モルトビー・ストリート・マーケットとワインバー「40 Maltby Street」

ロンドンのリピーターの方ならロンドン・ブリッジの近くにあるロンドン最古で最大の食材マーケット、バラ・マーケット(Borough Market)のことはよくご存じかと思いますので、今回はこのバラ・マーケットから徒歩15分くらいのところにある、小さいけれど、おすすめなマーケットを紹介します。

タワー・ブリッジを南岸に渡ったところからも徒歩約5分程度、線路の高架下に並ぶお店は食料品が中心ですが、まわりにはヴィンテージや古道具のお店もチラホラあります。噂では、場所代の高くなりすぎたバラ・マーケットからこちらに移ってくるトレーダーも多いとか。

Malty Street Market

モルトビー・マーケット。このあたり一帯を指して「スパ・ターミナス」「ロープウォーク」などと呼ばれることも

ジン・バー、オイスター・バー、ステーキ、ベイカリー、パティスリーなどが軒を連ねているので、ちょこちょこ食べ歩きもいいですね。

ジン・バー

ジン・バーの「Little Bird Gin」

さっそく「Waffle On」のワッフルで朝ごはん。今流行りの甘いものとしょっぱいもののコンビネーションで、メイプル・シロップとベーコン&エッグのワッフルをいただきましたが、クリームとフルーツ、チョコレートソースなど、甘いものもあります。

ワッフル

ちょっとクセになるスイート&セイヴォリーのコンビネーション

ヴィンテージ・ショップ「ラスコ(Lassco)」。ヴィンテージの家具をはじめ取り壊された建物に使われていたタイルや、カーテンの布、その他、ルームフレグランスなどインテリア雑貨も売っています。

ヴィンテージショップ Lassco

ヴィンテージ・ショップ Lassco

リサイクルのタイル

取り壊された建物にあったタイルをリサイクル

そして、おいしいおつまみとワインが評判の「40 Maltby Street」へ。
農薬などを避けた素材でのワイン作りをコンセプトとしているワイナリーのワインを売っているワイン屋さんのワイン・バーです。

40 Maltby Street

気軽に入れるワイン・バー

メニューにはその日のおすすめ料理がずらり。わからないものはスタッフに聞けばフレンドリーに教えてくれます。おすすめワインと4皿くらい注文しました。

日替わりメニュー

こだわりの日替わりメニュー

まずは、スモークド・ヨークシャー・ハム。ハムの回りについているクランブルとジューシーなお肉がとってもおいしく、ワインとよく合います。

ヨークシャー・ハム

とってもおいしい手作りのスモーク・ハム Smoked Yorkshire Ham

旬のカボチャを使ったグジェール。ジューシーなパンプキンで、くるみ、山羊のチーズがサクッとしたシュー皮で挟んであります。

パンプキンのグジェール

パンプキンのグジェール。Pumpkin Gougere

カリフラワーのスープには、アーモンド、ポーチド・エッグ、小エビがトッピング。

カリフラワーのスープ

カリフラワーのスープ

このほか、おすすめワインをグラスにひとり1杯ずつ、デザートにナシのシャーベットを注文して、ひとり約25ポンドでした。

40 Maltby Street
水・木曜 6pm – 9.30pm
金曜ランチ 12.30pm – 2.30pm
土曜ランチ 11am – 3.30pm
休:日・月・火
http://www.40maltbystreet.com
(予約不可)

モルトビー・ストリート・マーケット
Maltby Street Market
Maltby Street, Ropewalk, Southwark, SE1 3PA
土曜日 9am – 4pm / 日曜日 11am – 4pm
休: 12月24日、25日、31日、1月1日
http://www.maltby.st/


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

タグ一覧
おみやげお出かけお知らせお金ご挨拶ひとり旅アドバイスアートイギリスの夏イギリスの花イギリスの食べ物イギリス料理イベントイミグレーションイルミネーションイングリッシュ・ヘリデージイースターエアコンエンタメオープン・ハウス・ロンドンカフェガイ・フォークスガーデンキャッシュレスキャンペーンキリスト教ギャラリークリスマスクロスレールグリニッジグルメケンウッド・ハウスゲストハウスコベント・ガーデンコンタクトレスコーニッシュ・パスティサッカーシアターシャーロックショッピングスポーツスーパーセントポール大聖堂セント・パンクラスチョコレートデザインデザートトイレドラマハムステッドハリー・ポッターバスバレンタインデーバーパンケーキパークビスケットビッグベンフィッシュ&チップスフルーツブラッスリーブランチベジタリアンボンド・ストリートポンドマリルボーンマーケットミュージアムミュージカルユーロスターリージェンツ・パークレストランロイヤルファミリーロケ地ワイン世界遺産中東料理中華料理交通入国公園円高冬時間劇場博物館図書館国会議事堂地下鉄夏日夏時間大晦日・新年大気汚染天気安全建築復活祭挨拶散歩散策文学新年旅行日帰り旅行時間切り替え歴史気候王室環境問題病院眺望空港紅葉自然航空券花火花粉症英国の習慣英語薬局街歩き観光観劇邸宅銀行食べ物食事食文化高所
バックナンバー

イギリスで不思議に思うこと

今回は、人によって感じ方は違うかもしれませんが、私自身がイギリスで生活していて不思議に思った習慣について書いてみました。

【注意喚起】ロンドンで出没する偽警官にご用心ください!

最近、当ゲストハウスの周辺で、また偽警察が頻繁に出没しているそうです。英国に来られる方々に注意していただきたいと思い、ブログに書きました。

ゲイフレンドリーな都市、ロンドン

現在のイギリスでは、カフェで働くトランスジェンダーの人、知り合いの同性婚、テレビでも同性カップルはよく見かけますし、LGBTQコミュニティは自然に社会に溶け込んでいます。

オープンハウス・ロンドン 2019

年に一度の人気イベント「オープンハウス・ロンドン」が今年は9月21日(土)、22日(日)に開催されます。ロンドンの歴史的建造物や公共施設、優れたデザイン建築などの内部800件以上が無料で一般公開されます。

イギリスのフルーツのお話 – 追熟と完熟

夏はフルーツのおいしい季節。イギリスでもイチゴ、ラズベリーなどのベリー類のほかに、ネクタリン、桃、アプリコット、プラム、色鮮やかなフルーツがスーパーや八百屋に並びます。

ダンキングとは?イギリス流ビスケットの食べ方

イギリスのティータイム、コーヒーブレイクのお供と言えば、断然ビスケットですが、イギリス流のビスケットの食べ方、「ダンキング Dunking」をご存じですか?