おひとり様OK!教会にある「カフェ・イン・ザ・クリプト」

一人旅は自分のペースで誰に気兼ねすることもなく楽しめるのですが、食事をするとなると誰か連れ合いがいればと思うことが多々あります。

ましてや海外への一人旅となると余程旅慣れた方でない限り、レストランへ入るのにちょっと勇気がいります。日本から来ると一人でどんなレストランへ入るか迷いますし、言葉の壁があったするので何を頼んでいいかも分からない方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、おひとりでも英語に自信がなくても、気軽に入れるセルフサービスのカフェ・レストランをご紹介します。セルフサービスとはいえ、典型的な英国料理が食べられるので、ちょっと試して見たいという方にもおすすめです。

場所は、トラファルガー広場にあるセント・マーティン・イン・ザ・フィールズ(St Martin-in-the-Fields)という教会の地下、カフェ・イン・ザ・クリプト(Café in the Crypt )。

St Martin-in-the-Fields

トラファルガー広場にある教会。レスター・スクエアからも近く

教会の横にあるガラスドームの入り口から地下へ降りると、まずお土産などのショップがあります。ここのお土産屋さんは小さいながらも、英国らしいもの、猫や音楽に関連するものなど、なかなか良さそうなものが置いてありますので、何かしら心くすぐられるものが見つかるかもしれません。

お土産屋さん

猫グッズや植物や野鳥などのイギリスらしい柄の小物など

ショップを右にして、階段の下を進むとそこがクリプトです。クリプト Crypt とは教会の地下墓地のことで、ここも昔は地下墓地だったので、床を見ると、ところどころ墓碑が残っています。

まずはトレイを持って、カウンターへ。はじめにドリンクやケーキなどがありますので、欲しいのもがあれば係の人に言って取ってもらいます。真ん中の辺りが日替わりのホットフードを提供している場所となります。

St Martin-in-the-Fields

セルフサービス。フードも目で確認できるので、注文しやすいですね

メニューは日替わりですが、イギリスらしい料理が提供されています。例えば、ソーセージ&マッシュ、フィッシュ&チップス(通常金曜日)、サンデーロースト(日曜日)など。ベジタリアン用もあります。係の人がサーブしてくれます。

ソーセージ&マッシュ

マッシュポテト、ニンジン、グリンピースの添えられたソーセージ

フードを注文する場所の横に、イギリスの典型的なデザート、アップルクランブル(日によって違うことも)がありますので、ぜひトライしてみてください。大きなジャグにカスタードクリームを入れて渡してくれます。

暖かい飲み物、コーヒー、紅茶(種類が選べます)は最後にあります。

アップルクランブル

典型的なイギリスの味、アップルクランブルと甘くないカスタードソース

この教会の運営なので、料金も良心的です。レジでお会計をしてカトラリー(ナイフやフォーク)をとって、好きな席についてお食事ができます。トイレも併設されていますので、長居をしても問題ありません。

このカフェは、朝食、ランチ、アフタヌーンティー、夕食まで幅広く使えますが、水曜日の夜8時以降はコンサートをやっているためご注意ください。(チケット制)

Café in the Crypt
Trafalgar Square, London WC2N 4JH
https://www.stmartin-in-the-fields.org
*オンラインで日替わりメニューが確認可能

営業時間
月、火曜日  8:00〜20:00
水曜日  8:00〜22:30
木、金曜日  8:00〜21:00
土曜日  9:00〜21:00
日曜日  11:00〜18:00


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

おすすめフィッシュ&チップス店「メイフェア・チッピー」

先日、オックスフォード・ストリート近くのフィッシュ&チップス店「メイフェア・チッピー(The Mayfair Chippy)」にいってきました。英国では、フィッシュ&チップスのお店のことを親しみを込めて「チッピー」と呼びます。

ボンド・ストリート駅で下車し、マークス&スペンサーのある十字路、南側の通りNorth Audley Streetを下ること5分、左手にあります。通りすぎてしまいそうなほど小さな入り口なので、お気をつけください。

こじんまりとした居心地のよい店内です。

魚は定番の白身魚、コッド、ハドック、プレイスから選び、タルタルソース、レモンが添えてあります。もちろんテーブルの上にはソルト&ペッパー、イギリス人の愛するモルト・ビネガーもありますのでお好みでどうぞ。

