エリザベス女王の公式誕生日をお祝いする「トゥルーピング・ザ・カラー」の楽しみ方

イギリスの王室ではロイヤルベビーの3人目のルイ王子が4月23日に誕生し、今月5月19日にはハリー王子とメーガンさんの結婚式がウィンザーで行われるなど、おめでたい話題がつきません。

6月9日には、女王陛下の公式誕生日の恒例行事であるパレード「Trooping the Colour(トゥルーピング・ザ・カラー)」が、ロンドンの官庁街ホワイトホールの裏手にあるホースガーズ・パレードで行われます。エリザベス女王の本当の誕生日は4月21日ですが、18世紀のジョージ2世の頃から国王と女王の公式の誕生日とそれに伴う行事は、お天気の安定している夏(6月の第2土曜日)に行うことになったとのこと。

Trooping the Colour

日本の皆様にもお馴染みの赤い制服に黒い帽子の近衛兵1400人や、200頭の馬に乗った騎馬兵が400人の音楽隊と共に、女王の前でパレードするというもので、その様子は毎年テレビでも中継されます。ご興味のある方は、ウェブサイトでチケットを購入(または抽選に応募・当選)して、特設会場でご覧いただけます。(今年はすでに完売)

しかし、チケットがなくて、会場に入れなくても楽しむ方法があります。パレードが、バッキンガム宮殿からホースガーズの敷地へ行くまでの間、The Mall(ザ・マル)という通りから、簡単に見ることができます。早めに行って場所取りをすると、まっすぐ伸びた通りに近衛兵が一定の間隔で立っていることに気がつくと思います。上級のオフィサーがやってきては、立っている近衛兵の間隔が一定の幅になるよう大きなコンパスを使って測っているところも見られたりして、笑ってしまいます。

The Mall

ザ・マル。突き当たりがバッキンガム宮殿

パレード自体は、バッキンガム宮殿の衛兵交代式をもっと大規模に豪華にした感じのものですが、格式や伝統を重んじるイギリスらしさを味わうにはうってつけのページェントです。女王をはじめ王室のメンバーの姿も垣間見ることができますので、イギリス王室を身近に感じることができます。

ホースガーズに向かうパレードが通り過ぎるとしばらくは戻って来ませんが、場所を変えて、バッキンガム宮殿の門近くに場所を変えて帰りを待って見てください。

行事を終えて宮殿へ戻った女王陛下が王室メンバーと共に、バッキンガム宮殿のバルコニーにお出ましになり、ロイヤル・エアフォース(イギリス空軍)の飛行連隊がバッキンガム宮殿の上空を通過するフライパスト(Flypast)を眺めます。

さまざまな軍用機が上空を通過するのですが、最後を締めくくるのはレッドアローズという名の9機で、色のついた煙幕を出して通過するのはとても見事で見応えがあります。

また当日に見れない方でも、1週間前と2週間前(5月26日と6月2日)に予行練習のためのパレードがあるらしいので、王室メンバーやフライパストはありませんが、ちょっとだけ雰囲気を味わうのには、狙い目かもしれません。

http://www.householddivision.org.uk/trooping-the-colour-overview

日時:6月9日(土)パレード:10時〜、フライパスト:13時


エリザベス女王の90歳のお誕生日

エリザベス女王は今年90歳になられました。とてもおめでたいことですね。
さて、皆さまご存知かもしれませんが、女王は誕生日祝いを年2回行います。
女王の本当の誕生日は4月21日ですが、毎年、気候の良い6月の土曜日に「公式誕生日」を祝います。

リージェント・ストリート

リージェント・ストリートもユニオン・ジャックでお祝い

今週は下記のような行事が予定されています。

6月10日(金)Service of Thanksgiving at St Paul’s Cathedral
セント・ポール大聖堂で感謝の礼拝

6月11日(土)Trooping the Colour 女王の公式誕生日祝いの式典
カラフルな装いの音楽隊や、200頭近くの馬にのった衛兵などで軍隊パレードの式典が行われます。ホワイトホール、ホースガーズ・パレードで行われ、BBCでも朝10時から放映されます。

女王はバッキンガム宮殿周辺を豪華な馬車で周った後、午後1時にはバルコニーで英空軍による祝賀飛行(フライパスト)をご覧になるとのこと。ロイヤルファミリー・ファンでしたら、実際に足を運んでみたら雰囲気を味わうことができるかもしれません。(大変な混雑が予想されますので、スリ等にはご注意を!)

