イギリスのクリスマスの飲み物、マルドワイン

先日オックスフォード・ストリートのクリマス・イルミネーションも点灯して、街中はすっかりクリスマスの雰囲気となりました。レスター・スクエアやサウスバンクにも、すでにクリマス・マーケットがオープンし、大勢の人で賑わっています。

クリスマス・マーケットやパブなどでこの季節、必ずお目にかかる「マルドワイン(Mulled Wine)」と呼ばれる飲み物をご存じでしょうか?シナモン、クローブなどのスパイス、オレンジやレモン、砂糖を入れて甘くした温かいワインです。寒い冬空の下、心も体も温まるこのマルドワイン、いったいどんな由来で、どうやって広まったのでしょうか?

マルドワイン

スパイスの香りゆたかなマルドワイン

古代ギリシャでは残ったワインを捨てずに、蜂蜜、ベイリーフ、黒胡椒、サフランなどを入れて温めて飲んだとの説があります。2世紀頃から、ローマ人は冬の寒さから体を守るためにワインを温めて飲み始め、それがローマ帝国を築くヨーロッパ遠征で各地に広がったとのこと。

中世になるとヨーロッパ人も、体を病気から守り健康に良いと信じて、食後に温かくて甘いワインを飲む習慣が始まったとか。

時代とともにこの温かいワインは、寒いスカンジナビアを除いて廃れましたが、1800年代には「グロッグ(Glogg)」というよく似た飲み物が人気となりました。1890年にグロッグがクリスマスの飲み物として紹介されると、それがヨーロッパ全土に普及したと言われています。

スカンジナビアではグロッグ、ドイツではグリューワイン、フランスではヴァンショーと、お国によって呼び名もレシピも少しずつ変化しましたが、イギリスでは、マルドワインがクリスマスの時期の飲み物として定着しています。

昔は家庭での手作りが一般的でしたが、最近はスーパーなどでボトルに入ったマルドワインや、ワインに混ぜるだけのマルドワイン用スパイスミックスが販売されていますので、作るのが面倒な方はぜひお試しください。市販のものを使って、自分好みの味にするのもおすすめです。

スーパーのマルドワイン

マークス&スペンサーのお酒売り場にあるマルドワイン(右端)。クリスマスは、シャンパンはもちろんですが、チェリー・クロッグ、アイリッシュ・クリームなど甘いお酒も並びます。

いろいろなレシピがたくさんありますが、ご参考までにBBCのレシピ
http://www.bbc.co.uk/food/mulled_wine

参考サイト
http://www.medievalhistories.com/medieval-mulled-wine/
https://vinepair.com/articles/history-of-mulled-wine/


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

バックナンバー

リージェンツ・パークの野外劇場

ロンドンの夏の風物詩、リージェンツ・パークの野外劇場がオープンしています。今年は、例年になく暑い日が続き、お天気の心配があまりないので、野外で行われるイベントには最適の年ですね。

イギリスの病院

海外に来て一番避けたいのは体調を崩し、慣れない土地で病院へ行くことだと思いますが、イギリスでの医療システムを少し紹介します。

ミステリアスなローマ時代の神殿跡、ロンドン・ミトラエウム

金融街シティに新しく出来たブルームバーグ社のビル内にあるギャラリースペースにある、ローマ時代の神殿跡「ロンドン・ミトラエウム」を紹介します。

エリザベス女王の公式誕生日をお祝いする「トゥルーピング・ザ・カラー」の楽しみ方

エリザベス女王の公式誕生日を祝う、初夏のイベント「トゥルーピング・ザ・カラー」のオススメの楽しみ方を紹介します!

ビュッフェ形式のベジタリアン・レストラン「Tibits」

旅行中、野菜が不足していると感じたり、ひとりでサクッと食べたいな、というときにぴったりなビュッフェ形式のベジタリアン・レストラン、ティビッツを紹介

イギリスのお天気と服装

イギリスは、サマータイムもはじまり日は延びたものの、はっきりしないお天気が続いています。春爛漫の日本からイギリスへの旅行となると服装をどうしようかとお悩みになるのではないでしょうか?