ヴァージニア・ウォーターへ行ってきました

お天気の良い週末、ウインザー・グレート・パーク(Windsor Great Park)の南端にある、森林に囲まれた美しい湖「ヴァージニア・ウォーター」に行ってきました。

美しい湖

美しい湖

地図でご覧になるとわかりますが、ウインザー城のあるウィンザーの街からは離れていますが、Crown Estateと呼ばれる王室管理局所有の広大な公園、ウインザー・グレート・パークと、その敷地内にある見事なお庭、サヴィル・ガーデン(The Sallive Garden 入場有料)に隣接しています。

ヴァージニア・ウォーターは入場料無料です。ここは観光地ではないため、観光客にはあまり馴染みがありませんが、地元の人々の憩いの場で、森に囲まれ、自然を満喫できる素敵な散歩道です。

ヴァージニア・ウォーター

ヴァージニア・ウォーター

調べてみると、このヴァージニア・ウォーターはおよそ17世紀から存在していたそうです。

第二次世界大戦中、湖は軍事攻撃の目印とならないよう、水を抜かれたこともあったそうです。現在の湖の周囲は7.2キロメートル、半分は舗装されており、残りの半分は舗装なしの”自然”の道です。

ヴァージニア・ウォーター

自然の散歩道

また、この場所はハリー・ポッターの映画「アズカバンの囚人」、「炎のゴブレット」の撮影にも使われたそうで、ハリー・ポッター・ファンの方ならばどのシーンのことかわかるかもしれません。おもな撮影地はスコットランドだったそうですが、スコットランドではあまりにブヨ(ミッジズ Midges)が多かったため、こちらが変わりに一部撮影現場として使用されたそうです。

大きな森林に囲まれて木陰が多いため、家族連れのピクニック、犬の散歩、お昼寝をする人たちがたくさんいました。季節によっては、さまざまな種類の花が見事に咲き乱れているそうです。

また途中には、ジョージ4世に贈呈されたというローマ時代の遺跡もありました。

ローマ時代の遺跡

ローマ時代の遺跡

橋

木漏れ日を浴びながら散歩しているとロンドンの喧騒を忘れます。木々の間から湖をながめると「ここは湖水地方?」とちょっと思ってしまいます。わんちゃんたちも大はしゃぎです。何度でも飼い主の投げるボールを取りに、ドボンと水に入っては嬉しそうに泳いていました。

湖に飛び込む犬

湖に飛び込む犬

ちょうど、野鳥たちの雛が元気におおきくなりはじめている頃で、白鳥の親子も泳いでいるのをみかけました。かわいいですね。

白鳥の親子

白鳥の親子

とにかく広いので、多くの訪問者で混み合っている日曜日の昼間であっても、静かな場所はいくらでもあります。本を読んだり、昼寝をしたり、お弁当を広げてみたり、と楽しみ方はさまざまです。

ヴィジター・センターの入り口付近にはカフェレストラン、そのとなりにお手洗がありました。

ヴァージニア・ウォーターへの入り口

ヴァージニア・ウォーターへの入り口

ヴィジター・センター

ヴィジター・センター

当ゲストハウスからの行き方は、まず地下鉄でLondon Waterloo駅へ行き、そこからSouth West TrainのReading行きでVirginia Water 駅下車。駅からはタクシーで約5〜10分です。現地にタクシーは止まっていないため、帰りは電話してきてもらうか、行きのタクシーにお願いしましょう。

ヴァージニア・ウォーター Virginia Water
http://www.windsorgreatpark.co.uk/en/experiences/virginia-water


リージェンツ・パークのバラ園「クイーン・メアリーズ・ガーデン」Queen Mary’s Gardens

今回は、ロンドンのバラ園でも一番有名なリージェンツ・パーク内にある、クイーン・メアリー・ガーデン(Queen Mary’s Gardens)を紹介します。当ゲストハウスからも歩いて約10分。朝夕の散歩にもぴったりです。

ジョージ5世の妻、メアリーにちなんだこの公園は、1932年に一般公開され、バラ園は1934年に完成しました。以来、毎年6月はじめには、おおよそ12,000もの色とりどりのバラが開花し、多くの訪問者を楽しませてくれます。

6月下旬のある晴れた日、散歩がてら訪れていましたが、それは素晴らしい景色で、うっとりするバラ香りに包まれて、まるで楽園!