ホースガーズ・パレード

ホースガーズ・パレードでは、すでにトゥルーピング・ザ・カラーの準備中

6月12日(日)The Patron’s Lunch チャリティー・ランチ
バッキンガム宮殿前の大通りザ・マルに1万人が招待され、大規模なストリート・パーティーが開催される予定。なんと女王やフィリップ殿下と昼食を共にできるということで、2,000人分のチケットが一般参加者向けに£150で販売されました。(収益はチャリティーに寄付される予定)果たしてラッキーにもそのチケットを手に入れられたのはどんな人たちでしょうね。

ザ・マル

ランチ付きストリート・パーティーが行われるザ・マル。通りの奥にバッキンガム宮殿があります。

実際にこの場所に足を運べない人たちも、ロンドン市内の王立公園などに設置された大型スクリーンを通じてストリート・パーティーの模様を見ることができます。

当日はイギリス国内、それぞれの地域のストリートで女王の誕生日を祝う、小さなパーティーが開催されることでしょう。こんなときには英国の国民がいかにロイヤルファミリーが好きか分かりますね。

今、街中にも女王のお誕生日を祝う特別なデコレーションや記念商品が並び、国旗のユニオン・フラッグを嫌というほどあらゆるところで見られます。

エマ・ブリッジウォーター

マリルボーンにあるエマ・ブリッジウォーター

フォートナム&メイソン

エリザベス女王の在位期間最長記録をお祝いしたフォートナム&メイソンスペシャル・ブレンド

記念品にご興味ある方は、ロイヤル・コレクション・ショップもあります。
http://www.royalcollectionshop.co.uk/gifts/the-queen-s-90th-birthday.html


バックナンバー

ミステリアスなローマ時代の神殿跡、ロンドン・ミトラエウム

金融街シティに新しく出来たブルームバーグ社のビル内にあるギャラリースペースにある、ローマ時代の神殿跡「ロンドン・ミトラエウム」を紹介します。

エリザベス女王の公式誕生日をお祝いする「トゥルーピング・ザ・カラー」の楽しみ方

エリザベス女王の公式誕生日を祝う、初夏のイベント「トゥルーピング・ザ・カラー」のオススメの楽しみ方を紹介します!

ビュッフェ形式のベジタリアン・レストラン「Tibits」

旅行中、野菜が不足していると感じたり、ひとりでサクッと食べたいな、というときにぴったりなビュッフェ形式のベジタリアン・レストラン、ティビッツを紹介

イギリスのお天気と服装

イギリスは、サマータイムもはじまり日は延びたものの、はっきりしないお天気が続いています。春爛漫の日本からイギリスへの旅行となると服装をどうしようかとお悩みになるのではないでしょうか?

リーズナブルでおいしい!おすすめステーキハウス「Steak & Co」

リーズナブルでおいしい!おすすめステーキ・ハウス「Steak & Co」を紹介します。

2018年 春の割引キャンペーン!全室10%オフ

3月10日〜4月20日まで全室10%OFF!春の割引キャンペーンのお知らせです。ぜひこの機会をご利用ください。

イギリス英語について

多少英語に自信のある日本人の方でも、イギリスに来ると英語が分かりにくいという方が結構いらっしゃいます。

おひとり様OK!教会にある「カフェ・イン・ザ・クリプト」

ひとりでも英語に自信がなくても、気軽に入れるセルフサービスのカフェ・レストランを紹介します。

あけましておめでとうございます。

Happy New Year 2018!
新年あけましておめでとうございます。

メリー・クリスマス from London

今年もゲンダイ・ゲストハウスをご利用いただき、ありがとうございました。どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。