おすすめのガーデン&公園、フラム・パレス(Fulham Palace)へ行ってきました

ロンドン市内で気軽に足を運べるおすすめの場所のひとつ、フラム・パレスを紹介します。

このフラム・パレスはロンドンの西部、パットニー・ブリッジ(Putney Bridge)に近いテムズ川沿いに位置しています。サッカーの元日本代表の稲本潤一選手も在籍したフラムFCの本拠地「クレイヴン・コテージ」のすぐ近くです。

フラム・パレス

「パレス」といっても宮殿のような建物ではなく、中世の時代からロンドンの歴代のビショップ(司教)の所有地だったもので、おもに彼らの夏の別荘として使用され、現在は歴史的建築物の保護リストに指定されています。中にはちょっとした博物館もあるようです。

見どころはなんといっても敷地内にある「ウォールド・ガーデン(The Walled Garden)」。その名の通り、壁で囲まれていて、小さな門をくぐると、美しい庭が広がっています。

ガーデンの入り口

ガーデンの入り口

先週末は、ちょうど名物の藤の花が満開でした。庭を横切るように全長約40mもある圧巻の藤は、ヴィクトリア時代からあるそうです。薄紫の繊細な花びらが幾重にも連なって、それはそれは見事でした。

有名な藤

藤の花

なかなか素晴らしいもので、何代ものビショップの中の数名は非常に庭づくりに熱を入れていたそうです。外国からイギリスでは当時珍しかった植物や花を持ち込んだり、女王への献上品となる果物を栽培したりして、次第に規模が大きくなっていったようです。

リンゴの花

リンゴなど果物の木や、野菜なども植えられています

温室

温室もあります

1973年に最後のビショップが退去して以来、「フラム・パレス・トラスト」という団体により管理・運営されています。このトラストは政府の補助を受けておらず、寄付金(個人、企業等)、プライベート用のイベント会場として貸代、カフェ、ショップ等の売り上げで収入を賄っているそうです。私が訪れた先週末も、個人の結婚披露宴の会場として使用されていたようで、大勢の人たちが出入りしていました。

藤の花

中にはカフェがあります

私の他にも本格的なカメラで写真を撮る人を見かけました。植木や果樹、苗木の世話をするガーデナーたちが忙しく働いていらっしゃいました。また別の季節に違う種類の花々や植物を楽しみにくるのもいいでしょう。

ゆっくり庭を満喫した後は、館内のドローイングルーム・カフェで美しい庭を窓から眺めながらティー・タイムを楽しむことができます。壁には、このハウスの歴史を感じさせる写真や絵画が飾ってありました。

またフラム・パレスに隣接したビショップス・パーク(Bishop’s Park)は、テムズ川沿いのステキな散歩道です。道沿いには大きな木々が沢山並んで木のアーチになっていて、ジョギングや犬の散歩をする人たちいます。対岸はパットニー・エンバンクメント。

テムズ川

テムズ川

散歩道

フラム・パレスの入り口のすぐ近くにある「The Palace Gardener」というガーデン・センターものそいてみました。ありとあらゆる種類の人気の花、木、苗木、種、土、用具はもちろん、ピクニック用品や可愛らしい置物や小物までそろっていて、見ているだけでも楽しくなります。ちょっとした軽食もいただける、明るく開放的なカフェもあるので、こちらでひと休みするのもよさそうです。

ガーデンセンター

見るだけでも楽しい!

The Palace Garden

ガーデンセンターのカフェ

明るく開放的なカフェもあります

日の長いイギリスの初夏、人混みを避けて少し足をのばせば、ここフラム・パレスとビショップス・パークでゆったりとした時間を過ごせると思います。

機会があればぜひどうぞ!

最寄りの地下鉄駅、Putney Bridge(ディストリクト・ライン)からは徒歩約10分。
バスは74、220、430がすぐ近くまで行きます。外を眺めながらゆっくりバスの旅もいいものです。

Fulham Palace
http://www.fulhampalace.org

The Palace Gardener
http://www.palacegardener.com


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

タグ一覧
おみやげお出かけお知らせお金ご挨拶ひとり旅アドバイスアートイギリスの夏イギリスの花イギリスの食べ物イギリス料理イベントイミグレーションイルミネーションイングリッシュ・ヘリデージイースターエアコンエンタメオープン・ハウス・ロンドンカフェガイ・フォークスガーデンキャッシュレスキャンペーンキリスト教ギャラリークリスマスクロスレールグリニッジグルメケンウッド・ハウスゲストハウスコベント・ガーデンコンタクトレスコーニッシュ・パスティサッカーシアターシャーロックショッピングスポーツスーパーセントポール大聖堂セント・パンクラスチョコレートデザインデザートトイレドラマハムステッドハリー・ポッターバスバレンタインデーバーパンケーキパークビスケットビッグベンフィッシュ&チップスフルーツブラッスリーブランチベジタリアンボンド・ストリートポンドマリルボーンマーケットミュージアムミュージカルユーロスターリージェンツ・パークレストランロイヤルファミリーロケ地ワイン世界遺産中東料理中華料理交通入国公園円高冬時間劇場博物館図書館国会議事堂地下鉄夏日夏時間大晦日・新年大気汚染天気安全建築復活祭挨拶散歩散策文学新年旅行日帰り旅行時間切り替え歴史気候王室環境問題病院眺望空港紅葉自然航空券花火花粉症英国の習慣英語薬局街歩き観光観劇邸宅銀行食べ物食事食文化高所
バックナンバー

イギリスで不思議に思うこと

今回は、人によって感じ方は違うかもしれませんが、私自身がイギリスで生活していて不思議に思った習慣について書いてみました。

【注意喚起】ロンドンで出没する偽警官にご用心ください!

最近、当ゲストハウスの周辺で、また偽警察が頻繁に出没しているそうです。英国に来られる方々に注意していただきたいと思い、ブログに書きました。

ゲイフレンドリーな都市、ロンドン

現在のイギリスでは、カフェで働くトランスジェンダーの人、知り合いの同性婚、テレビでも同性カップルはよく見かけますし、LGBTQコミュニティは自然に社会に溶け込んでいます。

オープンハウス・ロンドン 2019

年に一度の人気イベント「オープンハウス・ロンドン」が今年は9月21日(土)、22日(日)に開催されます。ロンドンの歴史的建造物や公共施設、優れたデザイン建築などの内部800件以上が無料で一般公開されます。

イギリスのフルーツのお話 – 追熟と完熟

夏はフルーツのおいしい季節。イギリスでもイチゴ、ラズベリーなどのベリー類のほかに、ネクタリン、桃、アプリコット、プラム、色鮮やかなフルーツがスーパーや八百屋に並びます。

ダンキングとは?イギリス流ビスケットの食べ方

イギリスのティータイム、コーヒーブレイクのお供と言えば、断然ビスケットですが、イギリス流のビスケットの食べ方、「ダンキング Dunking」をご存じですか?