バラ園

広い敷地にたくさんのバラ

バラ園

黄色のバラ

たくさんの品種のバラがあり、おもしろい名前や著名人の名前がついているので、時間があればひとつひとつ確認してみてください。

Ingrid Bergman

こちらの深紅のバラはイングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman)

Keep Smiling

この黄色いバラはキープ・スマイリング(Keep Smiling)

バラに囲まれたベンチで、甘い香りに包まれながら、読書したり、手紙を書いたり、おしゃべりしたり、それぞれの楽しみ方でゆっくり過ごすのもいいですね。

バラに囲まれたベンチ

バラに囲まれたベンチ

公園内に、軽食のあるカフェもありますので疲れたら、そちらで一息ついて鳥の声を聞きながら休むのも素敵です。

カフェ

ケーキの種類もたくさん

当ゲストハウスからの行き方ですが、玄関をでて通りの右手斜め先、一番近い入り口、Chester Terranceを横切り、公園内入り口からChester Roadをまっすぐ進むとクイーン・メアリーズ・ガーデンの入り口に突き当たります。グーグルマップを参考にしてください。


移転・リニューアルしたデザイン・ミュージアム

東ロンドンのテムズ川沿いにあったデザイン・ミュージアムが、2016年11月24日にロンドン西部のハイストリート・ケンジントンに移転し、リニューアル・オープンしました。英国のデザイン界を先導してきたサー・テレンス・コンランの多額の寄付により、より広い場所への移転が可能になったそうです。

1960年代の建築デザインの代表的な例として評価されていた旧コモンウェルス・インスティテュートの建物を、最先端の技術とミニマリズム建築で知られるジョン・ポーソンのデザインで改装。常設展は無料で楽しめるようになっています。

デザインミュージアム

ハイストリート・ケンジントンから歩いて約8分

デザイン・ミュージアム

エントランスは、ケンジントン・ハイ・ストリートの通りから少し奥まったところにあります

デザイン・ミュージアム

広々とした空間

デザイン・ミュージアム

さすがデザインに特化した博物館、展示方法もかっこいい

デザイン・ミュージアム

デザインの歴史

Issey Miyake

イッセイミヤケのデザイン

デザイン・ミュージアム

デザインのトレンドの変遷やデザインの地域差などに関する展示

シューズデザイン

靴の出来る課程

ロゴ

ロゴのデザインを展示したエリアにあるデコレーション

カメラ

いろいろなカメラ

デザイン・ミュージアムのショップ

デザイン本も充実

ソニーの商品やイッセイミヤケの服をはじめ、日本のデザインもたくさんあります。

職人の手作りプロダクトからハイテク商品まで、どの展示品もそのデザインが美しく見えるよう計算されたディスプレイで、さすがデザイン・ミュージアムだなと感心しきりでした。また触ったり、備え付けの端末で見たり、インタラクティブな展示もたくさんあり、子どもも大人も楽しめるミュージアムです。

大きなM&Sやホールフーズなどもあるショッピング・エリアでもあるので、お買い物のついでによるのもいいですね。

Design Museum
224-238 Kensington High Street, London W8 6NQ
10:00-18:00
最寄り駅:ハイストリート・ケンジントン(ディストリクト、サークル)
http://designmuseum.org

 

新デザイン・ミュージアムに関する5つの豆知識
http://www.news-digest.co.uk/news/london/spot/15790-about-new-design-museum-5-bits-of-knowledge.html

 


リージェンツ・パークの紅葉と彫刻

日もすっかり短くなり、いよいよ今週末29日(土)の夜中にサマータイムが終わります。
ゲンダイ・ゲストハウスのすぐそばにある広大な王立公園、リージェンツ・パークの木々の紅葉が美しい季節です。

リージェンツ・パークは、1811年に、後のジョージ4世であるリージェント皇太子が、都市計画の一環として、もともと狩猟場だった場所を建築家ジョン・ナッシュに公園に改造させた公園だそうです。

リージェンツ・パーク

黄金に染まった並木道

リージェンツ・パーク

アベニュー・ガーデンズは、ゲストハウス側の入り口から入ってすぐ

リージェンツ・パークのリス

水を飲みに来たリス

 

また、アベニュー・ガーデンズの近くのイングリッシュ・ガーデンズには、来年2017年1月8日まで、フリーズ・アート・フェア(Frieze Art Fair)に出品された彫刻から19点が展示されています。

● Frieze Sculpture Park 2016
https://frieze.com/article/frieze-sculpture-park-2016

