イギリスの国立図書館、大英図書館(The British Library)

今回は、荘厳なネオ・ゴシック建築のセント・パンクラス駅のとなりにあるイギリスの国立図書館、大英図書館(ブリティッシュ・ライブラリ)を紹介します。

当ゲストハウスからも近く、バスや地下鉄で1本、歩いても20分くらいです。

大英図書館からみたセント・パンクラス

大英図書館の前庭から見たセント・パンクラス

大英図書館

Euston Road 大通りに面した入り口

ブリティッシュ・ライブラリ

アリスとチェシャ猫が描かれたBritish Libraryの看板

元は1753年に設立された大英博物館図書部が、1973年にロンドンにある他の国立図書館とともに組織的に統合、大英図書館が設立されたということです。そして1998年に現在の建物に移転しました。

ブリティッシュ・ライブラリ

British LIBRARYの文字がデザインされた門

もちろん図書館の閲覧室、カンファレンス・ルームなどの他、ギャラリー、カフェ、レストラン、ショップなどがあり、複合文化施設として多くの人々が訪れています。

この建物に入って最初に圧倒されるのが、高い天井までビッシリ本の詰まった国王ジョージ3世の私設文庫「The King’s Library Tower」。おも15世紀半ばから19世紀初頭に英国、ヨーロッパ、北米で印刷された65,000冊の本と19,000のパンフレットだそうです。

書架

高い天井まである書架は圧巻!

大英図書館のエントランス

大英図書館のエントランスホール

大英図書館のカフェ

カフェやレストランも広々

ぜひ見ていただきたいのは「Treasures of the British Library」、サー・ジョン・リトブラット・ギャラリー。世界中から集められたとても貴重な本、文書、楽譜、手紙などが展示され、ギャラリー内の温度、湿度、明るさも厳密にコントロールされています。

大英図書館の宝

Treasures of the British Library 大英図書館の宝

ここに所蔵されているのはマグナ・カルタ、グーテンベルクの聖書、ヘンデルの楽譜、レオナルド・ダ・ヴィンチのノート、ビートルズの手書きの歌詞、日本の古地図などなど、まさに世界の「宝」!

時間を忘れて見入ってしまいます。無料です。

このほかにも、おもに有料のエキジビションが行われるグランドフロアの「PACCAR Gallery」、常設で貴重な切手やお札などのある「The Philatelic Exhibition」、「Second Floor Gallery」、またエントランスホールのスペースでは、小さいけれど興味深い展覧会が行われていますので、こちらにもぜひお立ち寄りください。

2017年10月20日からは、「ハリー・ポッターと賢者の石(Harry Potter and the Philosopher’s Stone)」の出版から20周年を記念し「Harry Potter: A History of Magic」というエキシビションが行われる予定です。ファンの方はぜひこの機会にロンドン旅行はいかがでしょうか?

エキシビションの予定はこちらです。
http://www.bl.uk/whats-on

ヴィクトリア時代

ヴィクトリア時代に人気を博した巡業の興行師に関する展示

ミュージアム・ショップもなかなか充実です。とくにシェイクスピアや「不思議の国のアリス」に関するグッズは種類も豊富、おみやげにもよさそうです。

シェイクスピアのグッズ

シェイクスピアの着せ替えやエッグスタンドなどユーモアあふれるグッズ

クリスマス、イースターなどを除き毎日オープンしていますが、各セクションにより開館時間が変わりますので、詳細はウェブサイトでご確認ください。

The British Library
96 Euston Road, London NW1 2DB
http://www.bl.uk

ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

移転・リニューアルしたデザイン・ミュージアム

東ロンドンのテムズ川沿いにあったデザイン・ミュージアムが、2016年11月24日にロンドン西部のハイストリート・ケンジントンに移転し、リニューアル・オープンしました。英国のデザイン界を先導してきたサー・テレンス・コンランの多額の寄付により、より広い場所への移転が可能になったそうです。

1960年代の建築デザインの代表的な例として評価されていた旧コモンウェルス・インスティテュートの建物を、最先端の技術とミニマリズム建築で知られるジョン・ポーソンのデザインで改装。常設展は無料で楽しめるようになっています。

