ロンドンを一望できる天空の庭!入場無料のスカイ・ガーデン

ロンドンを一望できるスポットは、ロンドン・アイ、シャードなどありますが、今回は無料で入場できる「スカイ・ガーデン(Sky Garden)」を紹介します。ロンドンの金融街、シティと呼ばれるエリアにある37階建てオフィスビルの36階にあります。

夕焼けを見ようと日没時間を狙いました。
まずは公式サイトから訪問日時の予約を入れます。ちゃんと日の出と日の入り時刻が表示されています。
https://skygarden.london

メールで予約完了の連絡が来ますので、プリントアウトして持参するか、スマートフォンの中に入れてすぐに見せられるようにしておきましょう。

スカイ・ガーデン

入り口です

入場にはパスポート、またはそれに準ずる写真入りのIDが必要です。ビル入り口にてセキュリティ・チェックを通過し、スカイ・ガーデンまで直通のエレベーターで上がります。

太陽光がさんさんと差し込む空間に、たくさんの木や草花が植えてあり、まさにスカイ・ガーデン、天空の庭園のようです。

スカイ・ガーデン

巨大な温室のよう

スカイ・ガーデン

たくさんの草花

スカイ・ガーデン

バルコニーからも景色が楽しめます

テムズ川、タワーブリッジ

テムズ川にかかるタワー・ブリッジ、ロンドン市庁舎、巡洋艦ベルファストも見えます

レストラン、バー、カフェもありますので食事もできます。レストランの予約があれば、スカイガーデンへの予約は要らないということです。

美しい夕焼けです。

ロンドンの夕焼け

お天気のいい日は夕焼けもきれいです

スカイ・ガーデン

左にシャードが見えます

日が沈んでしまった後には、夜景が楽しめます。

クリスマス前だったのでクリスマスツリーも飾られ、夜はロマンチックな雰囲気です。

ロンドンの夜景

クリスマスツリー

ロンドンの夜景

シャードとロンドン・ブリッジ

ロンドンの夜景

シティの高層ビル群。右から通称「ガーキン」と「チーズグレイター」と「ナットウエストタワー」

ちょっと視点を変えて、高いところから眺めるロンドンもステキですよ。

1 Sky Garden Walk
20 Fenchurch Street, London EC3M 8AF
最寄り駅:地下鉄 Monument 駅から徒歩約5分


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

バックナンバー

イギリスのトイレ事情

日本の素晴らしいトイレの足元にも及びませんが、イギリスでも少しずつ改善してきたトイレ事情について紹介します。

ヨーロッパの格安航空会社、ライアンエアーやイージージェットを利用するときの注意事項

安さが売りのバジェット・エアライン(LCC)、イギリスで多く利用されているイージージェットとライアンエアーについて、注意点をまとめてみました。

リージェンツ・パークの野外劇場

ロンドンの夏の風物詩、リージェンツ・パークの野外劇場がオープンしています。今年は、例年になく暑い日が続き、お天気の心配があまりないので、野外で行われるイベントには最適の年ですね。

イギリスの病院

海外に来て一番避けたいのは体調を崩し、慣れない土地で病院へ行くことだと思いますが、イギリスでの医療システムを少し紹介します。

ミステリアスなローマ時代の神殿跡、ロンドン・ミトラエウム

金融街シティに新しく出来たブルームバーグ社のビル内にあるギャラリースペースにある、ローマ時代の神殿跡「ロンドン・ミトラエウム」を紹介します。

エリザベス女王の公式誕生日をお祝いする「トゥルーピング・ザ・カラー」の楽しみ方

エリザベス女王の公式誕生日を祝う、初夏のイベント「トゥルーピング・ザ・カラー」のオススメの楽しみ方を紹介します!