 

彫刻

Frieze Art 「Sculpture Park」の彫刻

リージェンツ・パークの彫刻

黄色く色づいた木々と意外とマッチ

太陽の光が少ないせいか、イギリスの紅葉は地味にも感じますが、ゆっくり散歩を楽しむにはぴったりです。

リージェンツ・パークの他にも紅葉を楽しめる場所もたくさんありますので、下記の記事をご参考に。

● 英国の紅葉をもっと楽しもう / 英国ニュースダイジェスト
http://www.news-digest.co.uk/news/features/1099-autumn-leaves-in-uk.html

● ロンドン市内から気軽に行ける紅葉スポット
http://www.news-digest.co.uk/news/listing/events/11077-autumn-leaves.html

 


ロンドン地下鉄の便利なマップ

週末の24時間運行が実施され話題になったロンドン地下鉄。最近ずいぶんマシになって、急な運行停止や行き先変更は少なくなったものの、週末に整備や改装などで閉まっている駅や路線もあります。

ロンドン地下鉄

ロンドン地下鉄のマーク。年代によっていろんなデザインがあります。

ロンドン交通局も「歩いた方が早いし確実」と銘打ってウォーキング用の地図を出しています。自分たちで地下鉄は信頼できないと言っているような?気もしますが(笑)、便利そうなので紹介します。

こちらのマップは同じ線の地下鉄駅の間を歩いたときにかかる時間(分)が表示されています。

例えば、当ゲストハウスの最寄り駅「グレート・ポートランド・ストリート」から「ベイカー・ストリート」までは、徒歩約13分、「オックスフォード・サーカス」から「ピカデリー・サーカス」までは、徒歩約12分。

Walking times between stations on the same line
http://content.tfl.gov.uk/walking-tube-map.pdf

グーグルマップなどで検索すれば、徒歩での時間などもすぐにわかると思いますが、地図でロンドン全体として一目でわかるので、計画が立てやすいのではないでしょうか?

地下鉄の車内

新しい車両は、荷物置き場も広くベビーカーや車いすも安心。行き先が表示されます。

そしてこちらはロンドン中心部の主要駅間の徒歩の時間と歩数を表にしたものです。

Central London journeys that could be quicker to walk
http://content.tfl.gov.uk/walking-tube-map-journey-times.pdf

地下鉄に乗り換えがあると結構時間がかかってしまうので、歩いた方が早い場合があります。
例えば、イースト・ロンドンのトレンディ・エリア「ショーディッチ・ハイ・ストリート」には地下鉄駅はなくオーバーグラウンド駅になってしまい少々わかりにくいのですが、「リバプール・ストリート」からだと歩いて約12分。当ゲストハウスから行かれる場合にも、サークル、ハマースミス&シティ、メトロポリタンなどで、「リバプール・ストリート」+徒歩の方がおすすめです。(またはバス205番1本でも行けます)


マリルボーン・ハイ・ストリートでショッピング Marylebone High Street

当ゲストハウス最寄駅のグレート・ポートランド・ストリート駅から徒歩で約12~15分位の所に「マリルボーン・ハイ・ストリート」という小さな通りがあります。こじんまりとしていますが、この通りには、ファッション、カフェ、オーガニック、インテリアなど、立ち寄りたいお店がぎゅっと詰まっています。

このストリートにある人気のお店をいくつか紹介していきます。

 

● コンラン・ショップ The Conran Shop
55 Marylebone High Street

日本にも支店がある著名なインテリア・デザイナー、サー・テレンス・コンランのショップ。サー・テレンス・コンランは、セントラル・カレッジ・オブ・アート&デザインで学び、1952年にConran & Companyという家具・照明等のデザイン会社を設立、「Habitat」をオープン、デザイン分野で大きな功績が評価されて、その後、女王より叙勲、Sirの称号を与えられたそうです。またインテリア・デザインだけでなく、多くの一流レストランも手がけています。

コンラン・ショップ

赤いレンガでひときわ目立つコンラン・ショップ

グランドフロアから1階、2階と店内をうろうろすると、世界中から集められた優れたデザインの家具や、キッチン用品、雑貨、などがさりげなく置いてあり、見るだけでも十分楽しめます。

ガーデニング用品の階には明るい色調のガーデンに置く納屋(シェッド)までありました。こんな納屋なら見るだけでわくわくしますね。グランドフロア奥にはちょっとくつろげるカフェもあります。