ビールの入った衣もカラッと揚がっていて、チップス(フライドポテト)はカリカリのホクホク!ペロリと平らげました。

Mayfair Chippy

カラッと揚がったフィッシュ&チップス

フィッシュ&チップス以外にも、牡蠣やカニ、ムール貝、フィッシュケーキや、シェパーズ・パイなどもあるようなので、冒険したい方は、試してみるのもよいかもしれません。

飲み物は、ビールやワイン、各種ソフトドリンクもありますが、無料のタップ・ウォーター(Tap Water=水道水、無料)だけでもOKです。

買い物の途中や帰りに寄って、ササッとランチや夕食を済ませるのに最適です。フィッシュ&チップスが恋しくなったらこちらのお店を試してみてください。

Mayfair Chippy
14 N Audley St, Mayfair, London W1K 6WE
http://www.mayfairchippy.com

 


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

人気の台湾料理レストラン「BAO」

ソーホーに開店して以来、常に行列ができる台湾料理のレストラン「BAO」。

包(バオ)という名前の通り、中華まんの皮にいろんな具を挟んだものが、このお店の看板メニューです。

このBAOの2店目が、当ゲストハウスからもほど近いグッジ・ストリートにオープンしたので行ってきました。
予約を取らないので、行列必至です。

BAO

BAOの看板。このイラストのバッグやTシャツなども売っています

お店の営業は午後5時半スタート、早めにと思い6時に行きましたが、すでに行列。

オープンと同時に入ったお客さんでいっぱいなので、かなり待つかな……と思いましたが、前には4組くらいだったので、がんばって並ぶことにしました。

BAO

地上階はカウンター席のみ(地下にもテーブルあり)

待っている間、メニューをもらえるので、あれやこれや食べたいものを考えたり、列で隣になった人におすすめ料理を聞いたりしていると、あっという間に1時間、カウンター席に着くことが出来ました。

メニュー表に数量を入れて注文します。いろいろありすぎて迷ってしまいますが、どれも小皿料理なのでたくさん頼んでも大丈夫そうです。

BAOのメニュー

メニュー

ウーロン茶や日本酒など、アジアン・テイストなカクテルや、お茶もたくさんの種類があります。

カクテルのメニュー

カクテルのメニュー

大根のBAO

ベジタリアン用の大根フライの入ったバオと、キャベツの酢漬け

BAO

豚バラ肉のバオ

バオの料理

エビやスイートコーンのXO醤炒め、ピーナツ・パウダーがかかった煮豚のクラシック・バオ

BAO

タコの炒め物

BAO の丼物

ご飯ものも小さな丼です。麻婆ナス丼と、牛肉と瓜とエリンギの丼(右)を注文

どれも日本人好みのほっとする味付け、小皿なので、たくさんの種類が食べられて大満足!
2人で10品+飲み物を頼んでひとり約30ポンドでした。(サービスチャージの入っているお店では、チップは置かなくても大丈夫です)並ぶのがちょっとおっくうですが、またチャンスを狙って行ってみたいと思います。

BAO Fitzrovia
31 Windmill Street
Fitzrovia, London
W1T 2JN
月〜土曜 12:00〜15:00 / 17:30〜22:00
最寄り駅:Goodge Street

BAO SOHO
53 Lexington Street
Soho, London
W1F 9AS
月〜金曜 12:00〜15:00 / 17:30〜22:00
土曜 12:00〜22:00
最寄り駅:Piccadilly Circus / Oxford Circus

NETILL MARKET
13-23 Westgate Street
London
E8 3RL
*ブロードウェイ・マーケットの近くで、土曜日だけオープン(バオだけ)

https://baolondon.com


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

モダンな中東料理「Honey & Co」

当ゲストハウスから徒歩で10分弱の、おすすめのレストランをご紹介します。

一見、ありふれた感じのこの小さなお店は、当ゲストハウス最寄駅のグレート・ポートランド・ストリート駅とウォレン・ストリート駅のちょうど真ん中あたり、大通りから一歩入った静かな通り「Warren Street」にあります。

Honey & Co

小さなお店なのですぐに満員(すぐ近くに食料品店もあり)

ここの特徴は、聞き慣れない中東の食材を使った、わくわくするメニューにあります。このお店のオーナーシェフはバトラーズワーフなどで経験を積んだ奥様 Sarit さんと、ご主人のItamarさんで、レシピ・ブックも出している人気シェフです。

土曜日の午後、ランチタイムもすっかり終わった午後5時前だったにもかかわらず満席でしたが、しばらくするとタイミングよく席が空きました。

魅力的なメニューの中から今回選んだのは以下です。(メニューは旬の食材に合わせて頻繁に変わります)