デザインミュージアム

ハイストリート・ケンジントンから歩いて約8分

デザイン・ミュージアム

エントランスは、ケンジントン・ハイ・ストリートの通りから少し奥まったところにあります

デザイン・ミュージアム

広々とした空間

デザイン・ミュージアム

さすがデザインに特化した博物館、展示方法もかっこいい

デザイン・ミュージアム

デザインの歴史

Issey Miyake

イッセイミヤケのデザイン

デザイン・ミュージアム

デザインのトレンドの変遷やデザインの地域差などに関する展示

シューズデザイン

靴の出来る課程

ロゴ

ロゴのデザインを展示したエリアにあるデコレーション

カメラ

いろいろなカメラ

デザイン・ミュージアムのショップ

デザイン本も充実

ソニーの商品やイッセイミヤケの服をはじめ、日本のデザインもたくさんあります。

職人の手作りプロダクトからハイテク商品まで、どの展示品もそのデザインが美しく見えるよう計算されたディスプレイで、さすがデザイン・ミュージアムだなと感心しきりでした。また触ったり、備え付けの端末で見たり、インタラクティブな展示もたくさんあり、子どもも大人も楽しめるミュージアムです。

大きなM&Sやホールフーズなどもあるショッピング・エリアでもあるので、お買い物のついでによるのもいいですね。

Design Museum
224-238 Kensington High Street, London W8 6NQ
10:00-18:00
最寄り駅:ハイストリート・ケンジントン(ディストリクト、サークル)
http://designmuseum.org

 

新デザイン・ミュージアムに関する5つの豆知識
http://www.news-digest.co.uk/news/london/spot/15790-about-new-design-museum-5-bits-of-knowledge.html

 


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ロンドンの歴史や文化を伝える、ロンドン博物館 Museum of London

今回は、ビジネス街にあり場所もわかりにくいけれど、ロンドン好きの方にはとても楽しめるロンドン博物館(ミュージアム・オブ・ロンドン)を紹介します。

まだロンドンが誕生していない紀元前45万年前から、ロンディニウムと呼ばれた時代、中世、ヴィクトリア時代から現代までの歴史や文化、出来事を、遺物、絵画、写真、動画などなど、体験型の仕掛けも交えて、子どもにもわかりやすく展示してあります。

ロンドンリピーターの方でも、まだこちらへ訪れたことのない方は是非足を運んでみてはいかがでしょう。

ミュージアム・オブ・ロンドン

ビジネス街のシティにあり、初めて行くときは少し迷ってしまうかも

ミュージアム・オブ・ロンドン

1800年代後半のロンドンの貧困についての展示も

ヴィクトリア時代

ヴィクトリア時代の通りを再現

ミュージアム・オブ・ロンドン

ヴィクトリア時代のビスケット屋さん

ミュージアム・オブ・ロンドン

1920年代のタクシーと、当時のセルフリッジズのエレベーター(右)

ミュージアム・オブ・ロンドン

1960年代のビートルズやモッズなど若者文化の展示も充実

ミュージアム・オブ・ロンドン

60年代のスウィンギング・ロンドン。BIBAというファッション・ストアがケンジントンにあったそうです

ミュージアム・オブ・ロンドン

60年代のグッズ。1964年にできたBTタワーのパンフレットもあります

ミュージアム・オブ・ロンドン

ミュージアム・ショップも充実

一部しか紹介できませんでしたが、異文化に寛容で、うまく取り入れていく国際都市ロンドンがどのように形成されていったのかがよくわかる内容で、ますますロンドンが好きになります。

資金面などの調整がうまくいけば、2021年にはスミスフィールドに移転する計画もあります。

2017年4月17日までは、1666年のロンドン大火の特別展「Fire! Fire!」(有料)が開催中。

Museum of London
150 London Wall
London EC2Y 5HN
毎日10:00-18:00(12月24〜26日は閉館)
最寄り駅:St. Paul’s、Barbican から徒歩5分
バス:4、8、 25、56、100、172、242、521
入場無料
http://www.museumoflondon.org.uk

 

*ゲンダイ・ゲストハウスのインスタグラムを始めました!ロンドンの旬を画像でお伝えします。ぜひフォローお願いいたします。
https://www.instagram.com/london_gendai_guest_house/


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ウォレス・コレクション Wallace Collection

ウォレス・コレクションは15〜19世紀にかけての、特にヨーロッパの美術品の絵画、家具、武具、鎧、磁器などを25室に展示されている美術館です。

場所はオックスフォード・ストリートのデパートのセルフリッジの裏手あたりに位置し、マリルボーン・ハイストリートのすぐ近く、当ゲストハウスからも歩いて20分くらいでたどり着けます。