コンラン・ショップ

奥にはカフェもあります

 

● スカンディウム Skandium
86 Marylebone High Street

ロンドンでも人気の北欧家具・雑貨のセレクトショップ、「スカンディウム(Skandium)」。イッタラやマリメッコ、ムーミングッズまで、おしゃれな北欧グッズがずらりと並んでいます。

スカンディウム

北欧デザインの商品

 

● エマ・ブリッジウォーター Emma Bridgewater
81A Marylebone High Street

この陶器のブランドはエマさんが、母親へのバースデー・プレゼントのカップ&ソーサーで気に入ったものを見つけられず自分で作ったことがきっかけで、1985年に会社設立したそうです。カラフルで温かみのある、家族のための陶器といった感じです。今年は女王様90歳お誕生日ということで記念のマグカップやティー・タオルも並んでいました。

エリザベス女王90歳のマグ

エリザベス女王90歳記念のマグカップ

エマ・ブリッジウォーター

イギリスらしいテーブル・ウエアの数々

 

● ドーント・ブックス Daunt Books
83 Marylebone High Street

老舗の書店ドーント・ブックスは、とても趣がある素晴らしい内装です。奥は吹き抜けになっており、二階に上がることも出来ます。また、この本屋さんのトート・バッグは丈夫でデザインもよく、人気があります。ふと目に付いたのはチャールズ皇太子の「Highgrove Garden」の紹介&写真集でした。いつかこのハイグローブ・ガーデンツアーにも行ってみたいな、などと思いながらお店を出ます。

ドーント・ブックス

自然光が入る美しい店内

HIGH GLOVE

チャールズ皇太子の「HIGH GLOVE」の本

 

● オックスファム Oxfam
91 Marylebone High Street

チャリティ・ショップ。セカンドハンドの衣類、食器、本、DVDなど安価で買えます。リッチなエリアのチャリティ・ショップでは掘り出し物に出会える確率が高い、と言われています。

オックスファム OXFAM

チャリティ・ショップのOXFAM

 

● ウェイトローズ Waitrose
98-101 Marylebone High Street

ちょっとしたお土産のお菓子や紅茶はこのスーパーで調達できます。ゲストハウスでテイクアウェイの食事をされる際にも、こちらでサンドイッチ、サラダ類、ローストチキンやカレーなどもお持ち帰りできます。最近のイギリスのスーパーもヘルシー、オイシー(美味しい)を目指して競い合っていますので、少し進化してきたとも言えます。是非機会があればお試しください。

ウェイトローズ

野菜の豊富なテイクアウェイ用パスタやサラダなどが揃っています

ウェイトローズ

パッケージのかわいいお菓子や紅茶は、おみやげにぴったり

 

● ボンポワン Bonpoint
52-54 Marylebone High Street

フランスのおしゃれな子供服ブランド。大人も着たいようなデザインの衣料品、小物、靴が揃っています。

ボンポワント

おしゃれな子供服

 

● デイルズフォード Daylesford
6-8 Blandford Street, Marylebone

ハイストリートをさらに南下し、Blandford Streetを入るとオーガニック・ショップとカフェがいっしょになった「デイルズフォード(Daylesford)」があります。グロスターシャーにある農場からの野菜、肉や加工食品、乳製品などを取り扱うお店。コットンバッグやガラス瓶などかわいい雑貨もあります。

Dayleford

デイルズフォードの外観

Daylesford

かわいいコットンバッグも売っています

上記で紹介した以外にも人気のお店がたくさんあります。

● アンソロポロジー Anthropologie (ファッション、インテリアのセレクトショップ)
33-34 Marylebone High Street

● ピエール・マルコリーニ Pierre Marcolini(チョコレート、エクレア)
37 Marylebone High Street

● ポール・スミス Paul Smith
38 Marylebone High Street

● キャス・キッドソン Cath Kidston
51 Marylebone High Street

● ナチュラル・キッチン The Natural Kitchen(食料品、デリ、カフェ、ジュースバー)
77/78 Marylebone High Street

● デザイナーズ・ギルド Designers Guild (インテリア)
76 Marylebone High Street

多くのショップは他の場所にも支店がありますが、マリルボーンは狭い範囲にお店がたくさん集まっているので、効率よく回れますし、ゲンダイ・ゲストハウスからも近いので、買い物をして一旦荷物を置いてからまた別の場所に出かける、ということも出来る便利なショッピング・エリアです。