前菜

前菜:空豆のフムス、空豆、マリネしたアスパラガス、半熟ゆで卵

 

メイン:ロースト・チキン

メイン:ロースト・チキン+ヨーグルトとハリッサ(チュニジアの唐辛子)のソース、ザクロなどが入ったサラダのようなライス

 

メイン:ロースト・ラムのサラダ

メイン:ロースト・ラム、ブルガー小麦、ブドウ、クルミ、ペクメズ(トルコのブドウなどのシロップ)ドレッシングのサラダ

 

デザート

デザート:タヒニ(ゴマペースト)のアイスクリーム、アーモンドとブルーベリーのバクラヴァ風

野菜をたっぷり使ったヘルシーで色彩にあふれ食欲をそそる見た目と、食材の思わぬコンビネーションが楽しめ、どれも美味でした。
2人でビールや食後のコーヒーなど飲み物、別に注文したパン(これもおいしかった!)なども含め全部で約70ポンドでした。

食事している間にも、何度もお店にお客さんの出入りがあり、その人気ぶりが伺えます。やはり予約をするか、混んでない時間帯に来る方がよさそうです。ありきたりの中華やイギリス料理に飽きて、少し変わったものを試してみたい方にはおすすめです。

Honey & Co
25a Warren St. W1T 5LZ
TEL: 020 7388 6175
月~金:8:00am~10:30pm / 土:9:30am~10:30pm
日曜定休
http://honeyandco.co.uk/


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

イギリスのサンデーロースト

イギリスを代表する食べ物にローストビーフがあります。
中世にまで遡るこの伝統的なお料理、をイギリスに来たからには一度は試してみたいと思われる方も多いかと思います。しかしながら、日本から来るとローストビーフを食べる事が出来るレストランが意外に少ないと思われるかもしれません。

実はローストビーフは、通常日曜日のランチ時とこちらでは決まっています。(日曜日はランチがディナーとなるのです。)
お肉もビーフと決まっている訳ではなく、サンデーローストと言って、ローストチキン、ローストラム、ローストポークと様々です。

Queens _roast beef

大抵は「ヨークシャープディング」というシュークリームの皮のようなものと、その他にローストポテト、茹でた野菜など、付け合わせはいろいろです。
ビーフには通常、ホースラディッシュ(少しツンと辛味のある西洋ワサビと呼ばれるもの)、ラムにはミントソース、ポークにはアップルソースを添えていただきます。

昔は日曜日のランチはイギリスの一般家庭では必ずと言っても良い程サンデーローストと決まっていましたが、最近の若者はあまりロースト料理に興味がなく、サンデーローストの代わりにピザやフライドチキンを食べると言った風潮になってきているとかで、それはとても残念なことです。しかし、未だ多くのイギリス人が「日曜日はサンデーローストの日」と決めており、日曜日になるととガストロバプやレストランの外に「サンデーロースト」と書かれた看板が出ていますので、是非お試し下さい。

Queens head _signage outside1

今回は独断と偏見で選んだサンデーロースト・ベスト3をご紹介します。
気軽さとゲストハウスからの行きやすさを重視しました。

1)Hawksmoor
ロンドン市内に4店あり、ここからですと、ピカデリーサーカス、コベントガーデン店が便利です。
ステーキ/シーフードで有名なお店ですが、日曜日の昼時はローストビーフがお手頃で美味しいです。
http://thehawksmoor.com

2)The Founder’s Arms
テート・モダン, ミレニアムブリッジ側の川岸にあり、川向こうのセントポール寺院の眺めが最高です。
13時以降はかなり混みますので、その前に行くか、予約して行く事をお勧めします。
www.foundersarms.co.uk

3)Queen’s Head & Artichoke
ゲストハウスお隣のガストロパブです。ここでは日曜日は一日中サンデーローストをやっていますので、
お昼に食べ逃しても大丈夫です。
www.theartichoke.net

上記のどこもポーションが大きいですから、お腹をすかせてお出かけ下さい!