ウォレス・コレクション

オックスフォード・ストリートとマリルボーンの間あたり、セルフリッジズの裏手にあります

ウォレス・コレクションは1897年設立。ハートフォード・リチャード・ウォレスが父親から相続したもので、未亡人のウォレス夫人がコレクションのすべてをイギリス政府に残しました。

入場料は無料ですが、大英博物館と同じく寄付の箱(Donation Box)が入り口近くに置いてありますので、僅かでも寄付したいです。

1900年から、このハートフォード・ハウスにて一般公開され、現在もそのままの状態にあるそうですが、ここの美術品は外部持ち出し禁止で、ここでしか見られないとのこと。

ウォレス・コレクション

豪華で女性的な装飾が施された書斎(Study)。マリー・アントワネットの家具が展示されています

エントランス・ホールから、フロント・ステイト・ルーム、バック・ステイト・ルーム、ピリヤード・ルーム(かつては貴族の家には普通にビリヤードがあったため)、スモーキング・ルーム、ドローイング・ルーム、スタディ・ルームなど、それぞれのお部屋の装飾、家具調度品が素晴しく、贅沢!芸術家でなくとも、ここでじっくりいろんなもののデザインを観察してアイディアが掴めそうな気がします。

ウォレス・コレクション

オールド・マスターの絵画が展示されているファースト・フロアのグレイト・ギャラリー

絵画では、ティツィアーノ、レンブラント、ルーベンス、ヴァン・ダイクなどの有名画家の物もあります。

個人的に気にいっているのはフランスの15-16世紀の優雅さを感じさせるポンパドゥール侯爵夫人の肖像画です。このポンパドゥール侯爵夫人、正式名はジャンヌ・アントワネット・ポンパドゥール侯爵夫人。

20歳で裕福な出の夫の元に嫁いで身分をあげた後、1745年、夫のいない間に国王の目に止まり、ヴェルサイユ宮殿に上がったのは23歳の時。彼女は背丈も大きすぎず、小顔で整った容姿、その立ち振る舞いはとても優雅だったそうです。

しかし国王ルイ15世の愛人になるにはまだそれでも身分が低すぎたので、国王はある断絶した貴族、ポンパドゥールの領地を彼女に与え、正式に愛人としました。

彼女は宝石よりも宮殿内の建築や改装に熱中し、宮殿内の離宮、トリアノン宮殿敷地内に国王の好物であったイチゴの栽培所を設けたり、植物の温室や農地を作ったり、フランスのセーヴル陶器を世界中に輸出したり、宮廷内の劇場で芝居やオペラを上演したりと、ルイ15世のために宮殿内の改善を積極的に行いました。

また、彼女は王の政治や外交の相談役として重要な役割も果たしたそうで、オーストリア継承戦争ではオーストリア、ロシアと手を組んでプロイセンを包囲したのですが、この際の3人女性の共同作戦(オーストリアのマリア・テレジア、ロシアのエリザヴェータ女帝、ポンパドゥール夫人)は「ペチコート作戦」と呼ばれるに至ったのだそうです。

晩年は彼女は持病の偏頭痛、度重なる流産等で夫への務めを果たすことができなかったため、娼婦館(鹿の園)を建て、若い女性を住まわせて王の相手をさせました。1764年、彼女はヴェルサイユ宮殿で息をひきとりました。

彼女の肖像画はそんな背景を知りながら改めてみると彼女の優雅さ、気品、知性が感じ取れる気がします。

館内の小さなギフトショップには、この美術館のパンフレットや、このポンパドゥール侯爵夫人の絵葉書もここで売っています。パンフレットは1冊購入してしっかり勉強してまたもう一度足を運ぶとより一層楽しめます。

ポンパドゥール

ウォレス・コレクションのカタログよりポンパドゥール伯爵夫人

また、このウォレス・コレクションの中庭には、吹き抜け天井の素敵なカフェがあります。ショッピングや絵画鑑賞に疲れたら、ゲストハウスに戻られる前にゆったりとここで休憩し、軽食、お茶、デザートなどをいただくこともできます。

ウォレス・コレクションのカフェ

吹き抜けの開放的なカフェ

The Wallace Collection
Hertford House, Manchester Square, London W1U 3BN
最寄り駅:ボンド・ストリート
開館時間:毎日 10:00〜17:00
休館:12月24〜26日


