オープン・ハウス・ロンドン 2016

毎年恒例の人気イベント「オープン・ハウス・ロンドン」、今年は9月17日(土)、18日(日)の2日間。

歴史的建造物やデザイン性に優れた建築物の内部が無料で公開される、国際的な建築都市ならではの催しです。一部は予約が必要だったり、抽選だったりしますが、簡単に入れる所もたくさんあります。

この時期ロンドンにいらっしゃる方は、どこかひとつでも試しに入ってみると、通常の観光とはひと味ちがった思い出深い旅になるのではないでしょうか。

比較的簡単に入れる場所を紹介します。

Royal Courts of Justice
王立裁判所

Strand WC2A 2LL
最寄り駅:Holborn, Temple, Chancery Lane
日時:9月17日(土)10:00〜16:00

イングランド及びウェールズの司法を司る王立裁判所。この美しいヴィクトリアン・ゴシック建築は、弁護士から建築家に転身したジョージ・エドモンド・ストリートの設計に基づき1882年の完成したそうです。入り口のセキュリティチェックに少し並ぶくらいで、わりとすんなり入場できます。実際に使われている法廷で模擬裁判をやっていたり、職員から裁判官が着ているあの豪華な法服の説明があったり、英語は少しむずかしいかもしれませんが、雰囲気を感じるだけでも楽しめると思います。

Royal Courts of Justice

美しいヴィクトリアン・ゴシック建築

ロイヤル・コーツ・オブ・ジャスティス

メインホール

王立裁判所

ユーモアを交えながら、法服の説明をしてくれます

Foreign and Commonwealth Office
外務・英連邦省

King Charles Street SW1A 2AH
最寄り駅:Westminster
9月18日(日)10:00〜17:00 (最終入場16.30)

英国の外務省、グレードⅠの重要建築物に指定されたヴィクトリア様式の建築で、インテリアは宮殿と見紛うばかりの豪奢さです。

外務省

ヴィクトリアン建築

外務省

中庭とカンファレンスルーム

外務省

豪奢な階段

HM TREASURY
財務省

1 Horse Guards Road SW1A 2HQ
最寄り駅:Westminster
9月18日(日)10:00〜17:00(最終入場16:00)

英国の財務省、グレードIIの重要建築物に指定されています。

財務省

中庭

イベントに関する詳細はこちらをご参照ください。
London Open House
http://www.openhouselondon.org.uk
リスト: http://listings.openhouselondon.org.uk

*場所によってオープンする日時が違いますのでご注意ください。

(写真提供:英国ニュースダイジェスト

 


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

タグ一覧
おみやげお出かけお知らせお金ご挨拶ひとり旅アドバイスアートイギリスの夏イギリスの花イギリスの食べ物イギリス料理イベントイミグレーションイルミネーションイングリッシュ・ヘリデージイースターエアコンエンタメカフェガイ・フォークスガーデンキャッシュレスキャンペーンキリスト教ギャラリークリスマスクロスレールグリニッジグルメケンウッド・ハウスゲストハウスコベント・ガーデンコンタクトレスコーニッシュ・パスティサッカーシアターシャーロックショッピングスポーツスーパーセントポール大聖堂セント・パンクラスチョコレートデザインデザートトイレドラマハムステッドハリー・ポッターバスバレンタインデーバーパンケーキパークビスケットビッグベンフィッシュ&チップスブラッスリーブランチベジタリアンボンド・ストリートポンドマリルボーンマーケットミュージアムミュージカルユーロスターリージェンツ・パークレストランロイヤルファミリーロケ地ワイン世界遺産中東料理中華料理交通入国公園円高冬時間劇場博物館図書館国会議事堂地下鉄夏日夏時間大晦日・新年大気汚染天気安全建築復活祭挨拶散歩散策文学新年旅行日帰り旅行時間切り替え歴史気候王室環境問題病院眺望空港紅葉自然航空券花火花粉症英国の習慣英語薬局街歩き観光観劇邸宅銀行食べ物食事食文化高所
バックナンバー

ダンキングとは?イギリス流ビスケットの食べ方

イギリスのティータイム、コーヒーブレイクのお供と言えば、断然ビスケットですが、イギリス流のビスケットの食べ方をご存じですか?

イギリスの夏と冷房について

夏にイギリスへお越しになるお客様から、最近よくあるお問い合わせは「冷房はありますか?」というものです。

イギリスの入国カードの廃止と自動化ゲート「eGate」利用可

イギリスに旅行に来られる方にうれしいニュースです。入国時のランディングカードが廃止、自動化ゲートを利用できることになりました!

改修工事中の国会議事堂とビッグベン

ロンドンといえばビックベン、国会議事堂の風景を思い浮かべる方も多いと思いますが、その象徴的な建物で一部改修工事がはじまっています。

イギリスのイースターあれこれ

いよいよイースター。クリスマスの次に大切な宗教イベントです。今年は少し遅めで、4月19日(金)〜22日(月)と4連休になります。

イギリスの花粉症

イギリスでも花粉症があるのですか?とお客様によく聞かれます。残念ながら、こちらにも「hay fever(ヘイフィーバー)」という名でしっかり存在します。