テート・モダン、新館オープン

6月に新館がオープンしたテート・モダン。英国の美術館・博物館の中でも大英博物館、ナショナル・ギャラリー、自然史博物館に続き、第4位の最多入場者数を誇ります。(wikipedia List of most visited museums in the United Kingdom から)

絶好のロケーション、広々とした館内、入場無料(特別展を除く)で一流の現代アートを鑑賞できる、金・土は夜10時までオープンなどなど、その魅力はたくさんあります。

ミレニアム・ブリッジ

テート・モダンは、セントポール大聖堂からミレニアム・ブリッジを渡った南岸にあります

セント・ポール大聖堂から、テムズ川に架かるミレニアム・ブリッジを渡ったところにあるにテート・モダンがあります。左に行くと(方角でいうと東)シェイクスピアのグローブ座、もっと行くとバラーマーケットなどのあるロンドン・ブリッジ。右に行くと(方角でいうと西)OXOタワー、もっと行くとナショナル・シアターなどがあり、このあたりのテムズ川南岸一帯に文化施設が集まっています。

テート・モダン

煙突の右に見えるのが新館

「スイッチ・ハウス(Switch House)」と呼ばれる新館は、古い火力発電所を使った本館にマッチしながらも、存在感のある斬新なフォルムです。内部も、エッジの効いたデザインが随所に見られる巨大なアート作品といった感じですが、スペースがゆったりとしているのと、床などにも木をふんだんに使っているせいもあって、意外と落ち着く心地よい空間です。

テート・モダン新館

テートモダンのマップ

わかりやすい案内図

Lifts

エレベーター(リフト)・ホール。お子様連れ、お年寄り、障害のある方優先です

展示

草間彌生

草間彌生さんの作品「The Passing Winter 2005」は大人気

カフェ

地上階のカフェ。このほかにも小さなバーなどもあり、休む場所を探すのには苦労しません

そして、この美術館のアトラクションのひとつとなっているのは最上階にある展望ギャラリー。テムズの南岸からロンドン市内が360℃見渡せます。

Shard

尖ったガラスのようなビルはシャード

ミュージアム・ショップには、テート・モダンのオリジナルグッズをはじめ、アーティストやデザイナーとのコラボ商品、デザインの素晴らしい絵本や子ども用たくさん。おみやげも見つかりそう。

テート・モダンのショップ

ミュージアム・ショップ

左)グレイソン・ペリーのテートモダンをモチーフにしたTシャツ
右上)スペルガとのコラボ 右下)絵本「ジル&ドラゴン」のマグカップ

 

テート・モダンに関する5つの豆知識
http://www.news-digest.co.uk/news/listing/events/15203-about-tate-modern-5-bits-of-knowledge.html

Tate Modern
Bankside, London SE1 9TG
月〜木 10:00~18:00
金〜土 10:00~22:00
日 10:00~18:00
(クリスマス・年末年始はオープン時間が変更になる場合があります)
http://www.tate.org.uk/visit/tate-modern


バックナンバー

イギリスのお天気と服装

イギリスは、サマータイムもはじまり日は延びたものの、はっきりしないお天気が続いています。春爛漫の日本からイギリスへの旅行となると服装をどうしようかとお悩みになるのではないでしょうか?

リーズナブルでおいしい!おすすめステーキハウス「Steak & Co」

リーズナブルでおいしい!おすすめステーキ・ハウス「Steak & Co」を紹介します。

2018年 春の割引キャンペーン!全室10%オフ

3月10日〜4月20日まで全室10%OFF!春の割引キャンペーンのお知らせです。ぜひこの機会をご利用ください。

イギリス英語について

多少英語に自信のある日本人の方でも、イギリスに来ると英語が分かりにくいという方が結構いらっしゃいます。

おひとり様OK!教会にある「カフェ・イン・ザ・クリプト」

ひとりでも英語に自信がなくても、気軽に入れるセルフサービスのカフェ・レストランを紹介します。

あけましておめでとうございます。

Happy New Year 2018!
新年あけましておめでとうございます。

メリー・クリスマス from London

今年もゲンダイ・ゲストハウスをご利用いただき、ありがとうございました。どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。

光のフェスティバル「ルミエール・ロンドン Lumiere London」

ロンドンで2018年1月18日(木)〜21日(日)開催される光のフェスティバル「ルミエール・ロンドン」を紹介します。

おすすめイタリアン・レストラン「Da Paolo(ダ・パオロ)」

当ゲストハウスからもほど近いグッジ・ストリートにある、正統派イタリア料理のお店「Da Paolo(ダ・パオロ)」を紹介します。

イギリスのクリスマスの飲み物、マルドワイン

クリスマス・マーケットやパブなどでクリスマスの季節、必ずお目にかかる「マルドワイン(Mulled Wine)」と呼ばれるホットワインをご存じですか?