移転・リニューアルしたデザイン・ミュージアム

東ロンドンのテムズ川沿いにあったデザイン・ミュージアムが、2016年11月24日にロンドン西部のハイストリート・ケンジントンに移転し、リニューアル・オープンしました。英国のデザイン界を先導してきたサー・テレンス・コンランの多額の寄付により、より広い場所への移転が可能になったそうです。

1960年代の建築デザインの代表的な例として評価されていた旧コモンウェルス・インスティテュートの建物を、最先端の技術とミニマリズム建築で知られるジョン・ポーソンのデザインで改装。常設展は無料で楽しめるようになっています。

デザインミュージアム

ハイストリート・ケンジントンから歩いて約8分

デザイン・ミュージアム

エントランスは、ケンジントン・ハイ・ストリートの通りから少し奥まったところにあります

デザイン・ミュージアム

広々とした空間

デザイン・ミュージアム

さすがデザインに特化した博物館、展示方法もかっこいい

デザイン・ミュージアム

デザインの歴史

Issey Miyake

イッセイミヤケのデザイン

デザイン・ミュージアム

デザインのトレンドの変遷やデザインの地域差などに関する展示

シューズデザイン

靴の出来る課程

ロゴ

ロゴのデザインを展示したエリアにあるデコレーション

カメラ

いろいろなカメラ

デザイン・ミュージアムのショップ

デザイン本も充実

ソニーの商品やイッセイミヤケの服をはじめ、日本のデザインもたくさんあります。

職人の手作りプロダクトからハイテク商品まで、どの展示品もそのデザインが美しく見えるよう計算されたディスプレイで、さすがデザイン・ミュージアムだなと感心しきりでした。また触ったり、備え付けの端末で見たり、インタラクティブな展示もたくさんあり、子どもも大人も楽しめるミュージアムです。

大きなM&Sやホールフーズなどもあるショッピング・エリアでもあるので、お買い物のついでによるのもいいですね。

Design Museum
224-238 Kensington High Street, London W8 6NQ
10:00-18:00
最寄り駅:ハイストリート・ケンジントン(ディストリクト、サークル)
http://designmuseum.org

 

新デザイン・ミュージアムに関する5つの豆知識
http://www.news-digest.co.uk/news/london/spot/15790-about-new-design-museum-5-bits-of-knowledge.html

 


バックナンバー

おひとり様OK!教会にある「カフェ・イン・ザ・クリプト」

ひとりでも英語に自信がなくても、気軽に入れるセルフサービスのカフェ・レストランを紹介します。

あけましておめでとうございます。

Happy New Year 2018!
新年あけましておめでとうございます。

メリー・クリスマス from London

今年もゲンダイ・ゲストハウスをご利用いただき、ありがとうございました。どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。

光のフェスティバル「ルミエール・ロンドン Lumiere London」

ロンドンで2018年1月18日(木)〜21日(日)開催される光のフェスティバル「ルミエール・ロンドン」を紹介します。

おすすめイタリアン・レストラン「Da Paolo(ダ・パオロ)」

当ゲストハウスからもほど近いグッジ・ストリートにある、正統派イタリア料理のお店「Da Paolo(ダ・パオロ)」を紹介します。

イギリスのクリスマスの飲み物、マルドワイン

クリスマス・マーケットやパブなどでクリスマスの季節、必ずお目にかかる「マルドワイン(Mulled Wine)」と呼ばれるホットワインをご存じですか?

2019年に全線開通予定のエリザベス・ライン(クロスレール)

2009年から始まった、ロンドンに未来の扉を開ける新鉄道「エリザベス・ライン(クロスレール)」のプロジェクトを紹介します。

ロンドンのクリスマス・イルミネーション点灯式

これからの暗いロンドンの秋、冬を明るくしてくれるクリスマスのイルミネーションの点灯式が、毎年あるのをご存知でしょうか?

ロンドン大晦日の花火大会 London New Year’s Eve Fireworks

1年を締めくくる人気イベント、大晦日の花火大会のチケットが販売中です。年末ロンドンで参加予定の方は、お早めにチケットをご購入ください。

イギリスでの買い物とレシートについて

イギリスで物を購入した際に、レシートをもらうと必ず返品ポリシーについて記載があるのをご存知でしょうか?