Queens Head and artichoke

queens Head and artichoke_upstairs


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

インド料理のレストランが並ぶ、ドラモンドストリート

当ゲストハウスから徒歩5分ほどのところに、インド系のレストランが集まった通り「ドラモンド・ストリートDrummond street」があります。イギリスは植民地時代からの影響もあり、インド、パキスタン、バングラディッシュ系のレストランは充実しています。

ちなみにこの通りには、インドの高級菓子店、エスニックな野菜などを売る店もあり、ゴーヤのような野菜、オクラ、大根も買えます。

ロンドン中心でちょっとしたインド・ストリートであるこの通りは、平日の夜でもオフィス帰りのビジネスマンや、観光客、地元の人で賑わっています。

先日、この界隈で人気のレストランのひとつ、「Shah」へ行ってきましたので、ご紹介します。

Shah Tandoori

こじんまりしたお店は外から見ると、白いテーブルクロスがかかって、他のレストランと比べると割と高級そうな装いですが、お値段はとてもお手頃です。

Shar Tandoori 店内

席に案内され、注文を済ませると、まずは付け合せにpapadom(薄皮おせんべいのようなもの)とチャツネが出てきました。これは on the house(無料)です。

今回注文した品は、
Prawn Puri (パンケーキのような衣の中に海老や野菜が入っている)、
Mixed Tandoori Grill(タンドリー焼きのラム、チキン、ソーセージ、野菜等の炭焼き)
Vegetable Biryani(カレーチャーハン?のようなもの。肉入りも別にあり)

どれも美味でした。

インド料理

ドリンク注文は今回水のみでしたが、お好きな方はインドのコブラビール(Cobra Beer)や、ラッシやマンゴラッシ、(Lassi、Mango Lassi)などをトライしてみては如何でしょうか。

多く注文しすぎたので完食できず、Take away用の容器をもらって持ち帰りました。

Shah Tandoori
159 Drummond St, London NW1 2PB
020 7383 5677


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

おすすめカフェ・レストラン:「Riding House Cafe」

日曜の夜は、多くのお店が早く閉まってしまいます。
そんな時におすすめなのが、当ゲストハウスから徒歩約10分のカフェレストラン「Riding House Cafe」。

ちょっとだけ食べたい、ガッツリ食べたい、アルコールは飲みたくない、いろんなお酒が楽しみたい、などなどいろんな要望にも応えられる便利なお店です。

受付で人数を伝えると、席に案内してくれます。

Riding House Cafe

若者向けのお店に見えますが、暗めで意外と落ち着いた雰囲気です。

まずは飲み物を注文。店員さんおすすめの地ビール「CAMDEN HELLS」、すっきりして飲みやすいラガーです。

Riding House Cafe

Camden Hells

デトックス系のスムージーやソフトドリンクも多くあり、アルコールが苦手な方も安心です。
あまりお腹が空いていなかったので、ひと皿5〜7ポンドくらいの小皿料理を注文しました。

Riding House Cafe

タパスのようなおつまみ

左から、アーティチョークのパテ、ソルトビーフのコロッケ、豚のほほ肉の中華風。

どれもなかなか美味しく、量も少なめなので、ささっと食べて早めに帰宅しました。

Riding House Cafe
43-51 GREAT TITCHFIELD ST
LONDON W1W 7PQ

Breakfast
月-金: 7.30am to noon
土-日: 9am to 11.30am

Brunch
土-日: noon to 4pm

Lunch
月-金: noon to 3.30pm
土-日: noon to 4pm

Dinner
月-土: 6pm to 10.30pm
日: 6pm to 9.30pm

*営業時間は変更されることもありますので、お店のウェブサイトでご確認ください。
www.ridinghousecafe.co.uk


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

バックナンバー

冬の割引キャンペーン:2019年1月7日〜2月10日、全室10%オフ!

来年2019年1月7日から2月10日まで、全室10%オフのキャンペーンを開催します!是非この機会ご利用くださいませ。

キャッシュレスが進むイギリス

街から銀行がどんどん減少し、キャッシュレスがどんどん進んでいるイギリスの現状をお伝えします。

おすすめ中華レストラン「フェニックス・パレス」

当ゲストハウスからも近く、ベイカー・ストリートにある中華料理のお店「フェニックス・パレス」を紹介します。

イギリスのトイレ事情

日本の素晴らしいトイレの足元にも及びませんが、イギリスでも少しずつ改善してきたトイレ事情について紹介します。

ヨーロッパの格安航空会社、ライアンエアーやイージージェットを利用するときの注意事項

安さが売りのバジェット・エアライン(LCC)、イギリスで多く利用されているイージージェットとライアンエアーについて、注意点をまとめてみました。

リージェンツ・パークの野外劇場

ロンドンの夏の風物詩、リージェンツ・パークの野外劇場がオープンしています。今年は、例年になく暑い日が続き、お天気の心配があまりないので、野外で行われるイベントには最適の年ですね。