ヴァージニア・ウォーターへ行ってきました

お天気の良い週末、ウインザー・グレート・パーク(Windsor Great Park)の南端にある、森林に囲まれた美しい湖「ヴァージニア・ウォーター」に行ってきました。

美しい湖

美しい湖

地図でご覧になるとわかりますが、ウインザー城のあるウィンザーの街からは離れていますが、Crown Estateと呼ばれる王室管理局所有の広大な公園、ウインザー・グレート・パークと、その敷地内にある見事なお庭、サヴィル・ガーデン(The Sallive Garden 入場有料)に隣接しています。

ヴァージニア・ウォーターは入場料無料です。ここは観光地ではないため、観光客にはあまり馴染みがありませんが、地元の人々の憩いの場で、森に囲まれ、自然を満喫できる素敵な散歩道です。

ヴァージニア・ウォーター

ヴァージニア・ウォーター

調べてみると、このヴァージニア・ウォーターはおよそ17世紀から存在していたそうです。

第二次世界大戦中、湖は軍事攻撃の目印とならないよう、水を抜かれたこともあったそうです。現在の湖の周囲は7.2キロメートル、半分は舗装されており、残りの半分は舗装なしの”自然”の道です。

ヴァージニア・ウォーター

自然の散歩道

また、この場所はハリー・ポッターの映画「アズカバンの囚人」、「炎のゴブレット」の撮影にも使われたそうで、ハリー・ポッター・ファンの方ならばどのシーンのことかわかるかもしれません。おもな撮影地はスコットランドだったそうですが、スコットランドではあまりにブヨ(ミッジズ Midges)が多かったため、こちらが変わりに一部撮影現場として使用されたそうです。

大きな森林に囲まれて木陰が多いため、家族連れのピクニック、犬の散歩、お昼寝をする人たちがたくさんいました。季節によっては、さまざまな種類の花が見事に咲き乱れているそうです。

また途中には、ジョージ4世に贈呈されたというローマ時代の遺跡もありました。

ローマ時代の遺跡

ローマ時代の遺跡

橋

木漏れ日を浴びながら散歩しているとロンドンの喧騒を忘れます。木々の間から湖をながめると「ここは湖水地方?」とちょっと思ってしまいます。わんちゃんたちも大はしゃぎです。何度でも飼い主の投げるボールを取りに、ドボンと水に入っては嬉しそうに泳いていました。

湖に飛び込む犬

湖に飛び込む犬

ちょうど、野鳥たちの雛が元気におおきくなりはじめている頃で、白鳥の親子も泳いでいるのをみかけました。かわいいですね。

白鳥の親子

白鳥の親子

とにかく広いので、多くの訪問者で混み合っている日曜日の昼間であっても、静かな場所はいくらでもあります。本を読んだり、昼寝をしたり、お弁当を広げてみたり、と楽しみ方はさまざまです。

ヴィジター・センターの入り口付近にはカフェレストラン、そのとなりにお手洗がありました。

ヴァージニア・ウォーターへの入り口

ヴァージニア・ウォーターへの入り口

ヴィジター・センター

ヴィジター・センター

当ゲストハウスからの行き方は、まず地下鉄でLondon Waterloo駅へ行き、そこからSouth West TrainのReading行きでVirginia Water 駅下車。駅からはタクシーで約5〜10分です。現地にタクシーは止まっていないため、帰りは電話してきてもらうか、行きのタクシーにお願いしましょう。

ヴァージニア・ウォーター Virginia Water
http://www.windsorgreatpark.co.uk/en/experiences/virginia-water


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

タグ一覧
おみやげお出かけお知らせお金ご挨拶ひとり旅アドバイスアートイギリスの夏イギリスの花イギリスの食べ物イギリス料理イベントイミグレーションイルミネーションイングリッシュ・ヘリデージイースターエアコンエンタメオープン・ハウス・ロンドンカフェガイ・フォークスガーデンキャッシュレスキャンペーンキリスト教ギャラリークリスマスクロスレールグリニッジグルメケンウッド・ハウスゲストハウスコベント・ガーデンコンタクトレスコーニッシュ・パスティサッカーシアターシャーロックショッピングスポーツスーパーセントポール大聖堂セント・パンクラスチョコレートデザインデザートトイレドラマハムステッドハリー・ポッターバスバレンタインデーバーパンケーキパークビスケットビッグベンフィッシュ&チップスフルーツブラッスリーブランチベジタリアンボンド・ストリートポンドマリルボーンマーケットミュージアムミュージカルユーロスターリージェンツ・パークレストランロイヤルファミリーロケ地ワイン世界遺産中東料理中華料理交通入国公園円高冬時間劇場博物館図書館国会議事堂地下鉄夏日夏時間大晦日・新年大気汚染天気安全建築復活祭挨拶散歩散策文学新年旅行日帰り旅行時間切り替え歴史気候王室環境問題病院眺望空港紅葉自然航空券花火花粉症英国の習慣英語薬局街歩き観光観劇邸宅銀行食べ物食事食文化高所
バックナンバー

ゲイフレンドリーな都市、ロンドン

現在のイギリスでは、カフェで働くトランスジェンダーの人、知り合いの同性婚、テレビでも同性カップルはよく見かけますし、LGBTQコミュニティは自然に社会に溶け込んでいます。

オープンハウス・ロンドン 2019

年に一度の人気イベント「オープンハウス・ロンドン」が今年は9月21日(土)、22日(日)に開催されます。ロンドンの歴史的建造物や公共施設、優れたデザイン建築などの内部800件以上が無料で一般公開されます。

イギリスのフルーツのお話 – 追熟と完熟

夏はフルーツのおいしい季節。イギリスでもイチゴ、ラズベリーなどのベリー類のほかに、ネクタリン、桃、アプリコット、プラム、色鮮やかなフルーツがスーパーや八百屋に並びます。

ダンキングとは?イギリス流ビスケットの食べ方

イギリスのティータイム、コーヒーブレイクのお供と言えば、断然ビスケットですが、イギリス流のビスケットの食べ方、「ダンキング Dunking」をご存じですか?

イギリスの夏と冷房について

夏にイギリスへお越しになるお客様から、最近よくあるお問い合わせは「冷房はありますか?」というものです。

イギリスの入国カードの廃止と自動化ゲート「eGate」利用可

イギリスに旅行に来られる方にうれしいニュースです。入国時のランディングカードが廃止、自動化ゲートを利用できることになりました!