ウエストエンドの人気ミュージカル「ブック・オブ・モルモン The Book Of Mormon」

ロンドンば観劇やコンサートなどが好きな方にも魅力いっぱいの街です。

先日、久しぶりにミュージカルへ行ったのですが、これがかなり楽しめたのでご報告します。ブロードウェイのミュージカルがお好きな方ならすでにご存知とは思いますが、まだご覧になっていない方にはオススメです!

まずタイトルからして「え?これってどんなミュージカルなの?モルモンって宗教だし…」という第一印象かもしれません。「The Book Of Mormon」とはズバリ、「モルモン教の経典」という意味です。

The Book Of Mormon

人気の抱腹絶倒モルモン教ミュージカル「The Book Of Mormon」

モルモン教といえばアメリカ合衆国ユタ州のソルトレイクシティーを拠点とする、キリスト教の新興宗教的なものとして知られています。クリーンカットのヘアスタイル、白のワイシャツに黒ネクタイの「かちっと真面目」な彼らのイメージを、思いっきり笑いとばしてしまったこのプロダクションチームは、どうもあのアニメの「サウスパーク」の人たちのようです。

あらすじは、夢見る優等生のモルモン教主人公ケビンが宣教師として海外布教活動に2人一組で一緒になった相方はいつも脱線気味のアーノルド。凸凹コンビの布教活動の行き先は、夢と憧れとは程遠いアフリカのウガンダ。

自分の夢と理想を現地の人たちに訴え続けるがうまくいかないケビンとは裏腹に、いい加減なでっち上げの話でなぜか信者を増やす劣等生のアーノルド。ケビンは葛藤を続けながら、最後にはいい加減ではありながらも文化も習慣も異なる現地の人たちを別な形で柔軟に融合させるアーノルドのやり方に感心するようになります。最後はウガンダの人たちが改心し、布教活動のため人々の家を訪問し始めます。しかし、その手にある本はモルモン経典の原本ではなく、「アーノルド経典」になっている…!というようなお話になっています。

冒頭からいきなり笑わせて観客を引き寄せ、その後はテンポの良い歌とセリフで、時間を忘れさせるくらい笑わせ続けます。ショーの第1幕が「え?!もうインターバル?」とびっくりしてしまうほど早く感じます。

英語がちょっと不得意、あるいはカルチャー的なことにあまり詳しくないと思われる方は、ある程度あらすじを知ってからお出かけになれば大丈夫。いずれにせよ、歌とダンスだけでも十分にエンジョイできるとは思います。

抱腹絶倒!とにかく明るい、笑いで最初から最後までスピード感がすごい!そしてミュージカルとして歌も親しみやすく、覚えやすく、テンポのある歌詞とメロディーです。気づけば帰り道にずっと口ずさんでいました。

チケットがなかなか安くならない、手に入りにくい、などと言われているようですが、ご興味があれば一度ご覧になって見てください。

*Fワードや、人種やカルチャーのブラックジョーク、下ネタもかなり多いので万人受けするものではないですし、もちろん小さなお子様には不向きですので、ご注意ください!!

The Book Of Mormon
Prince of Wales Theatre
31 Coventry Street London W1D 6AS
最寄り駅:地下鉄ピカデリー・サーカス駅から徒歩3分
http://www.princeofwalestheatre.co.uk


バックナンバー

イギリスのお天気と服装

イギリスは、サマータイムもはじまり日は延びたものの、はっきりしないお天気が続いています。春爛漫の日本からイギリスへの旅行となると服装をどうしようかとお悩みになるのではないでしょうか?

リーズナブルでおいしい!おすすめステーキハウス「Steak & Co」

リーズナブルでおいしい!おすすめステーキ・ハウス「Steak & Co」を紹介します。

2018年 春の割引キャンペーン!全室10%オフ

3月10日〜4月20日まで全室10%OFF!春の割引キャンペーンのお知らせです。ぜひこの機会をご利用ください。

イギリス英語について

多少英語に自信のある日本人の方でも、イギリスに来ると英語が分かりにくいという方が結構いらっしゃいます。

おひとり様OK!教会にある「カフェ・イン・ザ・クリプト」

ひとりでも英語に自信がなくても、気軽に入れるセルフサービスのカフェ・レストランを紹介します。

あけましておめでとうございます。

Happy New Year 2018!
新年あけましておめでとうございます。

メリー・クリスマス from London

今年もゲンダイ・ゲストハウスをご利用いただき、ありがとうございました。どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。

光のフェスティバル「ルミエール・ロンドン Lumiere London」

ロンドンで2018年1月18日(木)〜21日(日)開催される光のフェスティバル「ルミエール・ロンドン」を紹介します。

おすすめイタリアン・レストラン「Da Paolo(ダ・パオロ)」

当ゲストハウスからもほど近いグッジ・ストリートにある、正統派イタリア料理のお店「Da Paolo(ダ・パオロ)」を紹介します。

イギリスのクリスマスの飲み物、マルドワイン

クリスマス・マーケットやパブなどでクリスマスの季節、必ずお目にかかる「マルドワイン(Mulled Wine)」と呼ばれるホットワインをご存じですか?