テート・モダン、新館オープン

6月に新館がオープンしたテート・モダン。英国の美術館・博物館の中でも大英博物館、ナショナル・ギャラリー、自然史博物館に続き、第4位の最多入場者数を誇ります。(wikipedia List of most visited museums in the United Kingdom から)

絶好のロケーション、広々とした館内、入場無料(特別展を除く)で一流の現代アートを鑑賞できる、金・土は夜10時までオープンなどなど、その魅力はたくさんあります。

ミレニアム・ブリッジ

テート・モダンは、セントポール大聖堂からミレニアム・ブリッジを渡った南岸にあります

セント・ポール大聖堂から、テムズ川に架かるミレニアム・ブリッジを渡ったところにあるにテート・モダンがあります。左に行くと(方角でいうと東)シェイクスピアのグローブ座、もっと行くとバラーマーケットなどのあるロンドン・ブリッジ。右に行くと(方角でいうと西)OXOタワー、もっと行くとナショナル・シアターなどがあり、このあたりのテムズ川南岸一帯に文化施設が集まっています。

テート・モダン

煙突の右に見えるのが新館

「スイッチ・ハウス(Switch House)」と呼ばれる新館は、古い火力発電所を使った本館にマッチしながらも、存在感のある斬新なフォルムです。内部も、エッジの効いたデザインが随所に見られる巨大なアート作品といった感じですが、スペースがゆったりとしているのと、床などにも木をふんだんに使っているせいもあって、意外と落ち着く心地よい空間です。

テート・モダン新館

テートモダンのマップ

わかりやすい案内図

Lifts

エレベーター(リフト)・ホール。お子様連れ、お年寄り、障害のある方優先です

展示

草間彌生

草間彌生さんの作品「The Passing Winter 2005」は大人気

カフェ

地上階のカフェ。このほかにも小さなバーなどもあり、休む場所を探すのには苦労しません

そして、この美術館のアトラクションのひとつとなっているのは最上階にある展望ギャラリー。テムズの南岸からロンドン市内が360℃見渡せます。

Shard

尖ったガラスのようなビルはシャード

ミュージアム・ショップには、テート・モダンのオリジナルグッズをはじめ、アーティストやデザイナーとのコラボ商品、デザインの素晴らしい絵本や子ども用たくさん。おみやげも見つかりそう。

テート・モダンのショップ

ミュージアム・ショップ

左)グレイソン・ペリーのテートモダンをモチーフにしたTシャツ
右上)スペルガとのコラボ 右下)絵本「ジル&ドラゴン」のマグカップ

 

テート・モダンに関する5つの豆知識
http://www.news-digest.co.uk/news/listing/events/15203-about-tate-modern-5-bits-of-knowledge.html

Tate Modern
Bankside, London SE1 9TG
月〜木 10:00~18:00
金〜土 10:00~22:00
日 10:00~18:00
(クリスマス・年末年始はオープン時間が変更になる場合があります)
http://www.tate.org.uk/visit/tate-modern


ゲンダイ・ゲストハウス 管理人プロフィール

職業:ゲストハウス住み込み管理人
出身:東京
在英歴:1994年から

イギリスには当初学生として渡英し、その後、ホテルやケータリングなどのサービス業で仕事をして今に至ります。気がつくと、もう在英20年以上となりました。
イギリスへの思い入れは中学生の頃に読んだ「嵐ヶ丘」「大いなる遺産」がきっかけでしたが、未だにイギリスには期待を裏切られておりません。

1820年に建てられた歴史ある建物で運営されているこのゲストハウスに住み込み、マルチ・カルチャーなロンドンで暮らし、日本からお越しになるお客様のお世話をさせていただく毎日の生活は、飽きることがありません。「管理人」という職を通して色々なお客様にお会いできるのは、まさにのこの仕事の醍醐味です。

イギリスへお越しになる前に、観光の事など何かご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

バックナンバー

キャッシュレスが進むイギリス

街から銀行がどんどん減少し、キャッシュレスがどんどん進んでいるイギリスの現状をお伝えします。

おすすめ中華レストラン「フェニックス・パレス」

当ゲストハウスからも近く、ベイカー・ストリートにある中華料理のお店「フェニックス・パレス」を紹介します。

イギリスのトイレ事情

日本の素晴らしいトイレの足元にも及びませんが、イギリスでも少しずつ改善してきたトイレ事情について紹介します。

ヨーロッパの格安航空会社、ライアンエアーやイージージェットを利用するときの注意事項

安さが売りのバジェット・エアライン(LCC)、イギリスで多く利用されているイージージェットとライアンエアーについて、注意点をまとめてみました。

リージェンツ・パークの野外劇場

ロンドンの夏の風物詩、リージェンツ・パークの野外劇場がオープンしています。今年は、例年になく暑い日が続き、お天気の心配があまりないので、野外で行われるイベントには最適の年ですね。

イギリスの病院

海外に来て一番避けたいのは体調を崩し、慣れない土地で病院へ行くことだと思いますが、イギリスでの医療システムを少し紹介します。