、いろいろと教えてくれるようです。

こじんまりとしたお屋敷ですが、館内には、レンブラントやフェルメール、コンスタブル、ゲインスバラ、ターナーなどの著名画家の絵画のコレクションがあり、とても見応えがあります。

ケンウッド・ハウス

ケンウッド・ハウスの内部

コンスタブル

英国を代表する画家、ジョン・コンスタブル(1776 – 1837)による風景画

図書室が素晴らしく、天井も素敵です。こんな場所で美しい庭を眺めながら本を読むなんて贅沢ですね。

図書室

図書室

図書室の天井

図書室の天井

小さなギフトショップと建物の隣にはカフェもあります。

カフェ

カフェ

季節のよいときに訪れたら、ちょっと足を伸ばして、広大なハムステット・ヒース内を散歩したり、ハイゲート・ハイストリートを散策したりすることもできます。

ハムステッド・ヒース

ハムステッド・ヒース

晴れた日は、美味しい食べ物を買い込んで、敷物を敷いてピクニックを楽しむのもいいですね。
皆様も機会があれば、是非訪れてみてください。

Kenwood House
Hampstead Lane, Hampstead, NW3 7JR
http://www.english-heritage.org.uk/visit/places/kenwood/

当ゲストハウスからは、バス134でArchway駅まで行き、駅の反対側(Junction Road)のバス停からバス210に乗り換えて約10〜15分、Highgate High Streetをしばらく先へ進んで、「Compton Avenue」で下車、公園の入り口から入って徒歩約5分程度です。
または、地下鉄ノーザン・ライン北方面(Edgeware行き)でGolders Green駅下車、駅前からバス210で行くこともできます。

(バスは、乗車1時間以内の乗り換えであれば、運賃はオイスターカードから1回分しか差し引かれません。詳しくは バスの乗り換えについて)


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

タグ一覧
おみやげお出かけお知らせお金ご挨拶ひとり旅アドバイスアートイギリスの夏イギリスの花イギリスの食べ物イギリス料理イベントイミグレーションイルミネーションイングリッシュ・ヘリデージイースターエアコンエンタメオープン・ハウス・ロンドンカフェガイ・フォークスガーデンキャッシュレスキャンペーンキリスト教ギャラリークリスマスクロスレールグリニッジグルメケンウッド・ハウスゲストハウスコベント・ガーデンコンタクトレスコーニッシュ・パスティサッカーシアターシャーロックショッピングスポーツスーパーセントポール大聖堂セント・パンクラスチョコレートデザインデザートトイレドラマハムステッドハリー・ポッターバスバレンタインデーバーパンケーキパークビスケットビッグベンフィッシュ&チップスフルーツブラッスリーブランチベジタリアンボンド・ストリートポンドマリルボーンマーケットミュージアムミュージカルユーロスターリージェンツ・パークレストランロイヤルファミリーロケ地ワイン世界遺産中東料理中華料理交通入国公園円高冬時間劇場博物館図書館国会議事堂地下鉄夏日夏時間大晦日・新年大気汚染天気安全建築復活祭挨拶散歩散策文学新年旅行日帰り旅行時間切り替え歴史気候王室環境問題病院眺望空港紅葉自然航空券花火花粉症英国の習慣英語薬局街歩き観光観劇邸宅銀行食べ物食事食文化高所
バックナンバー

ゲイフレンドリーな都市、ロンドン

現在のイギリスでは、カフェで働くトランスジェンダーの人、知り合いの同性婚、テレビでも同性カップルはよく見かけますし、LGBTQコミュニティは自然に社会に溶け込んでいます。

オープンハウス・ロンドン 2019

年に一度の人気イベント「オープンハウス・ロンドン」が今年は9月21日(土)、22日(日)に開催されます。ロンドンの歴史的建造物や公共施設、優れたデザイン建築などの内部800件以上が無料で一般公開されます。

イギリスのフルーツのお話 – 追熟と完熟

夏はフルーツのおいしい季節。イギリスでもイチゴ、ラズベリーなどのベリー類のほかに、ネクタリン、桃、アプリコット、プラム、色鮮やかなフルーツがスーパーや八百屋に並びます。

ダンキングとは?イギリス流ビスケットの食べ方

イギリスのティータイム、コーヒーブレイクのお供と言えば、断然ビスケットですが、イギリス流のビスケットの食べ方、「ダンキング Dunking」をご存じですか?

イギリスの夏と冷房について

夏にイギリスへお越しになるお客様から、最近よくあるお問い合わせは「冷房はありますか?」というものです。

イギリスの入国カードの廃止と自動化ゲート「eGate」利用可

イギリスに旅行に来られる方にうれしいニュースです。入国時のランディングカードが廃止、自動化ゲートを利用できることになりました!