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

何度も足を運びたい大英博物館

大英博物館と言えば、世界中のあらゆる種類の文化財のコレクションを所蔵する素晴らしい博物館です。
当ゲストハウスからですと徒歩約20分程度で行けます。(地下鉄の場合は最寄駅:Holborn駅、あるいはTottenham Court Road駅)

大英博物館

大英博物館

収蔵品の多くは個人の寄贈によるものだそうですが、その中には大英帝国時代の植民地から持ち込まれたものも多く、独立国家が多くなった今では文化財保護の観点や宗教的理由から国外持ち出しが到底許可されないような貴重な品もあり、原産国側が返還を求めている品も多くあるそうです。

早速正面玄関から入ります。入場料はなんと無料、ただし寄付5ポンドを募るボックスが入り口と内部にも設置されていますので、楽しんだ方は気持ちを寄付したいですね。

大英博物館への寄付

日本語でも「ご支援ありがとうございます」と書かれています。

博物館の中央には、「グレート・コート」と呼ばれる光あふれる開放的な屋根付きの中庭があります。このグレート・コートは、ロンドン新市庁舎ビルやミレニアム・ブリッジなども手がけた著名建築家、ノーマン・フォスターの設計デザインにより、2000年に改修されたものです。

グレート・コート

ノーマン・フォスター氏の設計デザインによるグレート・コート

このグレート・コートが出来たことにより、インフォメーションやショップ、カフェ、レストラン、トイレなどが中央へ集約、複雑だった館内もわかりやすく、各展示室へアクセスしやすくなりました。

折角なので日本語音声ガイド機を借りて回ってみては如何でしょうか。(借りる際にはパスポート、クレジットカード、運転免許書などの証明書を一時的に預ける必要あり) 全部を一度に堪能するのは無理ですので、あらかじめポイントを決めて見ることをおすすめします。

一番有名どころはエジプトのミイラ、そしてロゼッタストーンで、いつもたくさんの人だかりです。そのほか、日本をはじめとしたアジアからの仏像や工芸品、アフリカ、アメリカ大陸からと、世界中からの品々が所狭しと並んでいます。

ラムセス2世

こちらも人気のラムセス2世。一部の展示物を除いて写真撮影もOK

今現在、特別展示「Sunken Cities – Egypt’s Lost Worlds」(こちらは有料)が今年11月末まで行われています。何千年もの間、海底に沈んでいた2つの古代都市からの遺跡物の発見により、古代ギリシャと古代エジプトの関係性がさらにわかって来たとのこと。機会があれば是非足を運んでみてください。

Sunken Cities – Egypt’s Lost Worlds

現在開催中の特別展「Sunken Cities – Egypt’s Lost Worlds」

また、弊社グループのひとつ、ゲンダイトラベルでは、公認日本語ガイドさんによる「大英博物館とナショナルギャラリー」のウォーキングツアーも取り扱っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
http://www.gendai.co.uk/tours/day-tours-in-london/99-london-british-museum-national-gallery.html


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

バックナンバー

リージェンツ・パークの野外劇場

ロンドンの夏の風物詩、リージェンツ・パークの野外劇場がオープンしています。今年は、例年になく暑い日が続き、お天気の心配があまりないので、野外で行われるイベントには最適の年ですね。

イギリスの病院

海外に来て一番避けたいのは体調を崩し、慣れない土地で病院へ行くことだと思いますが、イギリスでの医療システムを少し紹介します。

ミステリアスなローマ時代の神殿跡、ロンドン・ミトラエウム

金融街シティに新しく出来たブルームバーグ社のビル内にあるギャラリースペースにある、ローマ時代の神殿跡「ロンドン・ミトラエウム」を紹介します。

エリザベス女王の公式誕生日をお祝いする「トゥルーピング・ザ・カラー」の楽しみ方

エリザベス女王の公式誕生日を祝う、初夏のイベント「トゥルーピング・ザ・カラー」のオススメの楽しみ方を紹介します!

ビュッフェ形式のベジタリアン・レストラン「Tibits」

旅行中、野菜が不足していると感じたり、ひとりでサクッと食べたいな、というときにぴったりなビュッフェ形式のベジタリアン・レストラン、ティビッツを紹介

イギリスのお天気と服装

イギリスは、サマータイムもはじまり日は延びたものの、はっきりしないお天気が続いています。春爛漫の日本からイギリスへの旅行となると服装をどうしようかとお悩みになるのではないでしょうか?