ゲストハウスからのウォーキングコース – プリムローズ・ヒル〜カムデン〜チョークファーム

ゲストハウスから直ぐ側にあるリージェンツパーク内のブロードウォーク、まっすぐと北へ続く道を抜けた北側に、プリムローズ・ヒル(Primrose Hill)と言う地域があります。

その名の通り、実際にヒル(丘)があるのですが、標高78メートルちょっと、この丘を登りきると、晴れた日にはセントラルロンドンの景色が一望できておすすめです。ゲストハウスから歩いて30分程です。

プリムローズ・ヒル

プリムローズ・ヒルからの眺め

プリムローズ・ヒル、夕暮れ時もとても美しく、夏には多く人がピクニックなどを楽しんでいます。

頂上からの景色を堪能して、丘を斜め左手に降りると地元の商店街、リージェントパーク・ロードに出ます。

101匹わんちゃん物語の原作の舞台としても有名なプリムローズヒルは、芸能人、著名人が住んでいる高級住宅街でもあり、リージェントパーク・ロードには小じゃれたお店や素敵なレストラン、カフェなどがありますので、疲れた足を休めるには最適です。

歩き疲れた方はそのまま北へリージェントパーク・ロードを直進して通りを渡ると、地下鉄ノーザンラインのチョークファーム駅に出ますので、そこから地下鉄で移動できます。

まだまだ歩きたい方には、来た道をリージェンツパークの方まで戻ると、アルバート・ロード沿い、橋の手前に運河へ降りる階段がありますので、運河沿いの道を左へ歩いて下さい。歩いて12、3分程でカムデン・マーケットに出られます。

カムデン

この運河は19世紀に石炭や建築の材料などを運ぶために作られたもので、その後鉄道が開通したことで寂れてしまいましたが、今は地元の人の散歩道となっています。

運河沿いの道をひたすらまっすぐ歩くと、賑やかなカムデン・マーケットへ出ます。いろんな国の食べ物が気軽に試せるフードコートや、オシャレな小物などが売っているお店がありますので、楽しんで来てください。

カムデンマーケット

カムデン・ストリート


バックナンバー

おすすめイタリアン・レストラン「Da Paolo(ダ・パオロ)」

当ゲストハウスからもほど近いグッジ・ストリートにある、正統派イタリア料理のお店「Da Paolo(ダ・パオロ)」を紹介します。

イギリスのクリスマスの飲み物、マルドワイン

クリスマス・マーケットやパブなどでクリスマスの季節、必ずお目にかかる「マルドワイン(Mulled Wine)」と呼ばれるホットワインをご存じですか?

2019年に全線開通予定のエリザベス・ライン(クロスレール)

2009年から始まった、ロンドンに未来の扉を開ける新鉄道「エリザベス・ライン(クロスレール)」のプロジェクトを紹介します。

ロンドンのクリスマス・イルミネーション点灯式

これからの暗いロンドンの秋、冬を明るくしてくれるクリスマスのイルミネーションの点灯式が、毎年あるのをご存知でしょうか?

ロンドン大晦日の花火大会 London New Year’s Eve Fireworks

1年を締めくくる人気イベント、大晦日の花火大会のチケットが販売中です。年末ロンドンで参加予定の方は、お早めにチケットをご購入ください。

イギリスでの買い物とレシートについて

イギリスで物を購入した際に、レシートをもらうと必ず返品ポリシーについて記載があるのをご存知でしょうか?

ロンドン地下鉄駅の注意喚起

現在、ロンドンの地下鉄駅に張り出されている注意喚起です。不審物を見かけたら、持ち主がいるかどうか確認し、持ち主がいないようであれば、スタッフや警察にすぐに連絡しましょう。

秋の割引キャンペーン!全室10%OFF

観光客の少なくなったこの時期に、イギリスの秋を体験しにお越しになりませんか?観光、観劇、サッカー観戦にも良いシーズンですよ。当ゲストハウスでは、秋の割引キャンペーン実施中です。

ジェーン・オースティンの新10ポンド札

ここのところ頻繁にお札やコインの変わるイギリスですが、9月14日には新しい10ポンド札がお目見えしますので、ご紹介します。

ロンドン南西部の憩いの場、チジック・ハウス&ガーデンズ Chiswick House & Gardens

市民の静かな憩いの場、ロンドン南西部にあるチジック・ハウス&ガーデンズを紹介