ジェーン・オースティンの新10ポンド札

ここのところ頻繁にお札やコインの変わるイギリスですが、9月14日には新しい10ポンド札がお目見えしますのでご紹介します。

新しい10ポンド札は15%ほど小さくなり、5ポンド札と同じ素材のポリマーというプラスティック製で、しわになりにくく、破れにくく耐久性があるそうです。

実は5ポンド札が出たときに、原料の一部に動物性油脂を含んでいるため、動物愛護やヴィーガン(菜食主義)の人々が抗議して、署名運動まで起こりました。とてもイギリスらしい話ですね。イングランド銀行側は今後は、動物油脂の入っていない原料でお札を作ることを検討中だそうですが、実現可能かどうかはまだ発表されておりません。

新10ポンド札の裏の絵はチャールズ・ダーウィンから、「高慢と偏見」(Pride and Prejudice、「自負と偏見」という訳もあります)でも有名な英国の作家ジェーン・オースティンに変わります。点字も施され、羽ペンの絵柄がお札の向きで紫からオレンジ色に変わったり、ホログラムの王冠が3Dになっていて、マルチカラーになったりと偽造しにくいように最新の技術を用いたたくさんの工夫が凝らされています。また透かしのところにあるオースティンの眠るウィンチェスター大聖堂の絵は正面がゴールド、裏側はシルバーになっているようです。

オースティンの肖像画は彼女のお姉さんが描いたスケッチを元に後に甥が絵描きに描かせたもので、背景にはお兄さんの住んでいたお屋敷のゴッドマーシャム・パークが描かれていますが、このお屋敷にオースティンはよく遊びに行って、そこで幾つかの小説のインスピレーションを得たとのことです。

Jane Austine

ジェーン・オースティンの肖像画

チャールズ・ダーウィンが描かれた古い10ポンド紙幣は、2018年春頃に市場から徐々に姿を消していきます(正確な日にちは、3ヶ月前には発表になるそうです)。皆様、なるべく古い方のお札は使い切ってご帰国くださいませ。

チャールズ・ダーウィンの旧10ポンド札

ダーウィンが描かれた旧10ポンド紙幣は使い切ってご帰国ください

ちなみに20ポンド札は2020年にポリマーに変わる予定です。

参考リンク「没後200周年・新10ポンド札の顔になったジェーン・オースティン」
http://www.news-digest.co.uk/news/features/16579-jane-austen-200th-anniversary.html


バックナンバー

おすすめイタリアン・レストラン「Da Paolo(ダ・パオロ)」

当ゲストハウスからもほど近いグッジ・ストリートにある、正統派イタリア料理のお店「Da Paolo(ダ・パオロ)」を紹介します。

イギリスのクリスマスの飲み物、マルドワイン

クリスマス・マーケットやパブなどでクリスマスの季節、必ずお目にかかる「マルドワイン(Mulled Wine)」と呼ばれるホットワインをご存じですか?

2019年に全線開通予定のエリザベス・ライン(クロスレール)

2009年から始まった、ロンドンに未来の扉を開ける新鉄道「エリザベス・ライン(クロスレール)」のプロジェクトを紹介します。

ロンドンのクリスマス・イルミネーション点灯式

これからの暗いロンドンの秋、冬を明るくしてくれるクリスマスのイルミネーションの点灯式が、毎年あるのをご存知でしょうか?

ロンドン大晦日の花火大会 London New Year’s Eve Fireworks

1年を締めくくる人気イベント、大晦日の花火大会のチケットが販売中です。年末ロンドンで参加予定の方は、お早めにチケットをご購入ください。

イギリスでの買い物とレシートについて

イギリスで物を購入した際に、レシートをもらうと必ず返品ポリシーについて記載があるのをご存知でしょうか?

ロンドン地下鉄駅の注意喚起

現在、ロンドンの地下鉄駅に張り出されている注意喚起です。不審物を見かけたら、持ち主がいるかどうか確認し、持ち主がいないようであれば、スタッフや警察にすぐに連絡しましょう。

秋の割引キャンペーン!全室10%OFF

観光客の少なくなったこの時期に、イギリスの秋を体験しにお越しになりませんか?観光、観劇、サッカー観戦にも良いシーズンですよ。当ゲストハウスでは、秋の割引キャンペーン実施中です。

ジェーン・オースティンの新10ポンド札

ここのところ頻繁にお札やコインの変わるイギリスですが、9月14日には新しい10ポンド札がお目見えしますので、ご紹介します。

ロンドン南西部の憩いの場、チジック・ハウス&ガーデンズ Chiswick House & Gardens

市民の静かな憩いの場、ロンドン南西部にあるチジック・ハウス&ガーデンズを紹介